千葉常胤像と千葉城

鎌倉・室町時代

千葉常胤と末裔たち~試合に負けて勝負に勝った鎌倉武士の行く末とは?

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
千葉常胤
をクリックお願いします。

 

その後の千葉氏は幼主が続いて困難まみれ

鎌倉幕府ができてからの常胤について特筆すべき点はないようで、建仁元年(1201年)になくなったときは、84歳での大往生ということだけがわかっています。

その後の千葉氏は難しい状況に追い込まれていきました。

常胤の息子の時代には、鎌倉幕府二代将軍・源頼家の誕生祝いをするなど密接な関係にありながら、その後、千葉氏には幼主が続き衰退していくのです。

源頼家(鎌倉幕府2代目将軍)は入浴中にあそこを切り落とされて暗殺だと!?

続きを見る

やがて常胤の弟・常秀の系統が主流になりましたが、北条氏に敗れ、千葉氏を含めた房総平氏(平忠常の子孫・清盛とは関係ない)の多くが没落していきます。

元寇の際は当主・頼胤が討ち死にしてしまい、嫡男・宗胤が九州に出向くというトラブルが起きました。

しかも「その間、国元の仕事はどーすんだ!?」→「弟さんの胤宗様にやってもらおう!」というイヤな流れになり、「新当主vs新当主の弟」という観応の擾乱みたいな対立が起きます。

外国に攻め込まれてるときに悠長なものです。まあ、当時の千葉からすれば、九州も外国みたいなものですけどね……。

元寇(文永の役・弘安の役)は実際どんな戦いだった? 神風は吹いたん?

続きを見る

 

そのまま南北朝時代に入ると、胤宗の系統が宗家となり、宗胤の系統は九州に残って血を繋いでいくことになります。

千葉に残った宗家のほうも、応仁の乱の12年前に起きた享徳の乱(足利将軍家vs足利関東公方家の争いに関東の諸大名が絡んで長引きまくった戦)で滅亡同然になりました。

筆頭家老・原家が強大化したものの、太田道灌らが千葉氏の嫡流である実胤・自胤を擁立して下総に侵攻。

傍流に当たる千葉輔胤らが一時は追い返しながら、輔胤も現在の千葉市に居続けることはできず、佐倉市・酒々井町あたりに移動しました。

 

散り散りになっても生き残った!

その後も、互いに千葉氏の正当な嫡流を名乗りあって内紛が続き、最終的に輔胤の子孫が千葉氏の嫡流扱いとなりました。

どんどん嫡流から離れていってる気がしますけど(´・ω・`)

戦国時代になると北からは佐竹氏と小弓公方(千葉を本拠にしていた足利家の分家)、南からは里見氏の脅威にさらされます。

千葉氏は後北条氏と姻戚関係になって領地を保ったものの、安定したわけではなく、当主が続けて暗殺されるなど、またしても混乱に陥りました。よくこんなに頻繁に乱れていて、家名が残ったものです。

そうこうしている間に秀吉の小田原征伐が始まり、後北条方だった千葉氏も所領を没収されました。

小田原征伐で秀吉相手に退かず! 北条家が強気でいた小田原城はどんだけ強い?

続きを見る

その後は一族散り散りとなり、東北から関東にかけてそれぞれ歴史の中に埋もれていったのですが……中には庄屋や豪農として、庶民よりは少し上の立場で落ち着いた者もいたとか。

「戦に勝つ」ことではなく、「何がどうなっても生き残る」ことを勝ちだとするのならば、千葉氏は勝者に分類されるでしょうね。

あわせて読みたい関連記事は以下へ

平忠常の乱は道長四天王にシメられ……しかし一族は東国で子孫繁栄!

続きを見る

保元の乱がわかる!平安時代版「関が原の戦い」と考えればよいのだ

続きを見る

頼朝に逆らい許された名将・葛西清重~奥州総奉行を任ぜられる

続きを見る

源頼朝53年の生涯まとめ! 出生から鎌倉幕府の設立 死因 その素顔に迫る

続きを見る

源頼家(鎌倉幕府2代目将軍)は入浴中にあそこを切り落とされて暗殺だと!?

続きを見る

元寇(文永の役・弘安の役)は実際どんな戦いだった? 神風は吹いたん?

続きを見る

TOPページへ

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
『決定版 図説・源平合戦人物伝 (日本語)』(→amazon
『源平合戦事典』(→amazon
千葉常胤/wikipedia
千葉氏/wikipedia

 



-鎌倉・室町時代
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.