承久の乱

後鳥羽上皇/wikipediaより引用

源平・鎌倉・室町

承久の乱で前代未聞の島流し! 歴史を揺るがした朝廷vs幕府バトルとは

承久三年(1221年)5月14日は承久の乱が勃発した日です。

後鳥羽上皇鎌倉幕府に対抗する兵を挙げ、約1ヶ月で鎮圧された事件ですね。

「皇室の軍が武家政権に負けた」という、かなり衝撃的な展開なんですが、不思議なことに世間的にはほとんどインパクトがない。

学校の授業だと「この年に承久の乱があって幕府が勝ちました」ぐらいのことしか説明されないと思います。

しかし、この事件は、学者さんによっては日本史上でもかなり大きな転換点と指摘されたりもします。

本日は、事件前の時点から、流れを追っていきましょう。

 

政治経済面だけでなく軍事もバッチリ

承久の乱――。
その名前に「乱」とついているせいで、何となく「後鳥羽上皇のご乱心でドンパチが始まったんだろうなぁ」という感じもします。

なんなら、幕府相手に勝てる見込みもないのに、

『上皇は何を考えていたんだ?』

という印象をお持ちの方もおられるでしょう。

しかし、それは結果だけを考慮した見方です。

後鳥羽上皇は歴代天皇の中でも相当な能力の持ち主でした。

荘園を集めることによって、主に畿内&西日本の政治経済を動かしていたばかりか、幕府と戦うための軍事力も有していたのです。

実は本人も武芸に通じ、武士団(北面の武士・西面の武士)を掌握。鎌倉幕府の御家人も味方に引き入れるなどして、その強化を着々と進めておりました。

後鳥羽上皇(後鳥羽天皇)は知られざる武闘派! 菊の御紋を使い幕府と戦うも

続きを見る

例えば大内惟義(おおうち これよし・六カ国の守護)や、藤原秀康(八カ国の国司)などはその最たる例でしょう。

大内惟義などは鎌倉幕府でも重要な存在であり、北条義時にとっても非常にアタマの痛い存在だったと言います。

とはいえ、この時点で義時が「上皇ぶっつぶす!」とかいうことはなく、当時の日本は、大雑把に言って「東国は鎌倉幕府、西国は朝廷のもの」という感じになっておりました。

 

実朝暗殺

初代将軍の源頼朝は、朝廷に対しもっと影響力を行使しよう――という矢先に亡くなってしまいました。

源頼朝
源頼朝 史実の人物像に迫る!出生から鎌倉幕府の設立 死因まで53年の生涯

続きを見る

そうこうしている間に、幕府内でも数多の権力闘争が勃発。御家人たちを巧みに掌握した北条氏が台頭します。

一つの国で複数の政治機関があり、しかもその序列が曖昧だとどうなるか……何となく想像がつきますよね?

後鳥羽上皇は、鎌倉幕府(という武士軍団)をあくまで朝廷の下に位置させるという考えです。

一方の北条氏たちは、ようやく勝ち取った独立性を保つことに超ガチ。

何かあるたびに遠く京都から好き勝手言ってくる朝廷貴族たちに対して、御家人たちもいい加減辟易しており、自分たちで生活することに重きを置いていたのです。

鎌倉時代の御家人
鎌倉時代の御家人は普通の武士と何が違う? 御恩と奉公・手続きにも注目

続きを見る

だからこそ頼朝を大将に抱いて、鎌倉幕府というものが成立したんですね。

そこで上皇が考えたのが……源実朝の抱え込みです。

実朝に、父・頼朝よりも高い官位を与え、将軍&幕府をまるごと朝廷の下に取り込もうと画策したのです。

しかし、程なくして大事件が起きます。

公暁に暗殺された源実朝・背景には北条義時の姿も囁かれ……/Wikipediaより引用

実朝の暗殺です。

甥にあたる公卿(源頼家の息子)に殺されてしまったのですね。

源頼家(鎌倉幕府2代将軍)は入浴中にあそこを切り落とされて暗殺だと!?

続きを見る

もちろんこれは環境要因の一つであって、後鳥羽上皇が挙兵する直接的な理由ではありません。

問題は実社会にもありました。

皇室や公家の直轄領(荘園)に幕府の役人(地頭)が来るようになった結果、本来の主である朝廷に税が届かないという事態が発生していたのです。

荘園運営は、上皇の政治基盤にも直結します。黙って見過ごしてはいられない状況となりつつありました。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-源平・鎌倉・室町
-,

© 2021 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)