南北朝時代

後醍醐天皇/wikipediaより引用

源平・鎌倉・室町

南北朝時代の始まりは鎌倉時代の両統迭立から~では終わりは?

こちらは3ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
南北朝時代
をクリックお願いします。

 

今度は新田や楠木の息子たちが大活躍

敵の混乱に乗じるのは兵法の基本。

北朝が観応の擾乱で揺れている隙を狙って、南朝方の軍が勢いづきます。

具体的には、楠木正成の息子・楠木正儀らが京都を、後醍醐天皇の皇子・宗良親王を報じる新田義貞の息子・義興と義宗が鎌倉を攻撃しました。

北朝方は京都・鎌倉を奪回したものの、南朝方が【光厳・光明・崇光の三上皇】と【三種の神器】を奪って吉野へ帰還。大打撃を北朝に与えます。

さらには、これを見た足利直義の養子・足利直冬まで南朝に寝返り、中国・九州で勢力を拡大。

解決しきらないまま、室町幕府では尊氏が病死して息子の足利義詮が将軍となる……というカオスっぷりです。

とにかくカオス!

足利義詮
室町幕府の2代将軍 足利義詮は地味だが意外に有能か?生涯38年まとめ

続きを見る

二代目・義詮は将軍の権威を高めつつ、南北朝の問題を解決するため、南朝方の掃討戦を計画・実行するしかありません。

と、これが決着のつかないうちに、またも幕府軍の中で内輪揉めが起き、再び京都を攻撃され……って、仲間割れ、いい加減にしぃや~(´・ω・`)

関東に目を向ければ、国人たちが関東執事・畠山国清の罷免を求めて蜂起。

これに対し、鎌倉公方(室町幕府の関東・東北統治機関のトップ)である足利基氏が要求に応じ、畠山国清を追放して、旧直義派の上杉憲顕を後任に命じます。

 

北の仲間割れで南もキッパリ戦をやめられず

京都では、以前から強引な面があった細川清氏が義詮に追放され、新たに斯波義将が幕府のナンバー2である執事の座に就きました。

室町幕府における「執事」とは、本来ナンバー2のことです。

が、これ以降は将軍の代理という感が強くなり、斯波義将自ら「管領」と名乗るようになります。

さすがに双方落ち着き始めたのが、貞治二年=正平十八(1362年)頃のこと。室町幕府と南朝の間で講和の動きが見え始めます。

南朝方の武将が何人か、室町幕府に帰順したことがきっかけでした。

なんでもっと早くできなかった!

後醍醐天皇薨去からここまでの動きを乱暴にまとめると

北朝:外の問題が片付いてないのに仲間割れして問題を量産する

南朝:北朝がgdgd過ぎて降伏する気にならないので戦をやめない(やめられない?)

みたいな感じです。ホントに。

なお、これに終止符を打つのが、室町幕府三代将軍・足利義満です。

 

義満は積極果敢に力を誇示!

義満は幼い頃、摂津に泊まった際

「ここの景色が気に入ったから持って帰りたい^^」

というダイナミックなわがままを言って、家臣たちをいろんな意味で驚かせたような人ですから、ナイーブな逸話の多い祖父・尊氏や、父・義詮とは根本的に性格が違います。

祖父や父が武家出身の母から生まれているのに対し、義満の母が聖職者の娘だったから――というのは関係ありますかね。

尊氏や義詮が「戦が起きてから対処する」という対症療法的な動きをしていたのに対し、義満は「自分の力を誇示してから戦をする」という方法をとりました。

義満は正平二十二年=貞治六年(1367年)、わずか9歳で将軍職を就任。

しばらくは周囲の重臣たちが実務を行っていました。

しかし、応安三年(1370年)からは延暦寺の取締権を与えられたり、朝廷の行事を再興させたり、北朝朝廷との結び付きを自ら強めていきます。

ほかにも寺院の建立や将軍御所の移転、将軍直属の常備軍・奉公衆の設置など、自分の周囲を固めました。

平たくいうと「世間的な地位を高めつつ、自分の身辺警護を固めて、ちょっとやそっとでは地位が揺れ動かないようにした」わけです。

上記の通り、これまでの室町幕府内部では「誰かが何かにムカついて実力行使に出ました」というケースが多発していました。

まずこれを防ぐために、いざとなったら叩き潰せる準備をしたのですね。

 

「いざとなったら俺が相手してやんよ!」

義満の示威行動もなかなかのもので。

東大寺・興福寺への参詣によって南朝に、富士山や厳島神社への視察によって東国・西国の武士にプレッシャーをかけています。

「いざとなったら俺がここまで来て相手してやんよ!」というわけです。

また、管領・斯波義将が禅宗寺院をえこひいきして、他の宗派や守護から反発を受けていたため、彼を罷免して細川頼之を後任にしています。

頼之は十年ほど幕政を主導しましたが、他の大大名との確執により、【康暦の政変】によって領地である四国へ身を引きました。

入れ替わりに義将が中央に返り咲いています。

しかし、この頃には義満自身が政治を主導するようになっていたので、以前ほど義将が反感を買うことはなかったようです。

頼之が二年ほどで赦免されて京へ戻ってくると、今度は義将が領国の越前へ引っ込んでいます。

つまり、義満がその時々の状況を見て、他の大名が暴発しないように管領に就く人間を入れ替えていたことになりますね。

どこまで意図していたのかは不明ですし、小狡いといえば小狡いですけれども、それできちんと幕府をまとめていったのだから、やっぱりヤリ手ですわなぁ。

義満が頼之や義将にブチ切れたという話もありませんしね。

当人同士の仲は良くないものの、双方ともに教養に溢れた人物でした。

 

【明徳の和約】で南北朝を合一させたが

義満はその後も手を緩めません。

明徳元年=元中七年(1390年)には、美濃・伊勢・尾張三ヵ国の守護である土岐氏を叩き、その翌年には山陰地方の大部分を領有していた山名氏の勢力を半減。

こうして名実ともに将軍の力を誇示することに成功し、いよいよ本丸である南朝との和平交渉に入ります。

【明徳の和約】で南北朝を合一させたのです。

足利義満
室町三代将軍にして日本国王の称号を持つ足利義満 51年の生涯まとめ

続きを見る

ただし、こちらは「室町幕府と南朝の間で和約が成った」というもので、北朝の面々は蚊帳の外。当然、北朝の帝だった後小松天皇らは強く反発します。

例えば、和約では「今後の皇位は両統迭立とする」とされていましたが、合一後、後小松天皇は旧南朝方ではなく、自らの皇子である称光天皇を後継者にしました。

これには旧南朝方が猛反発。

称光天皇が皇子のないまま崩御したこともあって、応仁の乱あたりまで旧南朝方(後南朝とも呼ぶ)はゴネています。

応仁の乱のドタバタでほっぽり出されて断絶し、その後は歴史の中に埋もれてしまいましたが……にしても長っ!

こうして、始まったときもモヤモヤでしたが、終わりもスッキリしないまま南北朝時代は終わったことになっています。

乱暴に表現すると「応仁の乱以降は戦国時代になったので、南北朝とか言ってるヒマない」みたいな感じですかね。

ともかく大変な時代。

きっちりご理解された受験生の皆様は、テストに出ることを祈るばかりですね。

あわせて読みたい関連記事

後醍醐天皇
後醍醐天皇の何がどう悪かった?そしてドタバタの南北朝動乱始まる

続きを見る

足利尊氏
足利尊氏は情緒不安定なカリスマ将軍~生誕から室町幕府までの生涯とは

続きを見る

新田義貞
新田義貞の功績とは? 尊氏や正成には負けない5つの推しエピソード

続きを見る

湊川の戦い
尊氏・義貞・正成の役者が揃った湊川の戦い!大逆転で北朝の時代へ

続きを見る

高師直
高師直は室町幕府設立の立役者なれど 最期は無残な殺され方だった?

続きを見る

足利義満
室町三代将軍にして日本国王の称号を持つ足利義満 51年の生涯まとめ

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典「両統迭立」「南北朝の内乱」

TOPページへ

 



-源平・鎌倉・室町
-

×