歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

西郷どん(せごどん)特集

女丈夫と呼ばれた幾島とは? 篤姫の世話係は西郷隆盛と協力して政治工作を行った!?

更新日:

2018年大河ドラマ『西郷どん』で、放送前に悪い意味で注目されたのがキャスティングでした。

主役の西郷隆盛(西郷吉之助)は堤真一さんと、あたかも内定が決まっていたような報道がありながら、土壇場になって鈴木亮平さんに決定。
幾島役の斉藤由貴さんは、ご自身の不倫騒動で南野陽子さんに変更されています。

むろん、いざドラマが始まってしまえば関係のない話ではありますが、この幾島という存在は、
篤姫の教育係】
かつ
【14代将軍を一橋慶喜に推す】
という特殊な役割を与えられた女性でもありまして。独特の存在感を放つ女優が望まれていたことでしょう。

薩摩出身でありながら京都の近衛家に仕えていたという幾島。
いったいどんな人物だったのか? 篤姫や西郷にとっていかなる存在だったのか?

史実の彼女を追ってみました。

 

薩摩生まれで京都で生活 篤姫のお付きにもってこい

時は安政3年(1856年)。
外国勢力が江戸幕府と外交を始め、騒然としていたころ、薩摩藩から篤姫が将軍・徳川家定に輿入れしました。

もともと彼女は島津忠剛(ただたけ)の娘で、後に当主・島津斉彬の養女になり、さらに右大臣・近衛忠煕の養女となって、はるばる江戸の将軍家に嫁いでおります。
少しでも篤姫の心が安まるよう、お付きの老女は薩摩出身者が望ましいとされ、そこで選ばれたのが老女藤田でした。

藤田は、もともと郁姫(島津斉彬島津久光の父にあたる島津斉興の養女)付きの老女でした。
さらに郁姫は近衛忠煕の正室ですから繋がりは浅くない。

近衛忠煕/wikipediaより引用

【関連記事】近衛忠煕

薩摩で生まれ、京都で主君に仕えていた藤田は、篤姫お付きの老女として、これ以上ないぐらいに相応しい人物だったかもしれません。

この時から藤田は名を改め、幾島と名乗るようになったのです。

 

スポンサーリンク

「なぜ、神君の敵である、薩摩如きから嫁を迎えるのだ」

御台所としてやっと輿入れした篤姫。
その瞬間からの不安は決して小さくありませんでした。

なにせ夫となる家定は、「なぜ、神君(家康)の敵である、薩摩如きから嫁を迎えるのだ」と文句タラタラ。
時間が経って仲むつまじくなったとはいえ、当初の篤姫は、手放しで歓迎されたというわけではありません。

おまけに、いざ家定本人と打ち解けることができたとしても、彼らの周囲には、家定の母・本寿院や御年寄・滝山がおり、ガッチリと脇は固められております。

こうした状況で頼りになるのは、勝海舟をして「堅固にして強毅」といわしめた篤姫自身の気性そのものと、薩摩から来た幾島の存在であったことでしょう。

歴史の教科書に載るような存在ではありませんが、ドラマを面白くするのには欠かせない、まさに個性的な脇役的存在でした。

 

西郷と橋本左内が知り合ったのは政治工作がキッカケ?

はじめこそ、よそよそしかった家定と篤姫は、やがて距離を縮めてゆきます。
その様子を見た周囲は、二人の間に世継ぎが生まれるのではないかと、期待し始めました。

篤姫周辺にとってはめでたい話ですが、これを面白く思わない者もいます。

越前福井藩主・松平慶永(春嶽)。
彼は将軍家の後嗣として一橋慶喜を推しておりました。

将軍家の後嗣問題には、何といっても大奥の後ろ盾が必要となってきます。
同じく一橋派である島津斉彬は、慶永を援助するため「お庭方」である西郷吉之助、のちの西郷隆盛を使うことにしました。

西郷と越前福井藩士・橋本左内が知遇を得るのは、この将軍家後嗣問題の流れからです。

両者の交流を「明日の日本の未来を作るため!」と思いたくなる気持ちはわかりますが、さすがに当時そこまで大きなビジョンはなく、あくまで政治工作の範囲内と見たほうが自然でしょう。

 

スポンサーリンク

慶喜を養子にするにも歳を取り過ぎ

ただし、この工作は不発に終わります。
最大の要因はやはり、家定がまだ「後嗣問題を考えることすらしたくなかった」点にあります。

仲むつまじい正室・篤姫との間に、まだ子が望める以上、後嗣問題など耳にするのも腹立たしいものです。
夫がそう思っているからには、西郷がいくら策を弄したところで篤姫も動けません。

そこで篤姫はまず、姑の本寿院に後嗣問題を相談してみます。

すると……。

「家定はまだ自分は若いと思っていますからね。慶喜を養子とするには年がゆきすぎています。あなたから夫にそのような話をしてはいけませんよ。夫婦の仲が悪くなりますから」

こう釘を刺されて、篤姫が家定にこの件を持ち出すことは難しくなりました。

 

周囲の期待ほど動けない篤姫 叱責する幾島

そもそも将軍の世継ぎが誕生するかもしれない――。

そう期待しているのは、家定だけではなく篤姫も同じです。
夫との間に子供がデキる期待がある以上、後嗣問題を持ち出す必要性を感じられない。彼女がそう思ったとて無理のないところです。

この間、篤姫の隣で工作を行っていたのが幾島です。

工作がうまくいかないのは、篤姫と家定だけのせいではありません。
大奥全体が慶喜とその父である徳川斉昭を嫌っていたのでした。

うまくいかない工作に苛立った幾島は、ついに近衛忠煕に「後嗣工作への動きが鈍い篤姫をきつく叱ってください」と書状を送っています。

大奥工作という目的もあって御台所に入ったのに、周囲の期待ほど動かない篤姫。
それを叱責する幾島。

そんな関係が見えて来ます。

徳川斉昭/wikipediaより引用

【関連記事】徳川斉昭

 

スポンサーリンク

度胸満点の女丈夫は、金の使い方も

さてこの幾島。大奥ではどのように見られていたのでしょうか。

前述の通り、なかなか動かない篤姫にしびれを切らすような人物です。
島津斉彬の命を受け、大奥工作を行うやる気まんまんで乗り込んできた女性でした。

彼女は工作のためならば金を湯水のようにバラ撒き、周囲からは
「女丈夫」
「心たくましく肝が太い女性」
という評判でした。

ただの篤姫お付きの女官ではなく、権勢を振るい賄賂をも辞さない、度胸満点の女性工作員といったところでしょうか。
ドラマ内では、西郷と協力して工作に翻弄する姿が見られるかもしれません。

しかし家定の死後(1858年)以降、彼女の消息は史料上見えにくくなります(薩長による倒幕が進むにつれて、篤姫と薩摩の関係は急速に悪化して参りますので、そうなったときの西郷隆盛との関係も非常に重要だと思うんですけれども)。

それでもバイタリティに溢れる女性です。
きっとたくましく動乱の時代を生き抜いたことでしょう。

文:小檜山青

天璋院篤姫(於一)の生涯をスッキリ解説! 薩摩の女に生まれ、公家に輿入れ、最後は徳川の女として




スポンサーリンク


【参考文献】
女たちの幕末京都 (中公新書)』辻ミチ子
国史大辞典

 



-西郷どん(せごどん)特集

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.