日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

週刊武春 武田・上杉家

武田信玄と上杉謙信の勝者はどちらだと思います?

更新日:

 

戦国ファンなら誰しも一度は考えるであろうこのテーマ。
『信玄と謙信、いったい勝者はどちらなのか?』
川中島で5度もぶつかりながら結局どちらの首もとったりとられたりしてないから、引き分けでいいんじゃない?
そう結論づけられると確かにそうかもしれないが、ここでは合戦以外での対決についても考慮してみたい。

 

まずは官位争いを見てみましょう

2人が争った北信濃。この土地は結局、武田信玄が制している。ゆえに信玄の勝ち!
武田家ファンならそう答えるだろう。

しかし、江戸時代まで家を存続させているのは上杉家ではないか。だから謙信様の勝ち!
義の武将に惚れ込んじゃった上杉ファンや直江兼続ファンはそう答えるだろう。

20130804letterph1-3

では、例えば官位などで見たらいかがだろうか。
戦国時代は、室町幕府や朝廷の権威が失墜し、ゆえに国が乱れたとされる。
しかし、いくら下克上の世の中といえども大義名分というのは依然として強い影響力を持っていた。ゆえに武士たちが様々な官名を手にしている。

その点、上杉謙信がゲットした関東管領はデカい。なにせ関東を支配する役職であり、しかも、この役職には「専用の輿に乗れて、さらには赤い傘を使える」という、我々から見ればどうでもよい特権が与えられていた。
どうでもよくない><;
そう嘆いたのは武田信玄である。
「燕雀いずくんぞ鴻鵠の志を知らんや」とでも言うのだろうか。我々にはサッパリ理解できない感覚だが、上杉謙信の赤い傘を許せなかった武田信玄は、嫉妬のあまり禁じ手を使い、仏教界あから「大僧正」という格を買ってしまうのである。
関東管領より格上なのだから、首尾よく入手したときには笑いが止まらなかっただろう。
しかし、この横暴なやり方が、よもやのところで泣きを見ることに・・・。

 

スポンサーリンク

もうコレ以上の位はないんですってば

江戸時代のことだ。
武田一門を名乗る幕府の重臣が朝廷にカネを払い、信玄の格を上げようとカネを用意した。朝廷から「位」を買おうとしたのだ。

そこで問題となったのが、先ほど触れた「大僧正」である。
大僧正とは、仏教界ではトップ。高貴な世界で上に行き過ぎたため、もう俗世間でのランクアップは無理となってしまったのだ。

takedashingenotoiawase

その影響だろうか。明治時代に入って武将たちに位が与えられたとき、武田信玄は従三位をいただくかたわら、上杉謙信は従二位を賜ったのである。
上杉家は貴族扱いになっていたのも大きな要因だっただろう。
家を存続させないことが、こんなカタチで負けにつながるとは、あの世で信玄が勝頼を怒鳴りつけている姿が目に浮かぶ。

 

スポンサーリンク

神社争いは謙信の圧倒的勝利

武田信玄ファンも泣きたいだろうが、もう一つ、謙信が後世に影響を与えた功績がある。
それは明治5年に建てられた上杉神社(山形県)と春日山神社(新潟県)である。いずれも謙信が祀られているところであり、上杉神社に関しては神社界では最高ランクである「別格官弊社」という地位まで入手してしまった。
生前の謙信も越後守護代(長尾家伝統の職)という地方の副知事クラスから一気に関東管領という関東連合総長という半グレのトップに上り詰めたわけだが、神様になってもたいした出世街道である。

20130807scandalph1-1

山形県米沢市の上杉神社には今も毘沙門天の旗がたなびいている/写真 dishhh

 

対して信玄。武田神社はあくまでローカルな位置づけだ。
んじゃ、今も謙信の方が人気あるの?と言ったらそうでもない気がする。
武田信玄に関わる大河ドラマや映画などは、上杉謙信よりも圧倒的に知名度が高い。てか、謙信がらみの作品ってあります・・・?

山本勘助、山県昌景、馬場信春、高坂弾正、真田幸隆など名だたる部下がいた信玄に対し、謙信の方はやはり地味だ。本人が軍神だったため、部下の伝説が残りにくかったのも影響しているのだろうか。

 

信玄と謙信、お互いをどう思っていた?

長い目で見ると、謙信の「勝ち」のようだが、お互いのことはどう評価していたのか。
これが意外に難しい。昔の人は「感想文」というのを残さないのだ。おーい、司馬遼太郎さん教えて!
というわけにもいかない。

少ない史料から「心情」を読み解いたのが、在野の戦国研究者として知られる鈴木真哉さんだ。鈴木さんは『戦国武将・人気のウラ事情』(PHP)でこの疑問について触れている。

1561年、謙信は大軍で北条氏康を囲んだが落城できず、引き揚げるときに逆に補給部隊を襲われてしまい、「(松隣夜話という史料に)じぶんが常々、甲斐の武田信玄におよばないと思うのは、こういうところだと言ったという」(122頁)

ふーむ。たしかに言ってそうだ。
ところが言いそうなことほど怪しいというのが歴史の常で、小田原攻めの年を間違えたり、呼び名の年代が違ったりと信憑性が低いのだそうだ。なんだ。

 

信玄だけじゃなく北条氏康のことも・・・

でも、ご安心を。

もう少し確かな史料としては、天正2年(1574)春、木戸伊豆守らに宛てた書状(「謙信公御書」)がある。謙信は、このとき関東に出兵し、利根川を舟で渡ろうとしたが、北条勢の攻撃を受けて失敗した。

家臣の佐藤筑前という者に、敵の攻撃を受けたらまずいのではないかと尋ねたところ、敵が攻撃してくる地形ではありませんと答えたので、決行したところ失敗したのである。

それで「佐藤ばかもの」と書中で罵っている。
そう言いながら、よくわからない地形では、武田信玄、北条氏康だって失敗しただろうから、自分の失敗も無理はないと弁明している。(123頁)

とまぁ、信玄のことはちゃんと評価していたのだ。

あれれ?氏康のことも。
そうそう、二人はプリキュアならぬ、東日本では北条氏康も同じくらい、重要かつ強い武将だったのですよね。
本当は、あまり名前の出てこない北条さんが一番かわいそう?

 

ムカつくけれども、日本無双之名大将だと思います><;

さて、一方の信玄といえば
死に際して息子の勝頼に「謙信は義の人だから頼りなさい」と言ったといわれているが、この有名な逸話もじつは確実ではないのだ。
結果的に、武田&上杉の同盟が成り立ったから、あとづけで創られた可能性も高い(ちと、さびしいが)。

信玄本人が謙信を評価した史料はないのだが、信頼性の高い史料として、1576年(天正4年)に、甲斐の僧侶が越後の僧侶にあてた書状(「歴代古案」10月15日付け)に、信玄は謙信のことを「日本無双之名大将」とたびたび言っている。
つまり「おたくの大将もすごいね。キャピ」との内容が記されているのだ。
「自分で文章を書くのは1通が限度で、2通は書けなかったのである」(鴨川達夫『武田信玄と勝頼』129頁)と、信玄は筆無精武将(うまいこと言っタッタ)だったので、史料には残らずとも、やっぱり、「あいつすげー」とは言っていたと考えてよさそうだ。

記・五十嵐利休

◆真田幸村はナゼ伝説が一人歩きするのだろう?
織田信長は皇位を狙っていた!の噂は本当か?
◆豊臣秀吉 伝説の墨俣一夜城が本当に伝説だった件について
◆本能寺の変を起こしたのは、老い先が短かったから!? 明智光秀
◆“給食”こそ最強の戦略!織田信長が合戦に強かった一番の理由とは?
◆したたかな水軍司令長官 キリシタン大名・小西行長

参考文献

スポンサーリンク

意外と数少ない謙信本





1位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


2位 わろてんか主人公
吉本せい波乱の一生


3位 西郷隆盛49年の生涯!


4位 史実の真田幸村とは?


5位 最上義光 名将の証明


6位 ホントは熱い!徳川家康


7位 意外と優しい!? 織田信長さん


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?


注目 わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか毎日の感想レビュー

-週刊武春, 武田・上杉家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.