歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

西郷どん(せごどん)特集 幕末・維新 その日、歴史が動いた

ホントはすごい西郷従道(西郷信吾) お兄ちゃんの西郷隆盛に隠れがちな有能っぷりとは?

更新日:

小西郷とも呼ばれた西郷従道

天保十四年(1843年)の5月4日、西郷従道(西郷信吾)が誕生しました。西郷隆盛の実弟で、”小西郷”と呼ばれることもあります。

お名前は辞書などでは「つぐみち」ですが、なんでも音読みの「じゅうどう」が正しいというお話もあるそうで、何となく薩摩の人らしさを感じますね。

 

西南戦争 兄にはついていかず

この人は幼い頃、島津斉彬篤姫の義理のお父さん)の茶坊主として仕えていました。茶坊主というのはその名の通り、主君が茶道の接待をするときなどのお世話をする役職です。頭を丸めなければいけなかったので”坊主”と呼ばれていましたが、竜庵と号したが、のちに還俗して信吾(慎吾)と名乗り、さらに隆興・従道と名前を変えています。このうちのシンゴが通称として使われたそうです。

しばらくはそういう大人しい仕事をしていたのですが、18歳で尊王攘夷運動に加わってからは、時代の流れと共に物騒な方面にも関わってくるようになります。
鳥羽・伏見の戦いでは銃弾が体を貫通するほどの傷を負ったといいますから、最前線にいたのでしょう。

そして戊辰戦争を生き抜いた従道は、山県有朋(後の総理大臣、田中正造をpgrした人)とともにヨーロッパで近代の軍事について学んだ後、帰国後は陸軍少将に任じられました。

が、程なくしてお兄さんの隆盛が明治政府から降りてしまいます。このとき多くの薩摩出身者が従いましたが、弟である従道は政府に残りました。とはいえこの時点で兄弟仲が悪かったとかそういうことではなく、西南戦争の時には政府の留守役として東京に残っています。
ヘタに前線へ出ると「あいつは敵の大将の兄弟だから裏切るかもしれない」なんて目で見られるかもしれませんし、やはり共に育った兄弟に銃口を向けるようなことはしたくなかったのでしょう。
責任を果たしつつ風当たりの強くない場所を選んだと見れば、一番穏便に済む道だったでしょうね。

西南戦争後は同じく薩摩出身の大久保利通が暗殺されてしまったこともあり、薩摩出身者のキーパーソンとみなされるようになっていきました。特にトラブルが起きたという話は伝わっていませんし、お兄さんを悪しざまに言って保身を図ったなんてこともしていないようですので、沈黙を保って真面目に仕事をし、信頼を得ていったと思われます。

西南戦争錦絵・熊本城の戦い/国立国会図書館蔵

 

スポンサーリンク

伊達家と同じ伯爵に 更には島津家とも並ぶ

明治十七年(1884年)に華族令(ヨーロッパを真似て作った爵位制度)が定められたときには、明治維新の功績などから、上から3番目の伯爵の地位とされました。(伊達家の殿様と同じランク)
多分何かマズいことがあればもっと低い位になっていたでしょうし、やはり身の振り方がうまかったのでしょうね。

さらにのちには日清戦争の功績で、第二位の侯爵となっています。侯爵というのは、薩摩藩主の島津忠義と同じですから、かつての殿様と並んでしまったわけです。

島津忠義/wikipediaより引用

 

明治政府で上司にしたい人物NO1?

その後は海軍大臣に任じられています。ここからが従道の真骨頂ともいえるところで、日清・日露戦争を勝ち抜いた数々の人物を見出しているのです。
これは従兄の大山巌とも共通しているのですが、基本的に「実務は一番よくわかってるヤツにやらせておけ。いざというときの責任は俺が取るばい」というスタンスだったので、部下になった人々からも慕われていたようです。
日頃小姑のごとく細かいことをあれこれ言ってくる上司より、こういう人についていきたいですよねえ。残念ながら、現実には前者のほうが圧倒的に多いですけども。

従道のこうした性格の恩恵を最も受けたのは、副官になっていた山本権兵衛でした。
山本が海軍の改革を推し進めた際、政府の内外から批判を受けたことがあるのですが、従道は「山本のやりたいようにやらせればよか。責任は取る」と言って味方になってくれたのです。
後日この改革のおかげで海軍の教育制度や補給体制、健康管理などが徹底されるようになったので、従道と山本の判断は大正解でした。
この山本がさらに東郷平八郎を司令官に任じているので、従道→山本→東郷まで信頼感のリレーとでもいうべき流れができています。アツイですね。

愛知県の明治村に移設された西郷従道の邸宅/wikipediaより引用

その後も要職を歴任したため、内閣総理大臣候補として名が上がったこともありましたが、従道本人は断り続けています。

ただの謙遜ではなく、「兄が逆賊なのに、俺が国のトップになっても民衆が納得せん」という理由からです。

既に西南戦争から20年近く経過していましたが、明治政府の中では出身地による派閥がありましたから、世論もそういう見方をしていたのでしょうね。

でも、従道が総理大臣になっていたら、海軍大臣時代のように「デキる奴のやりたいようにやらせる」という態度をとり続けたでしょうから、兄が逆賊だから云々という評よりも信任度のほうが高かったんじゃないかなあとも思います。

お兄さんのように華々しいイメージはないですけれど、他人を信頼して仕事を任せる度量を持っていた弟さんも充分立派な人ですよね。

長月 七紀・記

 

スポンサーリンク

西郷どんキャラ&史実の一言情報】

西郷隆盛……名犬の噂を聞くと自ら貰いに行く程の愛犬家
大久保利通……亡くなったとき借金だらけ(国に投じてた)
勝海舟……側室多数で呆れられる
阿部正弘……人の意見に耳傾ける良き人なれど、八方美人と妬まれ
坂本龍馬……最初の新婚旅行は龍馬じゃなかった
小松帯刀……薩摩藩の家老にして、私が最初の新婚旅行です
桐野利秋……最期の戦いでシルクハットを被るシャレっ気
島津斉彬……父に「猜疑心が強い」とまで嫌われて
島津久光……西郷に地ゴロ(田舎者)と言われるが実は優秀
島津斉興……膨らみ過ぎた借金を処理するため調所を起用
明治天皇……西郷をお気に入りだった
孝明天皇……徹底的に外国を嫌い、毒殺説も残る不審な崩御
調所広郷……500万両(5000億円)もの藩借金を強引にチャラ
由羅……美人で賢いというのがもっぱらの評価
岩山糸(西郷糸子)……西郷をイケメンだとガチで思ってた
愛加那(とぅま)……西郷2度目の流罪のとき、徳之島へ追って渡る
篤姫(於一)……葬儀の見送りに1万人も集まるほどの人気
篤姫と西郷隆盛……西郷に攻められ、むしろ不仲
幾島……将軍家輿入れで心細い篤姫の面倒を見る
村岡局……近衛家で篤姫の面倒を見る・勤王女傑と称される
ジョン万次郎……無人島5ヶ月→アメリカ10年→最も激動
赤山靭負(赤山靱負)……「ゆき」の字が「靭」と「靱」あってややこしい
桂久武……西南戦争、出陣当日に参戦を決める
井伊直弼……井伊直政以来の「井伊の赤鬼」と恐れられ
月照……西郷どん原作ではBLのお相手・入水で死亡
大村益次郎……上野戦争の殲滅作戦で西郷もドン引き
熊本城の戦い……西郷「ワシは清正公に負けた」と無念
生麦事件……同行のイギリス人女性は坊主アタマにされ
西南戦争……政府軍は通信施設を利用、一般兵が薩摩に勝つ驚き




スポンサーリンク


参考:国史大辞典 西郷従道/wikipedia

 



-西郷どん(せごどん)特集, 幕末・維新, その日、歴史が動いた
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.