歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

平城京大極殿

飛鳥・奈良・平安時代 日本史オモシロ参考書 その日、歴史が動いた

奈良の平城京って、どんな都だったの? なんと(710年)大きなで誰もが知ってはいるけれど

更新日:

平家にかぎらず、盛者必衰は歴史の運命(さだめ)
中には「滅びたわけではないのに、自然と寂れていった……」なんて寂しいケースもあります。

というか探してみれば多々あります。
本日はその一つ、誰もが一度は覚えるあの場所のお話で。

和銅三年(710年)3月10日は、平城京に都が遷った日です。

その前は藤原京で、平安京については過去記事をご参照していただくこととして、今回は奈良の平城京に注目したいと思います。

といっても、今日まで形が残っている部分も多い平安京に対し、平城京はまだ発掘調査中でアヤフヤなところもあるのですが……。

【関連記事】平安京

 

平安京と違い、東側に大きな外京が張り出している

平城京も中国の都をモデルとして作られたものなので、基本的には長方形かつ、碁盤の目状に町並みが広がっていました。
しかし、一部凸凹があり、正確な(?)長方形ではありません。

さらに、東側には「外京」と呼ばれる、大きく張り出したような部分があります。
もし平城京と平安京の図を出されて「どちらが平城京か答えよ」なんて問題がテストに出たとしたら、点数を稼ぐチャンスですね。多分出ないでしょうけれど。

平城京条坊図/photo by Wikiwikiyarou Wikipediaより引用

道の作りは平安京とほぼ同じで、平城宮(皇居&政庁)から南へまっすぐ伸びる朱雀大路、東西に都を横断する大路が北一条・南一条から十条までありました。
朱雀大路の両サイドにも大路が作られていましたが、平安京と違ってそれぞれに固有名詞はついていなかったようです。

不思議な事に、朱雀大路のすぐ外側両サイドが「一坊」、さらにその外側を「二坊」というように、左右で同じ名前がついています。「左京一坊」とか「右京二坊」と呼んで区別していたとか。

平安京/photo by 咲宮薫Wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

東大寺をはじめ薬師寺など有名寺院がずらり

平城京=奈良といえばやはりお寺ですが、中でも「南都七大寺」と呼ばれるものが有名です。

外京にはそのうち、藤原氏の氏寺・興福寺や、「奈良の大仏」で有名な東大寺、蘇我馬子が開基したお寺の後身・願光寺があります。

左京にはなぜか大安寺しかないのですが、右京には東大寺と対となる位置に西大寺、「薬師三尊像」で有名な薬師寺があり、なんとなくバランスが悪い感じがしますね。

また、失明しながらも来日した僧侶・鑑真の開基で知られている唐招提寺も右京にあります。

こういった大きなお寺は概ね宮殿を囲むような位置にあるので、そういった意図で建てられた可能性もありますね。

模型で復元された平城京/photo by Wikiwikiyarou Wikipediaより引用

これだけ多くの建築物を作ったり、道路を整えるには、それ相応の資材も必要でした。

その供給場所として選ばれたのが、現在の滋賀県大津市南部にある田上地区です。
近辺には良質なヒノキがたくさん植わっていて、川を使って新都造営予定地まで運べるということから、木材の調達に選ばれたのでした。

しかし、平城京造営のためにかなり思い切って伐採したらしく、木がなくなったことで田上山付近は洪水が頻発するようになってしまったのだとか……江戸時代あたりから植林を本格化させ、明治時代にはお雇い外国人のオランダ人技術者が携わったにもかかわらず、なんと現在に至るまでハゲ山状態のところがあるそうで。どんだけー。

今は今でゴルフ場のためにガンガン山を切り開いたりしているので、航空写真で見てもどの辺が平城京造営時にハゲてしまったのかがわかりにくいのですが、スケールのデカさだけはうかがえます。

 

平安京へ遷都した後、田んぼや畑にされてしまい

上記の通り、平城京はまだ発掘中です。

しかし、エジプトなどのように砂塵に埋もれてしまっただとか、ローマその他の古代都市のように埋め戻されたわけでもないのに、平城京を「発掘」しなくてはならない……というのはちょっと妙な気もしますね。

実は、平安京に遷都された後、平城京はほとんど田んぼや畑にされてしまっていたのです。
そりゃ遺構が土の下に埋まってしまうわけですよね。

そんなこんなで今も研究者の手によって発掘が進められているわけですが、復元されている建築物もいくつかあります。

儀式場だった「第一次大極殿」や、平安京にもあった「朱雀門」、外京の南半分側にあったとされる皇太子の宮殿(の庭)「東院庭園」などが再現されており、なかなかの迫力です。
他にも発掘現場そのままの状態を見ることができる「遺構展示館」などもあります。あちこちに点在しているので全部まわるのはなかなか骨が折れそうです。

どうせなら、古の都を復元するのと同時に、その礎となった山の回復も推し進めてもらいたいものですが……そううまくはいきませんかね。
学術調査だけでも相当なお金と時間がかかるものですから。

どこかの企業や資産家がポーンとお金を出して、発掘と観光客誘致をまとめてやってくれたらいいんですけどね。奈良は歴史がある町の割に交通の便で損をしていますし。

長月 七紀・記




スポンサーリンク


参考:平城京/wikipedia 平城京跡Quick Guide 国営平城京跡歴史公園/国土交通省

 




桂小五郎
またの名を木戸孝允


1位 甲斐源氏の重責とは?
武田信玄53年の生涯


2位 ついに登場!
坂本龍馬の生涯マトメ


3位 漫画『アンゴルモア』で
盛り上がる元寇のすべて!


4位 この人こそが幕末王!?
天才・吉田松陰


5位 意外と知らない
源義経の生涯ストーリー


6位 史上最強の出世人だが
最期は切ない豊臣秀吉


7位 ゴツイケメンな幕臣
山岡鉄舟の信念


8位 藤原道長
出世の見込みなかった62年の生涯


9位 大政奉還から戊辰戦争
までのドタバタを分かりやすく!


10位 軍師の枠を超えていた!?
黒田官兵衛、真の実力


注目 金栗四三いだてんモデル
日本人初の五輪選手は驚きの成績!?


注目 まんぷくモデル
安藤百福50歳から再出発!



-飛鳥・奈良・平安時代, 日本史オモシロ参考書, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.