歴史戦国ジャンルでアクセス日本一!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

西周/国立国会図書館蔵

幕末・維新 その日、歴史が動いた

西周(にし あまね)とは? 森鴎外と親戚で「芸術」「技術」「知識」という訳語も生み出した偉人

更新日:

どの分野でも「才能ある人」って憧れますよね。
しかし、才能があるからといって必ずしも活躍できるとは限りません。時代を先取りしすぎて奇人変人扱いされることもありますし、病気や事故などで世に出る前に命を落とした人も珍しくないでしょう。
本日はその中間あたりになりそうな、とある学者さんのお話です。

文政十二年(1829年)2月3日は、学者の西周(にし・あまね)が誕生した日です。

「字面は難しくないのに読みにくい名前」なんてランキングがあったとしたら、上位に入るであろうことは間違いない人名ではないでしょうか。ちなみに「せいしゅう」と読んでしまうと、中国の王朝名になってしまいますので、ひらがなで解答する際はご注意ください。
まあ、この人がテストに出るか……というと、ビミョーなところではありますが。でもとても優秀な方ですよ。

【TOP画像】西周/国立国会図書館蔵

 

森鴎外と親戚で、西の旧居の前には鴎外の生家が

西は、石見国津和野藩(現・島根県津和野町)の御典医の家に生まれました。つまり、藩主の家に代々仕えてきたお医者さんの家柄だということです。

いかにも頭が良さそうな感じがしますが、「家の蔵にこもって勉強していた」といわれていますので、並々ならぬ努力家でもあったようです。
ちなみに、その蔵は今も保存されているとか。ついでに言うと、川向かいには親戚にあたる森鴎外の生家があるそうです。へぇへぇへぇ。

島根県津和野町にある西周旧居

西は漢学を学んだ後、12歳のときには津和野藩の藩校・養老館で蘭学も学び始めたといいます。
その優秀さは幕府にも聞こえており、33歳で幕命によりオランダへ留学することとなりました。津田真道・榎本武揚なども一緒に行ったそうです。

ヨーロッパで、西洋の法律・哲学・経済学を学んだ西は、三年後に帰国。その知識と頭脳を活かすべく、慶喜の側近となりました……が、既に倒幕へ向かっていく世の中では、宝の持ち腐れになりかねない状況です。
徳川家のほうでもそれを惜しんだようで、王政復古の後、徳川家によって開設された沼津兵学校の校長となりました。

新政府も同じように考え、明治三年(1870年)、「西洋のこと色々知ってるんでしょ? うちで働いてほしいなー(チラッチラッ」と乞われると、西はこれに応じて出仕します。学者さんですから、戊辰戦争にはあまり関わっていなかったでしょうし、その辺が幸いしたのでしょうね。
兵部省(現在でいえば防衛省)・文部省・宮内省などで働いていますので、文字通り引っ張りだこという感じだったと思われます。

 

スポンサーリンク

明六社を結成して雑誌を発行 西洋哲学を世に伝える

洋学の知識を買われたことがキッカケとなった西の出仕。しかし彼は、日本人らしい感覚も忘れてはいませんでした。軍人勅諭や軍人訓戒などの起草にも携わっているのは、その現れでしょう。

また、かつての留学仲間などと共に「明六社」を結成し、雑誌を発行して西洋哲学の翻訳や紹介に努めています。
現在、日本語としてお馴染みの哲学・科学用語には、西が考えた訳語がたくさんあります。
「芸術」「技術」「知識」といったごく普通に使われている単語から、「演繹」「帰納」「命題」などの哲学専門用語まで。あまりに当たり前すぎる言葉で、その凄さがわからなくなりそうですが、夏目漱石と並んで明治以降の日本語に大きな影響を与えた人だといえるでしょう。

他に獨逸学協会学校(現在の獨協学園)の初代校長なども務めましたが、明治十七年(1873年)に右半身の麻痺を発症し、健康上の理由で公職を退いています。こんだけ働いてたら、そりゃあ体を壊しても不思議じゃないですよね。
それでいて即座に命に関わることがない病気……というのもパッと思いつきませんが、脳か神経系の病気でしょうか。

 

病床でも学問に打ち込み、西洋と東洋を体系づけようと……

その後、西は、しばらく東京にいたと思われますが、明治二十五年(1892年)になっても体調が良くならず、神奈川県大磯の別邸で療養生活に入りました。

自由に外出できないほどの状態にはなっておりながら、その間も学問に打ち込み、西洋の心理学と東洋の宗教(儒教や仏教)などをまとめて、新しい心理学を体系づけようとしていたそうです。

これ、「西洋に追いつけ追い越せ」の当時、どう思われていたんでしょうね。
本としてまとめていたものの、発刊する前に西の寿命が尽きてしまいましたので、他の人に話す機会もなかったかもしれませんが。

完成していれば、精神医学などの分野でも名を残したかもしれません。
享年68ですから、若すぎるという程ではないにしろ、その頭脳を思えば惜しまれる人です。

長月 七紀・記




スポンサーリンク


参考:西周_(啓蒙家)/wikipedia

 





動画配信サービス・主要7社
当サイトで試してみました


注目!西郷隆盛2番目の妻
愛加那(とぅま)とは?


1位 朝ドラまんぷくモデル
安藤百福50歳からチキンラーメンを開発!


2位 甲斐源氏の重責とは?
武田信玄53年の生涯


3位 漫画『アンゴルモア』で
盛り上がる元寇のすべて!


4位 意外と知らない
源義経の生涯ストーリー


5位 軍師の枠を超えていた!?
黒田官兵衛、真の実力


6位 ゴツイケメンな幕臣
山岡鉄舟の信念


7位 四国の覇王!
長宗我部元親の生涯とは


8位 史上最強の出世人だが
最期は切ない豊臣秀吉


9位 金栗四三いだてんモデル
日本人初の五輪選手は驚きの成績!?


10位 藤原道長
出世の見込みなかった62年の生涯


注目! 日米修好通商条約の真実
タフネゴシエーター岩瀬忠震


-幕末・維新, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.