呉三桂/wikipediaより引用

中国

女のために国を捨てた明の将軍・呉三桂~男は今も裏切り者と罵られ

投稿日:

愛する女性のためならば、全てを捨てる男――。

ロマンチックなようにも思えますが、それも状況次第。
妻子を捨てての行状ならば、物議を醸しかねません。

王冠を投げ捨てたため、大騒ぎになったエドワード8世のような王もいます。

今回見てみたいのは明の将軍・呉三桂
彼の場合、それは最悪のかたちで行われました。

彼が捨てたのは忠誠心、そして国そのものだったのです。

 

明末期、腐敗した王朝の中

明王朝。
14世紀から17世紀前半まで続いた王朝です。
日本ですと、足利義満の頃から徳川家光の時代まで続いたわけで、中国王朝の中でもまあまあの長さと言えましょう。

しかし、その政治腐敗は、甚だしいものがありました。

明王朝を弱らせた要素はいろいろあります。
日本も無関係とは言えません。

と言えば、真っ先にイメージされるのが倭寇でしょう。
倭寇の構成員は日本人以外も多かったというのが現在の見方ではあります。
しかし彼らの武器は日本製の殺傷力の高いものであり、日本とは無関係であったとは言えません。

豊臣秀吉の朝鮮出兵のため、援軍を出し損失を出したこと。
こうした「外患」もありました。

しかし、害悪の最たる連中は「宦官」でした。
彼らに堕落させられた皇帝は政治をかえりみずに遊び呆けたり、引きこもり状態になったり。政治どころではなかったのです。

中国史に必ず登場する「宦官」の恐ろしき実態!特に腐敗っぷりがヤバイのは明王朝

中 ...

続きを見る

明朝のラストエンペラーとなる崇禎帝は例外的に真面目な性格で、政治を立て直そうと張り切りますが、時既に遅し。
北方からは満州族が南下し北京をうかがい、さらには農民反乱軍(流賊)が蔓延るという、どうしようもない状態に陥っていました。

崇禎帝~中国・明王朝の皇帝が自滅しちゃったのは疑心暗鬼から?

「 ...

続きを見る

 

宴の席にいた美女に一目惚れ

時は1644年。
呉三桂は明朝でも期待されるエース級の将軍でした。

父・呉襄の代から立派な将軍で、その武勇をみこまれた息子。若くして提督となり、遼西にある寧遠州をあずかっていました。
彼ならばこの重要拠点を任せるに足る、と思われたのでしょう。

そんな呉三桂は、北京に呼び出されます。
李自成率いる農民反乱軍が北京に押し寄せるとの噂が立ったため、首都の防衛を任せようとしたのです。

そこで待ち受けていたのは、敵ではなく接待の日々でした。

自分たちだけでも反乱軍から守って貰いたい!
そう考えた人々が、こぞって呉三桂に取り入ろうとしたのです。

そのうち一人に、田弘遇という男がいました。
彼は崇禎帝の寵姫・田秀英の父にあたります。

呉三桂は、その豪勢な宴席で歌う一人の美妓に目をとめます。

陳円円――。
類い稀な美貌と美声が有名で、「秦淮八艳(南京の美妓ベスト8)」に選ばれるほどの女性でした。

陳円円/wikipediaより引用

彼女は幼くして妓女として売られた女性でした。
しかし、当時の妓女に必要とされる美貌、美声、歌唱力、知性、教養、身のこなし全てを身につけており、たちまち頂点にのぼりつめ、大枚はたいて田弘遇が身請けした際はちょっとしたニュースになったほど。
彼女は当時、二十歳前後でした。

還暦を過ぎた田弘遇よりも、まだ32才の若き将軍呉三桂の方がよかったのでしょう。
二人はたちまち恋に落ちます。

若い2人は、このまま時が止まればいいのに、なんて思いがちですが、この情勢悪化の折にゆっくりできるはずはありません。
任地に戻るよう、崇禎帝から命令を受けた呉三桂は、父のもとに陳円円を預けるほかありませんでした。

 

陳円円、敵の手に落ちる

事態は悪化しました。
北京には反乱軍が襲いかかり、明王朝は最期のときを迎えます。

1644年3月19日、ついに反乱軍が宮中まで乱入しようというその時。急を告げる鐘を崇禎帝は必死で鳴らします。
しかし駆けつけたのは、宦官の王承恩ただ一人でした。

もはやこれまで。
崇禎帝は「なぜ我が家に生まれたか!」と叫びながら、娘二人に斬りつけました。そのうち一人は腕の切断だけで生存します。
帝は自ら首をくくり、崩御。妃たちも後を追いました。

李自成とその部下たちは、意気揚々と都を闊歩します。
そしてそこで生まれたのは、リアル北斗の拳状態。
略奪に次ぐ略奪でした。

李自成配下でも凶暴な将である劉宗敏は、呉三桂の父・呉襄の家を襲いかかります。
そして……
「おっ、なんだジジイ、いい女を隠してるじゃねえかあ」
匿われていた陳円円を、略奪してしまったのです。

 

父親よりも陳円円が大事!

劉宗敏は呉襄に命じて、呉三桂宛に降伏を促す書状を書かせて送りました。

「父上が人質に! これは降伏もやむを得まい」
そう考えた呉三桂でしたが……。

「何ッ、円円が敵の手に落ちただと!?」
陳円円のことを知ると、激怒して掌を返します。

「円円を守れなかったなんて、もう父でも何でもない!」
なんと父と絶縁し、何が何でも李自成を倒すことにしたのです。

女のために父を見捨てる。儒教の規範が強い中国では、本当に異常なことでした。
相手もまさかそうなるとは思っていなかったでしょう。
こんなことなら、陳円円を人質にして降伏を促すべきだった、と悔やんだかもしれませんね。

焦った李自成軍は、呉襄を斬首にして晒し首に。
北京に入った李自成軍は、呉三桂の一族を探し出すと片っ端から惨殺してしまいました。

家族を犠牲にしてでも、陳円円を助けると誓った呉三桂。
しかし、ここで李自成軍と戦っても苦しいことになります。

「よし、満州族を援軍にしよう!」
ここで呉三桂、絶対にしてはならない禁断の一手を打ってしまいます。

北から明を倒すべく力を付けてうかがっていた満州族を、長城の内側に引き込んでしまったのです。

李自成軍にもはや勝ち目はなく、木っ端微塵に粉砕されてしまいました。
そもそもが烏合の衆。崩れれば脆いものです。

一方、敵を蹴散らした満州族の軍勢は意気揚々と北京に入場します。
そしてその先頭には、満州族の風習に従って頭を辮髪にした呉三桂の姿がありました。

かくして呉三桂は、愛する陳円円と再会することができました。
そのために高い代償を払ったことに、彼は気づいていたのでしょうか……。

「冠を衝く一怒は紅顔の為なり」

北京にいた明の家臣や将軍たちは、呉三桂や崇禎帝に呼び出されても逃げていた者のように、明に愛想が尽きていたのかもしれません。

しかし、そうではない人が、広大な明の領土にはいました。
全国各地で満州族の支配に反対する戦乱が勃発するのです。

明清交替での死者数は、一説によれば2500万人以上。
満州族が強制しようとした辮髪に対する反発は強烈で、
「頭を残す者は、髪を残さず。髪を残す者は、頭を残さず」
という言葉が残っているほどです

そんな動乱の最中、清に投降した官僚たちは「貳臣(二人の主君に仕えた家臣)」という不名誉な言葉で呼ばれることになりました。
仕官を潔しとせず隠棲、辮髪になるのを拒んで道士(道教の出家者、辮髪を免除されました)になった者は讃えられました。
国に殉じ命を落とした者は、崇められました。
鄭成功のように戦い続けた者は、英雄と呼ばれます。

よりにもよって満州族の道案内をして、明朝の末裔を追い詰めて殺した呉三桂は、きわめつけの卑怯者とされるようになります。

そんな呉三桂の悪名を高める役割を果たしたのが、呉偉業の詩『円円曲』の冒頭。

鼎湖當日棄人間
破敵收京下玉關
慟哭六軍俱縞素
衝冠一怒為紅顏。

鼎湖 当日 人間を棄つ
敵を破り 京を収めんとして 玉関を下る
慟哭 六軍 俱に縞素
冠を衝いて一怒するは紅顏の為なり。

【意訳】崇禎帝が崩御されたという知らせを聞き、
呉三桂は李自成軍を撃破し北京を奪還すべく、山海関を下った。
全軍の将兵は皇帝陛下の死を悼んで泣き叫び、喪服を身につけたが、
呉三桂が怒髪天を衝くほど怒ったのは、美女・陳円円のためだった。

文才に富んだ呉偉業の詩はキャッチーで、評判を呼びました。
そして……。
※続きは次ページへ

次のページへ >



-中国

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.