歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

イギリス フランス ゴールデンカムイ特集

世界初のスナイパー部隊 英国陸軍「グリーンジャケット」 ナポレオンを窮地に追い込む

更新日:

2013年の大河ドラマ『八重の桜』では、スペンサーライフルで敵兵を撃つヒロイン八重が大活躍。

遠距離から敵兵を狙撃する威力は凄まじく、例えばフィンランドには「白い死神」と称されたシモ・ヘイヘ(1905-2002年)というスナイパーがおり、500人以上のソ連兵を殺害しました。

では、こうした狙撃に特化した部隊はいつから存在していたか?

世界で初めて編成したのは18世紀後半のイギリス陸軍で、彼らは「グリーンジャケット」と呼ばれました。

イギリスといえば、発想が柔軟を通り越して斜め上、時にトンデモ兵器を作ることがあります。
が、その積極的な姿勢はときに恐ろしい戦術も編み出すもので……。

イギリスの開発した「トンデモ兵器」がトンデモ過ぎて大砲噴いた

 

ナポレオン「装填に時間がかかるライフルなんぞいらん」

戦場に火器が登場してから長い間、特定の相手を狙う「狙撃」はあまり行われませんでした。

理由は簡単です。
命中精度が低く、当たらないからです。

かつて戦場で用いられたマスケット銃は、銃身内部に螺旋状の溝(ライフリングと言う)がなく、敵を狙おうにも放たれた弾丸が前後左右へブレてしまい、とても狙撃などに向いておりません。
したがってその戦術は、密集してともかく撃ちまくる――これしかなく、命中精度は二の次でした。

そしてライフリングが施されるようになった銃も、例えばナポレオンは自身の軍に採用しませんでした。
「装填に時間がかかる。こんなものは使えない」

一方、イギリス陸軍でも、滑腔砲のマスケットを装備していました。※以下のYoutube動画は当時のイギリス陸軍マスケット装備兵を再現

 

しかし、イギリス陸軍は「ライフルを不要」とは考えませんでした。

理由はアメリカ独立戦争です。
敵の奇襲に苦しめられたイギリス陸軍は、その経験から特定の将兵を狙う狙撃戦術の有効性に気づいていたのです。

 

スポンサーリンク

緑の服を着た「選ばれし男たち」

「命中率の高い狙撃兵だけの部隊があれば、戦況は変わるだろう……」
そう考えたのは、ジョン・ムーア将軍でした。

ジョン・ムーア将軍/wikipediaより引用

将軍の考えを受けたイギリスでは、ベーカーライフル銃を装備した第95ライフル連隊を結成。
このスナイパーたちの一団は、濃緑色の軍服に黒いベルトを着用し、「グリーンジャケット」(緑の軍服)と呼ばれます。

当時の英国陸軍兵は、原則、赤い軍服に白いベルトを着用し「レッドコート」と呼ばれておりましたので、緑の軍服を着た者たちが
「第95連隊に入ったきみたちは、選ばれし者(Chosen men)だ」
と鼓舞され、いかに誇りをくすぐられたか、想像もできようというものです。

彼らは、素早く、正確に狙撃する技術を叩き込まれました。

当時のイギリス陸軍は募兵制で、わざわざ兵士になるような者はチンピラ、犯罪者まがいの者が多く、士気という点でもフランスに劣る。
そうした兵士に誇りを持たせたのも、ムーアの大きな功績でした。

彼らはやがて、通常の兵士たちと変わらない速度で装填と射撃を行い、かつ正確に撃ち抜くという技能を身につけたのです。

以下の動画がその再現映像です(現代の軍隊と比べればあまりに牧歌的な様子ではありますが……)。

 

半島戦争で活躍する「グリーンジャケット」

1809年、イベリア半島に戦禍が及びました。
半島戦争の始まりです。

この戦いに参戦したイギリス軍は、ついに宿敵フランスと陸上で戦うことになりました。

第95連隊他兵士を率いたムーアもフランス軍と対峙。
フランスのニコラ=ジャン・ド・デュ・スールト元帥率いる軍に追われ、圧倒的な不利の中で撤退します。
中でも機動力を生かしたユサール(軽騎兵)の威力は圧倒的で、多くのイギリス兵が餌食となりました。

撤退戦を見事に指揮したムーアですが、敵の砲弾が命中、戦傷死してしまいます。

撤退戦で討たれるジョン・ムーア将軍/wikipediaより引用

一方、総大将を討ち取り、勝利したフランス軍も、素直に喜べない不気味な兆候がいくつかありました。

ありえない距離から、コルベール将軍が狙撃されて斃れたのです。
まぐれ当たりではない証拠に、二発目の銃弾は横にいた将軍副官に命中しました。

トーマス・プランケットという、第95連隊所属の狙撃兵が放った銃弾でした。
プランケットの射程は、マスケット銃の80メートルはもちろん、ライフル銃の200-300メートルという射程をさらに越えるものだったのです。

コルベール将軍/wikipediaより引用

コルーニャ撤退戦のあとも、第95連隊は半島戦争を転戦。
名将ウェリントン公爵アーサー・ウェルズリーの快進撃にも大きく貢献します。

彼らの、突如、予想もしない方向から飛んでくる銃弾は、フランス軍にとって恐怖そのものでした。
正確な狙撃は将官をなぎ倒し、指揮能力を奪ってゆきます。

1815年、ナポレオンにとどめをさしたワーテルローの戦いまで、グリーンジャケットの狙撃手たちは活躍します。

「訓練された狙撃兵というのは大変手強いものである」
そう世界に知らしめたのは、彼らの功績あってのものでした。

 

スポンサーリンク

日本だと真田幸村レベル?大人気の第95ライフル連隊

第95ライフル連隊は、イギリス人にとってあこがれの対象であり、高い人気を誇ります。当時の装備で再現を行う人もいるほど(95th-rifles)。

人気となる要素はたくさんあります。
通常の歩兵とは異なる緑色の軍服。日本人にとっての「赤備え」のようなプレミア感があるうえに、デザインがシブいんですね。

更には、戦場での活躍ぶりがすごい。
ナポレオンを破った半島戦争やワーテルローでの勝利はイギリス人にとって誇らしいものですが、その中でも切り札として活躍したのがグリーンジャケットでした。

そして、何といってもフィクションでの人気作品が多い。
20世紀初頭、作家セシル・スコット・フォレスターは、狙撃手ドッドが主人公の『フランス人に死を』を発表しました。

さらに90年代になると、人気歴史作家バーナード・コーンウェルの狙撃手シャープを主人公とした『炎の英雄シャープ』シリーズが大人気を博します。

貧しい家の出である主人公が、ウェリントン公を救出したことをきっかけに出世し、イベリア半島からワーテルローまで転戦してゆく物語。
シャープシリーズはテレビドラマ化もされ、有名俳優ショーン・ビーンが主役をつとめました。

イギリスでは彼の出世作。ドラマ放映当時、ショーン・ビーンは「全イギリス人の恋人」のような扱いだったとか。

 

英国内でのモテ要素を色々と見ていると、日本人にとっての真田幸村レベルの鉄板コンテンツかもしれません。

第95連隊は、ナポレオン戦争もののゲームでも、人気ユニットとして登場します。
『炎の英雄シャープ』は日本語化、配信もされています。

興味のある方は是非ご覧ください。
ショーン・ビーンといえば作中でよく死ぬことで知られた俳優ですが、このシリーズでは死にませんよ!

文:小檜山青

【関連記事】

“白い死神”と呼ばれた凄腕スナイパー「シモ・ヘイヘ」 まさにリアルなゴルゴ13です




スポンサーリンク


【参考】
warlordgames.com Rifle_Brigade_(The_Prince_Consort%27s_Own)/wikipedia History_of_British_light_infantry/wikipedia

 



-イギリス, フランス, ゴールデンカムイ特集

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.