モンテスパン侯爵/wikipediaより引用

フランス

不倫OKな国で起きた珍事! モンテスパン侯の「ルイ14世に妻を寝取られて」

こちらは4ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
モンテスパン侯爵とフランスの不倫歴史
をクリックお願いします。

 

寵姫の夫と栄光と没落と

フランソワーズの、夫に対する怒りは収まりませんでした。

彼女は夫に対して別居訴訟を起こします。

当時、離婚は大変ハードルが高いものでして、別居訴訟が実質的な離婚訴訟のようなもの。フランソワーズは容赦なく夫から持参金や家財道具をむしり取りました。

結果、モンテスパン侯は借金まみれになってしまいます。

夫が借金まみれになる一方、フランソワーズは栄光への階段を駆け上がっていました。

彼女が本気になれば、心優しく王の愛だけが頼りのルイーズ・ド・ラヴァリエールでは太刀打ちできません。

度重なるイジメのような仕打ちに心を痛め、修道院に送られてしまいました。

ここからはフランソワーズにとって、栄光の日々。

華麗な美貌は王の寵愛と宝石やドレスで輝いていました。それはもう満足の日だったでしょう。

しかし、寵姫は年齢と戦わねばなりません。

加齢と度重なる出産で、彼女の美貌もやがて翳りが見え始めます。

自分よりずっと若いライバルを、黒魔術にまで頼って蹴落としきたフランソワーズ。

それにも限界がありました。

ルイ14世が新たな愛人に選んだのは、聡明で控えめなマントノン侯爵夫人です。

若さに弾けるような女性ではなく、むしろ地味系のノーマーク女に栄光を奪われてしまうのでした。

そしてついにフランソワーズは、あろうことか夫に助けを求めます。

当然ながら、モンテスパン侯は家に戻りたいという妻の頼みを断ります。

結局、フランソワーズは、かつて自分が追いやったルイーズと同じく、修道院で神に仕える日々を送ることになるのでした。

 

皮肉な状況を面白きに変えて

モンテスパン侯は、その後宮廷への出入り禁止が解かれました。

彼は宮中で、「彼の娘」とカードゲームを楽しむことすらありました。

彼女らは、名目上彼の娘ということでしたが、実際にはフランワーズと王との間にできた子たちでした。

この皮肉な状況も、角が取れて丸くなったモンテスパン侯にとっては、面白いことでした。

かつては妻への愛が暴走し、奇矯な振る舞いをとっていたモンテスパン侯。

晩年の彼は面倒見が良い老貴族として知られていました。

そんな彼は1701年、穏やかな最期を迎えます。

妻に先立つこと6年、61年の生涯。

全力で寝取られ男をアピールして歴史に名を残すという、フランス史においても中々ユニークな一生を送った人でした。

あわせて読みたい関連記事

ジョゼフィーヌとは? ナポレオンが惚れて愛して別れてやっぱり愛した女

続きを見る

ポーリーヌ
ポーリーヌの美貌と奔放~ナポレオン皇帝の妹がこんなにエロいはずが!

続きを見る

尊厳王フィリップ2世
尊厳王フィリップ2世がフランス史上最強か ドロ沼の英仏関係ぶっ壊す

続きを見る

マリー・アントワネット
マリー・アントワネットの「パンがなければ発言」はウソ!処刑の理由は曖昧だ

続きを見る

ディアーヌ・ド・ポワチエ
中世フランスの美魔女ディアーヌ・ド・ポワチエ~19歳若い王を魅了する

続きを見る

アンリ=クレマン・サンソン
処刑人失格―あのサンソンの孫アンリ=クレマン・サンソン罷免される

続きを見る

大量殺人貴族ジル・ド・レの所業 ジャンヌの戦友は伝説級の鬼畜だった

続きを見る

テンプル騎士団のムゴい最期~カネと権力欲するフィリップ四世が潰して自滅

続きを見る

ジャンヌ・ダルク
ジャンヌ・ダルクはなぜ処刑された?オルレアン包囲戦から最期の時まで

続きを見る

マリー・ド・ブルゴーニュとマクシミリアン
ハプスブルク家の躍進 美しき姫マリーと白馬の王子マクシミリアンの愛

続きを見る

文・小檜山青

【参考文献】
『フランス反骨変人列伝 (集英社新書)』(→amazon

TOPページへ

 



-フランス