日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

まんが戦国ブギウギ

太閤検地が始まれど秀吉天下は安泰ならず…… 立ち上がるなり、信雄なり!【戦国boogie-woogie vol.86】

更新日:

1582年に本能寺の変が起きてから、山崎の戦いで明智光秀を破り、清須会議では三法師(後に織田秀信)を神輿に担ぎ、その直後に柴田勝家と天下分け目の戦い(賤ヶ岳の戦い)――。
こうした織田家中の権力争いに、ことごとく勝利を収めてきた豊臣秀吉
いよいよ天下は彼のモノとなるのか?
地盤固めに走る秀吉の前に立ちはだかったのは、信長の血を引く、あのうつけ武将だった???

【毎週土曜日連載】 過去の連載全話を最初から読む

天正の石直し! またの名を太閤検地と呼ぶ

20151017アニィたかはしさん4コマ漫画1
◆石田三成を評して「ソロバンに強い」ということがよく囁かれますよね。
でも、これってどういう意味なんすかね。彼が文官タイプだったから数字に強いとは言えないはずで、実際に検地とか、兵站とかで実績を挙げてたんでしょうなぁ。
ただ、武官タイプだからソロバンに弱いとは言えず、日本最古のリアルそろばんは前田利家さんのものだったりしますよね。そう考えると、秀吉の周囲には数字に強い武将が集まってるイメージがありますなぁ。てか、思考が似ていったんでしょうね。

 

スポンサーリンク

とにかく高い石垣が好きだから高虎?

20151017アニィたかはしさん4コマ漫画2
◆秀吉といえば大坂城。配下の加藤清正といえば熊本城。安土城は……丹羽長秀さんが担当でしたね。
まこと豊臣ゆかりの武将には築城名人が多いですが、とにかく石垣にかけては藤堂高虎さんの右に出る者はいないでしょう。
彼の手がけた伊賀上野城は、石垣の高さがなんと30メートル!
もう見上げた瞬間、攻める気が失せたでしょうなぁ。

 

スポンサーリンク

信雄の沽券にかかわるなり! 織田家を敬うなり!

20151017アニィたかはしさん4コマ漫画3
◆香木を遺体に見立て、信長の葬儀を執り行った秀吉。
その一周忌の1583年には京都に総見院という寺を建てて、あらためて法要を行い、自身の権力・ポジションを誇示しました。
これに腹を立てたのが、信長のバカ息子として知られた織田信雄さん(伊賀攻めで大失敗してる方ですね)。
秀吉に、権力が集約されていく様子が我慢ならなかったんでしょうねぇ。
とはいえ、信雄一人では秀吉に太刀打ち出来るわけもなく、彼が向かった先が……。

 

サルが黒くなれば、またタヌキも黒くなるなり

20151017アニィたかはしさん4コマ漫画4
◆織田信雄さんが徳川に駆け込み、秀吉に対抗――となれば、もうアレしかありませんね。
小牧・長久手の戦い。
秀吉と家康が正面切って戦った唯一無二の合戦はいかにして描かれるのか。
信雄よ! 勝つなりね!

 

(来週へ続く)

漫画・アニィたかはし
【毎週土曜日連載】 ほかの連載全話を最初から読む

 

スポンサーリンク

戦国ブギウギの新刊です!




1位 意外と優しい!? 織田信長さん


2位 伊達政宗さんは史実も最高!


3位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


4位 毛利元就の中国制覇物語


5位 ホントは熱い!徳川家康



6位 最上義光 名将の証明


7位 最期は切ない豊臣秀吉


8位 史実の井伊直虎とは?



9位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?



10位 小野政次 34日間の天下



武将ジャパン・TOPページへ戻る



-まんが戦国ブギウギ

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.