日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

やっぱり天才!? 織田信長の生涯とは

まんが戦国ブギウギ 豊臣家

加藤清正「亀甲車でマジンガー!」小西行長「もうええやろ」 【戦国boogie-woogie125】

更新日:

 

豊臣秀吉はナゼ朝鮮へ出兵したのか。
「唐入り」と呼ばれるようにこの戦いは本来、唐=明(中国)の征服を目論んだものであり、朝鮮をその案内役とさせようとしたところで、合戦へと発展。
ではなぜ、そもそも明を征服しようとしたのか?
そこで影響したとされるのがポルトガルなどの東アジア進出である。ヨーロッパの勢いに伴い、従来、同地域を支配していた明の支配力が弱まり、日本も割って入ろうと秀吉は考えた。
かくして勃発した文禄の役。
日本は総勢16万もの兵力を投じたのであった――。

【毎週・月曜日連載】 過去の連載全話を最初から読む

広大な土地を前に心が折れそうっス

戦国ブギウギ20160809-2
◆前回からのおさらいとなりますが、秀吉軍は第一陣に小西行長・宗義智、第二陣に加藤清正・鍋島直茂、第三陣に黒田長政を擁して派兵を行いました。
それが4月上旬のこと。翌5月になって瞬く間に漢城(ソウル)を落とすと、さらに全域へと全軍を進めます。
宇喜多秀家、福島正則、小早川隆景、毛利輝元、黒田長政、小西行長、加藤清正……と、そうそうたるメンバーが各自戦功を競い合ったのです。

 

スポンサーリンク

白菜の漬物に唐辛子を入れてみる?

戦国ブギウギ20160809-1
◆文禄の役で持ち込まれたとされる唐辛子。
それが元々地元にあった白菜漬けに利用されてキムチへ発展した――という説が知られておりますね。
むろん唐辛子は日本でも自生していたわけではなく、ポルトガル経由で持ち込まれたものであり、ドコが起源とかそういう話は……あー、白菜をムシャムシャムシャ( ・ิω・ิ)

 

対馬権益を守るため、穏便に済ませるため

戦国ブギウギ20160809-3
◆文禄の役が始まる前に、朝鮮との交渉を請け負ったのが、対馬の宗氏(宗義智・よしとし)。
秀吉からの強硬的な要求を改変し、穏便にコトを進めようとして失敗、結局、合戦へと発展してしまいました。
これには小西行長も協力しており、互いの努力は水泡に帰するのですが、行長の娘・マリアを妻とし、両者の関係は深まるのでありました。
秀吉からの圧迫と朝鮮への出兵で、両者の苦悩はハンパじゃなかったでしょうね……。
※宗義智は関ヶ原でも行長と同じく西軍に属しますが、朝鮮との交渉役としての立場もあり、所領は安堵されます。何か一つ特技があると強いすね

 

火器がすごい? ならばマジンガー亀甲車を投入じゃ!

戦国ブギウギ20160809-4
◆亀甲車(きっこうしゃ)とは何ぞや?
もしかしたら初めて見る方もおられるかもしれません。
国史大辞典によりますと「簡単な木製の四つ車の上に生牛の皮を覆って作り、その覆のなかに軍士が入る構造」とあります。
後に、日本で活躍したという話を聞かないことから、さほどの効果はなかったんでしょうね……。
なお、このとき清正が合戦を強硬したため、明との講和を進めていた小西行長・石田三成との仲違いが決定的となり、後の両者の関係に大きく影響したとされます。
秀吉が自ら朝鮮入りして、陣頭指揮をとっていればこんな事態にならなかったんでは?
とは思うのですが、このとき家康に止められ、現実にはそうなりませんでした。豊臣の内紛を引き起こすところまで見越していたとしたら、家康ってやっぱりタヌキかもしれませんね。

 

(来週へ続く)

漫画・アニィたかはし
【毎週・月曜日連載】 ほかの連載全話を最初から読む

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

戦国ブギウギの書籍版です!

最新研究に基づく織田信長の生涯まとめ!【入門編】


井伊直虎の生涯46年をスッキリ解説!


武将ジャパン・TOPページへ戻る



スポンサーリンク

-まんが戦国ブギウギ, 豊臣家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.