加藤清正「亀甲車でマジンガー!」小西行長「もうええやろ」 【戦国boogie-woogie125】

 

豊臣秀吉はナゼ朝鮮へ出兵したのか。
「唐入り」と呼ばれるようにこの戦いは本来、唐=明(中国)の征服を目論んだものであり、朝鮮をその案内役とさせようとしたところで、合戦へと発展。
ではなぜ、そもそも明を征服しようとしたのか?
そこで影響したとされるのがポルトガルなどの東アジア進出である。ヨーロッパの勢いに伴い、従来、同地域を支配していた明の支配力が弱まり、日本も割って入ろうと秀吉は考えた。
かくして勃発した文禄の役。
日本は総勢16万もの兵力を投じたのであった――。

【毎週・月曜日連載】 過去の連載全話を最初から読む

広大な土地を前に心が折れそうっス

戦国ブギウギ20160809-2
◆前回からのおさらいとなりますが、秀吉軍は第一陣に小西行長・宗義智、第二陣に加藤清正・鍋島直茂、第三陣に黒田長政を擁して派兵を行いました。
それが4月上旬のこと。翌5月になって瞬く間に漢城(ソウル)を落とすと、さらに全域へと全軍を進めます。
宇喜多秀家、福島正則、小早川隆景、毛利輝元、黒田長政、小西行長、加藤清正……と、そうそうたるメンバーが各自戦功を競い合ったのです。

 

白菜の漬物に唐辛子を入れてみる?

戦国ブギウギ20160809-1
◆文禄の役で持ち込まれたとされる唐辛子。
それが元々地元にあった白菜漬けに利用されてキムチへ発展した――という説が知られておりますね。
むろん唐辛子は日本でも自生していたわけではなく、ポルトガル経由で持ち込まれたものであり、ドコが起源とかそういう話は……あー、白菜をムシャムシャムシャ( ・ิω・ิ)

 

対馬権益を守るため、穏便に済ませるため

戦国ブギウギ20160809-3
◆文禄の役が始まる前に、朝鮮との交渉を請け負ったのが、対馬の宗氏(宗義智・よしとし)。
秀吉からの強硬的な要求を改変し、穏便にコトを進めようとして失敗、結局、合戦へと発展してしまいました。
これには小西行長も協力しており、互いの努力は水泡に帰するのですが、行長の娘・マリアを妻とし、両者の関係は深まるのでありました。
秀吉からの圧迫と朝鮮への出兵で、両者の苦悩はハンパじゃなかったでしょうね……。
※宗義智は関ヶ原でも行長と同じく西軍に属しますが、朝鮮との交渉役としての立場もあり、所領は安堵されます。何か一つ特技があると強いすね

 

火器がすごい? ならばマジンガー亀甲車を投入じゃ!

戦国ブギウギ20160809-4
◆亀甲車(きっこうしゃ)とは何ぞや?
もしかしたら初めて見る方もおられるかもしれません。
国史大辞典によりますと「簡単な木製の四つ車の上に生牛の皮を覆って作り、その覆のなかに軍士が入る構造」とあります。
後に、日本で活躍したという話を聞かないことから、さほどの効果はなかったんでしょうね……。
なお、このとき清正が合戦を強硬したため、明との講和を進めていた小西行長・石田三成との仲違いが決定的となり、後の両者の関係に大きく影響したとされます。
秀吉が自ら朝鮮入りして、陣頭指揮をとっていればこんな事態にならなかったんでは?
とは思うのですが、このとき家康に止められ、現実にはそうなりませんでした。豊臣の内紛を引き起こすところまで見越していたとしたら、家康ってやっぱりタヌキかもしれませんね。

 

(来週へ続く)

漫画・アニィたかはし
【毎週・月曜日連載】 ほかの連載全話を最初から読む

 

戦国ブギウギの書籍版です!


やっぱり天才!?
織田信長【入門編】
桶狭間から本能寺までの49年を最新解説!





関連記事

コメント

    • アニィたかはし
    • 2016年 8月 18日

    ハシモト様こんばんは、いつもありがとうございます
    秀吉さん的には明をあっさり落としてシルクロード西進するくらいに
    妄想してたように思います。日本は事実上征服できたわけですから
    そのくらいイケるイケるくらいに舞い上がってたんでしょうね
    まぁその辺が耄碌なのではないでしょうかと考えています
    うまく作品にも反映したいと思います。頑張ります
    今後ともよろしくお願いいたします

    • ハシモト
    • 2016年 8月 17日

    こんにちは。いつも楽しみにみてます。

    文禄の役は私的には「朝鮮出兵」というイメージだったのですが、明を含めた攻略目標全体図を見せられると、なんという圧倒的な「いやいや無理無理」感(笑) こんなビジュアル解説されたらそりゃ心折れます。

    ついに唐入りまで漫画が進んでしまいました。秀吉を見られるのもあと何回かでしょうか。
    更新楽しみにしております。

    • アニィたかはし
    • 2016年 8月 13日

    @匿名
    すいませんアニィです、帰省先での書き込みで
    うっかり名前書き忘れましたおりました

    • 匿名
    • 2016年 8月 13日

    鬼武蔵使い様こんにちは、いつもありがとうございます
    加藤三傑の一人飯田直景さんですが、すっかり荒岩主任のポジションになってしまいました
    文禄の役が1592年だったので、97式チハたんは年号的にどうよ?と思いまして
    こいつは89式中戦車でございます、森本君3年前からコレ考えてたんですね
    ってマニア過ぎてどうでもいいですよね(汗)ガルパンハイイゾ~
    ちなみに大戦中の日本軍の兵器の99式とかゼロ式は皇紀の年号で、
    零式艦上戦闘機は皇紀2000年のメモリアルイヤーに開発された新兵器だったんですね
    絶対勝ちたかったですね、前の戦争…ま、完全に余談ですけどw
    終戦記念日近いので付け加えさせてもらいました
    お盆に描き溜めていきたいと思っております。頑張ります
    今後ともよろしくお願いいたします

    • 鬼武蔵使い
    • 2016年 8月 12日

    クッ〇ン〇パパに、チハタソに、と今回は突っ込みどころを探すだけで笑えましたw

    • アニィたかはし
    • 2016年 8月 11日

    乙様こんばんは、いつもありがとうございます
    どの戦いも将軍が逃げた、兵が混乱したというエピソードばかりで
    ネタ困りますw朝鮮軍でやる気あったのは李舜臣だけだったようですね
    次回はその水軍のエピソード描く予定です。頑張ります
    今後ともよろしくお願いいたします

    • 2016年 8月 10日

    「やる気ゼロかよ」って本当みたいだったようですね。逃亡ひどいようで。
    ハクサイの塩漬けの「ぷーん」という匂いには、唐辛子が日本から半島へ?。意外です。
    それにしてもそうそうたる大名の面々が参戦して、小西行長の娘マリア?が対馬の領主に嫁入り?。対馬の領主って有力大名と同等レベルだったとは意外でした。
    亀甲車の文字を見ててっきり舟だと思ったら、リアル戦車?でしたか。(笑)
    朝鮮の戦いは戦国時代の本にあまり載ってないので、意外さの連続です。漫画化に感謝してます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本史受験の参考書!

「日本史オモシロ参考書vol.1」
著:長月七紀

井伊直弼って本当は悪い人じゃない!?
織田信長の前にも幾度か攻め込まれている、暴れん坊の比叡山延暦寺。

などなど日本史受験と関係のある人物・事柄のトホホな話を一冊の参考書としてマトメてみました!

価格250円※Kindle読み放題対応

書籍情報『戦国診察室』

アマゾンの戦国本ランキングで1位(一時)になった書籍『戦国診察室 お館様も忍びの衆も歴女医が診てあげる♪』
戦国診察室帯アリ450
税込価格1,728円(現在アマゾンでは各小売店様のプレミア価格で発売されてます)

配信先

武将ジャパンでは下記サイトへの記事配信を行っております。

日刊SPA!

シミルボン

facebook

本郷和人歴史キュレーション

東大の歴史研究第一人者、本郷和人教授が登場! 最先端の歴史を堪能しましょう

hongokazutoeye

コミック版『戦国ブギウギ』

当サイトで連載中の『戦国boogie-woogie』(アニィたかはし)がコミックで販売されます!!! 戦国ブギウギ表紙イメージB
ページ上部へ戻る