ルイス・フロイス

ドラマ『MAGI』よりルイス・フロイス(イメージ絵・小久ヒロ)

宣教師・切支丹

信長や秀吉を描いたルイス・フロイス『日本史』には何が記されたか?

こちらは3ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
ルイス・フロイス
をクリックお願いします。

 


バテレン追放令で肩身の狭い思いをするも……

こうして信長と知遇を得て、布教や住まいを保証されたフロイス

その後は諸国で日本の記録を取りながら、後輩のイエズス会士と信長の折衝役を務めました。

一日10時間も書いていたこともあるそうですから、フロイスはこの仕事や日本が心底好きだったんでしょうね。

この記録が後世に『日本史』としてまとめられるのですけれども、当時の地名や人名がローマ字で書かれているため、他の記録には書かれていないような読み方がわかるようになったものもあります。

フロイス『日本史』/wikipediaより引用

しかし信長が【本能寺の変】に斃れ、秀吉の世になると、伴天連追放令によってフロイスを含めた宣教師たちの肩身は一気に狭くなってしまいます。

本能寺の変
なぜ光秀は信長を裏切ったか「本能寺の変」諸説検証で浮かぶ有力説は

続きを見る

それでも日本を去り難かったのか、長崎で記録と布教を継続。

後に聚楽第に行ったことがありますし、一時はマカオに行ったのに再来日しているくらいなので、既に日本に骨を埋める気でいたのかもしれません。

豊臣秀吉もフロイスらについては、それ以上のことをしようとはしていません。

そして二十六聖人の殉教(秀吉によるキリシタン処刑)の記録を書いた後、前述の通りフロイスは長崎で65歳の生涯に幕を閉じました。

日本二十六聖人とサン・フェリペ号事件
日本人奴隷の輸出は許さん!サン・フェリペ号事件と日本二十六聖人

続きを見る

 


長崎あるいは熊本あたりに墓がある!?

どうしたことか。彼が長崎のどこに埋葬されたのかは不明です。

これほどの功績がある人なのに、何だかしっくりこないですよね。

亡くなった場所が長崎であり、長崎のどこかにあるだろうとはいわれているのですが。

もし秀吉がキリスト教憎さで「フロイスの墓を作ることはまかりならん!!」と言っていたらいったで、それなりの記録が残るでしょうし……それ以前にとっ捕まって獄死していた可能性だって高いでしょう。

豊臣秀吉
豊臣秀吉のド派手すぎる逸話はドコまで本当か?62年の生涯まとめ

続きを見る

もう一つ、「フロイスの遺稿はマカオ司教座に送られた」という点も不思議です。

どうせなら司教座も何もない異教の地である日本より、遺稿とともにフロイスの棺もマカオに送って、そこで埋葬するほうがキリスト教的に良さそうな感じがしませんか?

熊本県天草市五和町御領にコスメ・デ・トーレスのものらしきお墓があるとのことなので、断定はできませんけれども。

謎が謎を呼び続けますが、もし見つかったとしたら確実に一大ニュースになりますね。

長崎近辺で一山当てたい方は、フロイスのお墓を探してみてもいいかもしれません。徳川埋蔵金を探すよりは可能性高そうです。

なお、ルイス・フロイスはじめ、日本に関わる宣教師のことを知るには、世界同時配信された『MAGI(マギ)』がおすすめです。

MAGIアマゾンプライムビデオで放映中

ヨーロッパに送られた天正遣欧少年使節という日本人少年たちの目を通して描かれますので、がぜんとっつきやすいです。

天正遣欧少年使節
戦国時代に初めて渡欧した天正遣欧少年使節の4人~その後の人生は?

続きを見る

フロイスの出番は少ないものの、ヴァリニャーノなどをはじめ、多くの関係者が登場します。

アマゾンプライム会員さんは無料です。


あわせて読みたい関連記事

高山右近
戦国武将でキリシタンの高山右近はなぜマニラに没した?63年の生涯

続きを見る

岡本大八事件とノッサ・セニョーラ・ダ・グラサ号事件
戦国→鎖国へ!岡本大八事件とノッサ・セニョーラ・ダ・グラサ号事件

続きを見る

キリスト教伝来と戦国大名~信長が受け入れ秀吉が禁止した理由とは?

続きを見る

戦国時代の日本人奴隷
戦国時代&大航海時代は「奴隷時代」罪なき日本人は何処へ売られたか

続きを見る

ザビエル
あのザビエルはドコ行った?日本にキリスト教を伝えた宣教師の行方

続きを見る

戦国時代の外国人宣教師
外国人宣教師から見た戦国ニッポン 良い国or悪い国or鴨ネギな国?

続きを見る

足利義輝
刀を握ったまま斃れる壮絶な最期~足利義輝13代将軍の生涯30年まとめ

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
川崎桃太『フロイスの見た戦国日本』(→amazon
ルイス・フロイス/バラエティ・アートワークス『フロイスの日本史 (まんがで読破 MD108)(→amazon)』
ルイス・フロイス/wikipedia
フロイス日本史/wikipedia

TOPページへ


 



-宣教師・切支丹
-

×