絵・富永商太

伊達家

秀吉に逆らってでも領土にしたい! 政宗の望みは天下よりも会津だった?

源頼朝からのお墨付きを得て会津地方の統治者となった佐原義連(さわらよしつら)。

その子孫が土着して蘆名家となり、長い間、同地方を統治してきましたが、戦国時代に突入すると野心あふれる男の出現によってその安寧は突如崩されます。

独眼竜こと伊達政宗です。

伊達政宗70年の生涯まとめ 数々の伝説ってどこまで本当なの?【逸話正誤表付】

続きを見る

中央では豊臣秀吉の政権がほぼ決まり、大名同士の勝手な合戦を禁じる「惣無事令」も出しているという状況なのに、それを完全に無視したかのように会津を攻め、蘆名から奪い取る――。

なぜ政宗はそこまで執着したのか?

その行動履歴を振り返ってみましょう。

※文中の記事リンクは文末にもございます

 

はしゃぐ政宗「念願の会津を手に入れたぞ!」

秀吉の影がそこまで迫っている――。

にも関わらず、政宗は、斜陽の蘆名家とは対照的な、楽しい戦国ライフをエンジョイしていました。

その姿は、まさにノリノリ。

撫で斬り自慢書状を最上義光に送りつけたり。

浮かれて落馬骨折したり。

彼氏と激しく愛し合って、愛の証のために太ももを突いたり。

飲みすぎて二日酔いになったり。

家臣に雑な手紙を送りつけたり。

政宗の手紙が本人に気の毒なほど面白い件「即火中」ですぐに燃やすんだぞ!

続きを見る

家臣の家に突撃訪問して遊んだり。

伊達成実から「マナーが悪い!」と怒られたり。

伊達成実はなぜ政宗の元を離れ戻ってきたか?一門の貴公子79年の生涯まとめ

続きを見る

もう戦国の青春ここにあり!って感じですね、ハハッ。

まぁ、そんな政宗のエンジョイ青春時代の念願が会津蘆名家の撃破であり、その夢が叶ったのですから浮かれるのも無理はないでしょう。

戦国・蘆名家はなぜ滅亡した? 会津が輝宗&政宗親子の手に落ちるとき

続きを見る

天正18年(1589年)の1月7日に行われた「七草連歌」。

「若菜連歌」とも呼ばれる伊達家恒例の行事で、この年の政宗は次のような句を詠んでいます。

「七種を一葉によせてつむ根芹」

「七草を一気に積んじゃったよ、ウヒャハー!」

ウキウキの様子がダダ漏れで伝わってきます。

微笑ましいほどのノーテンキですね。

連歌が戦国武将に愛された理由~光秀も藤孝も幸村も義光もハマっていた

続きを見る

しかし、戦国ファンの皆様なら、そろそろ気になられているでしょうか。

伊達家ファンの方であれば、ヤキモキする場面です。

翌年の天正18年(1590年)は【小田原征伐】が行われる年。

秀吉の天下統一事業の仕上げは刻一刻と迫っているのでした。

秀吉の天下統一事業は北条親子の降伏でほぼ完成!仕上げは小田原→東北へ

続きを見る

 

困り顔の義光「政宗くん、惣無事令って知らんの?」

秀吉が関東にやってくる頃。

それはもはや戦国時代ど真ん中の頃とは勝手が異なります。

好き勝手に暴れられる時代は終わり、外交力が切実に問われる環境になっておりました。

政宗周辺の大名――特に伯父の最上義光あたりは、ツッコミたくて仕方のないところでしょう。

最上義光は東北随一の名将なり! 政宗の伯父69年の生涯まとめ

続きを見る

「あのさ……政宗くん、惣無事令って知らんの? そういうイキリ倒したこと(蘆名討伐)をして、関白が黙っていると思っているの?」

むろん秀吉が黙っているはずがありません。

会津を追い出されて常陸にいる蘆名義広だって、実家の佐竹義重や佐竹義宣を介して、関白・豊臣秀吉に「惣無事令の違反です」と訴え出ていることでしょう。

秀吉の耳に入るのは時間の問題なのです。

豊臣秀吉 62年の生涯まとめ【年表付き】多くの伝説はドコまで本当か?

続きを見る

奥羽の大名は誰もが皆

「どうすれば関白にコンタクトを取れるのか?」

と知恵を絞っているところでした。

好例が津軽為信や蠣崎慶広でしょう。

関白への取りなしを電光石火で成功させたがために、無事、大名としての地位を得ました。

もっとも津軽はこの一件で南部とは犬猿の仲となっておりますが、

松前藩の歴史はドタバタの連続? 石高ゼロで蝦夷地を守るハードモード

続きを見る

出し抜いた方としては「合戦? もう外交なんだよ、アホか」という時代です。

このとき、一番胃がキリキリしていたのは、最上義光でしょう。

彼は伊達家の監視任務を買って出ています。

義光が陰険な性格だからなのか?

そんな単純なものではないでしょう。なんせ伊達家は最愛の妹の嫁ぎ先ではありますし、政宗だって、なんだかんだで地の繋がった甥っ子。

何かあれば首根っこつかんででも土下座させたかったのかもしれません。

むろん政宗もバカではありません。

外交において無策ではなく、コンタクトもしておりました。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-伊達家
-

© 2020 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)