絵・富永商太

伊達家

秀吉に逆らってでも領土にしたい! 政宗の望みは天下よりも会津だった?

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
政宗の狙いは天下よりも会津
をクリックお願いします。

 

惣無事令の発動で木っ端微塵

それでも政宗は、空気を読めなかった……というより読みたくなかったのでしょう。

蘆名を潰し会津をゲット。

その誘惑に負けてしまったのかもしれません。

かくして政宗のウキウキ会津ライフは、惣無事令の発動で木っ端微塵になります。

おまけに小田原征伐前夜には、

【蘆名家当主に据えるはずだった弟・政道小次郎を殺害した】

ともされているのです。

背景にあった義姫による政宗毒殺未遂も、現在は否定されております。

確かなことがあるとすれば、政宗の目論見通り小次郎が蘆名家当主となっていれば、それらの悲劇は起きなかったということでしょうか。

話をここで完結としてもよいところですが、無駄に粘着質な政宗は、会津にこだわりがあったようで……。

もうちょっとだけおつきあいください。

 

失われた何かを求めて、暴れる政宗

俺の青春、俺の会津――。

COOLな会津は、上方からやってきたよくわかんねースカした奴、レオン? 意味わかんね。

ともかく、そんな蒲生氏郷のものになってしまった……。

蒲生氏郷は信長の娘・冬姫を娶り豊臣政権へ【織田軍随一の若手エリート】

続きを見る

なんだかいきなりポエムを入れてすみません。

苦心して強奪した会津は、豊臣政権のもとに呆気なく没収され、以降、蒲生氏郷の領地とされました。

面白くない。やってられるか。

政宗がそんな蒲生氏郷に対して塩対応を取り、氏郷の方もイライラしていたことは確かです。

葛西・大崎一揆】でも不信感は拭えない。

【東北戦国譚】葛西・大崎一揆で政宗と氏郷が一触即発!セキレイの逸話に注目

続きを見る

九戸政実の乱】でも、政宗が露骨にやる気を見せない。

九戸政実は秀吉と戦った最後の戦国武将! 九戸政実の乱の悲しき結末

続きを見る

氏郷にとっても、迷惑極まりない話です。

生まれ育った場所から引き離された挙句、その先で政宗がオラついているのですから、ストレスが溜まることでしょう。

おまけに豊臣政権からは

「お前ら、奥羽大名同士で仲良くしろ」

なんてマトメられるものだから、政宗と氏郷は切りたくても切れない関係となってしまいます。

氏郷は行事の席次等で、政宗より義光を優先するようにしばしば進言しています。

足利一門かつ、伯父で、年齢も上。

そういう理屈が通りますが、政宗からすればただの嫌がらせです。

そんなギスギスした二人の近くに座らされる、最上義光にとってもいい迷惑であり、完全にとばっちりですね。

蒲生氏郷は文禄4年(1595年)に急死します。その死因は毒殺だったという説がありましたが、現在では否定されております。

政宗がその早すぎる死を、どう受け止めたのやら……。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-伊達家
-