絵・富永商太

伊達家

秀吉に逆らってでも領土にしたい! 政宗の望みは天下よりも会津だった?

こちらは3ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
政宗の狙いは天下よりも会津
をクリックお願いします。

 

伊達や最上の押さえとして景勝を

その後、関ヶ原の前夜へ。

晩年の豊臣秀吉、まだ幼い豊臣秀頼にかわって、石田三成らが策を練りました。

伊達政宗最上義光をおさえるのであれば、会津は上杉景勝に」

これは妥当な判断ではあるのですが、やはり政宗としては気に入らなかった様子です。

政宗の出生地・米沢まで上杉領ですから、ムカつきは半端ない。

そのためか、上杉家と伊達家にはいろいろと因縁がある。

直江兼続が伊達政宗をコケにした逸話も多くあります。

直江兼続の真価は「義と愛」にあらず 史実に見る60年の生涯まとめ

続きを見る

こうした逸話がどこまで真実か不明なれど、ギスギスしていたのは間違いないでしょう。

政宗には、会津とその統治者に突っかかっていくオラつき傾向を感じます。

慶長出羽合戦(北の関ヶ原)で上杉・最上・伊達ら大大名が激突!その結果は?

続きを見る

誰にでも喧嘩を売る性格とまとめれば、それはその通りではあるのですが。

人生最大の快勝。

若くして得た奥州の要。

会津抜きの奥州探題なんて画竜点睛だぜ!

やっぱり奥州を統治するのであれば、会津が欲しいんだよ!

米沢のような政宗生誕の土地でもなければ、仙台のように築き上げた土地でもない。

岩出山の方がずっと縁がある。

それでも政宗にとって、何かと因縁がある。

政宗が欲しかったもの。それは、天下よりも会津だった――そんな可能性も感じさせるのです。

 

興味深いことに現代では立派な観光資源

会津側から見たらいい迷惑でしかありません。

八つ当たりで殴られ、燃やされた、大災難。

政宗が絶対に焼いてはイケない寺焼いた【会津恵日寺焼き討ち事件】

続きを見る

そんな伊達家の仙台藩と会津藩が、幕末に手を組むのは有名な話ですね。

戊辰戦争に敗れた後、屯田兵として真っ先に北海道へ移住したのも両藩でした。

『ゴールデンカムイ』の門倉は会津藩士か仙台藩士か? ルーツを徹底考察!

続きを見る

当時は大迷惑であった、そんな会津にとっての政宗。

しかし、現代では立派な観光資源として、会津に恩恵をもたらす存在になっているのが興味深い。

2019年に入りVOD(動画配信サービス)がますます加熱していく中、あのNetflixが、伊達政宗のドキュメンタリードラマ製作を開始したのです。

事前の評判では和風『ゲーム・オブ・スローンズ』とされる壮大なスケールの作品で、かつ世界配信が決定。

先陣と言ってもいい名誉なことでしょう。

◆Netflix、戦国武将・伊達政宗の実録ドラマを製作へ ─ コミックと日本美術に敬意、北米ドキュメンタリー製作チームが手がける(→link

政宗が会津に執着する過程が世界に届くなんて――これは快挙ではありませんか。観光効果も期待できますね。

さぁ、政宗の恩返しを期待しようではありませんか。

会津旅行の際は、その息吹を感じてみたい。

もちろん、蘆名の息吹もお忘れなきよう。

会津を幕末だけと片付けては、あまりに勿体ない。

馬刺し、ソースカツ丼、蕎麦、喜多方ラーメン、日本酒、そして歴史。皆さんへオススメしたい食も歴史も色々とあるのです。

政宗――Netflixで会津、奥羽、日本どころじゃない、今度は世界制覇だ!

あわせて読みたい関連記事

源頼朝
源頼朝 史実の人物像に迫る!出生から鎌倉幕府の設立 死因まで53年の生涯

続きを見る

戦国会津の統治者は政宗や氏郷に非ず! 佐原義連を祖とする蘆名一族なり

続きを見る

伊達政宗
伊達政宗 史実の人物像に迫る!ド派手な逸話も検証する生涯70年まとめ

続きを見る

「読んだらスグに燃やせよ!」政宗の手紙が本人に気の毒なほど面白い件

続きを見る

伊達成実
伊達成実いなけりゃ独眼竜の躍進もナシ? 一度は伊達家を出奔した猛将の生涯

続きを見る

戦国・蘆名家はなぜ滅亡した? 会津が輝宗&政宗親子の手に落ちるとき

続きを見る

連歌
光秀も藤孝も幸村もハマっていた! 連歌が戦国武将に愛された理由とは?

続きを見る

最上義光
最上義光(政宗の伯父)は東北随一の名将! 誤解されがちな鮭様の実力とは

続きを見る

松前城の歴史
石高ゼロでも運営できた理由~松前藩の歴史はドタバタの連続だった!

続きを見る

蒲生氏郷は信長の娘・冬姫を娶り豊臣政権へ【織田軍随一の若手エリート】

続きを見る

【東北戦国譚】葛西・大崎一揆で政宗と氏郷が一触即発!セキレイの逸話に注目

続きを見る

九戸政実は秀吉と戦った最後の戦国武将! 九戸政実の乱の悲しき結末

続きを見る

直江兼続の真価は「義と愛」にあらず 史実に見る60年の生涯まとめ

続きを見る

政宗が絶対に焼いてはイケない寺焼いた【会津恵日寺焼き討ち事件】

続きを見る

『ゴールデンカムイ』の門倉は会津藩士か仙台藩士か? ルーツを徹底考察!

続きを見る

文:小檜山青note

【参考文献】
『芦名四代(歴史春秋社)』(→amazon
『会津芦名一族(地方・小出版流通センター)』(→amazon
『会津ちょっといい歴史(歴史春秋出版)』(→amazon
『東北の中世史4 伊達史と戦国騒乱(吉川弘文館)』(→amazon
『東北の中世史5 東北近世の胎動(吉川弘文館)』(→amazon
『戦国時代の南奥羽社会(吉川弘文館)』(→amazon

TOPページへ

 



-伊達家
-