豊臣秀吉(左)と伊達政宗/wikipediaより引用

伊達家

政宗の狙いは天下じゃなくて会津?なぜ秀吉に逆らってまで執着したか

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
政宗の狙いは天下よりも会津
をクリックお願いします。

 

失われた何かを求めて、暴れる政宗

俺の青春、俺の会津――。

COOLな会津は、上方からやってきたよくわかんねースカした奴、レオン? 意味わかんね。

ともかく、そんな蒲生氏郷のものになってしまった……。

蒲生氏郷
信長のお気に入り蒲生氏郷は史実でどんな実績が? 40年の生涯まとめ

続きを見る

なんだかいきなりポエムを入れてすみません。

苦心して強奪した会津は、豊臣政権のもとに呆気なく没収され、以降、蒲生氏郷の領地とされました。

面白くない。やってられるか。

政宗がそんな蒲生氏郷に対して塩対応を取り、氏郷の方もイライラしていたことは確かです。

葛西・大崎一揆】でも不信感は拭えない。

葛西大崎一揆
政宗と氏郷が一触即発の「葛西・大崎一揆」セキレイの逸話は嘘か真か

続きを見る

九戸政実の乱】でも、政宗が露骨にやる気を見せない。

九戸政実
秀吉と敵対した最後の武将・九戸政実~6万の大軍相手に5千で粘る

続きを見る

氏郷にとっても、迷惑極まりない話です。

生まれ育った場所から引き離された挙句、その先で政宗がオラついているのですから、ストレスが溜まることでしょう。

おまけに豊臣政権からは

「お前ら、奥羽大名同士で仲良くしろ」

なんてマトメられるものだから、政宗と氏郷は切りたくても切れない関係となってしまいます。

氏郷は行事の席次等で、政宗より義光を優先するようにしばしば進言しています。

足利一門かつ、伯父で、年齢も上。

そういう理屈が通りますが、政宗からすればただの嫌がらせです。

そんなギスギスした二人の近くに座らされる、最上義光にとってもいい迷惑であり、完全にとばっちりですね。

蒲生氏郷は文禄4年(1595年)に急死します。その死因は毒殺だったという説がありましたが、現在では否定されております。

政宗がその早すぎる死を、どう受け止めたのやら……。

 

伊達や最上の押さえとして景勝を

その後、関ヶ原の前夜へ。

晩年の豊臣秀吉、まだ幼い豊臣秀頼にかわって、石田三成らが策を練りました。

伊達政宗や最上義光をおさえるのであれば、会津は上杉景勝に」

これは妥当な判断ではあるのですが、やはり政宗としては気に入らなかった様子です。

政宗の出生地・米沢まで上杉領ですから、ムカつきは半端ない。

そのためか、上杉家と伊達家にはいろいろと因縁がある。

直江兼続が伊達政宗をコケにした逸話も多くあります。

直江兼続
戦国武将・直江兼続の真価は「義と愛」にあらず 史実に見る60年の生涯

続きを見る

こうした逸話がどこまで真実か不明なれど、ギスギスしていたのは間違いないでしょう。

政宗には、会津とその統治者に突っかかっていくオラつき傾向を感じます。

慶長出羽合戦(北の関ヶ原)で上杉・最上・伊達が激突!その結果は?

続きを見る

誰にでも喧嘩を売る性格とまとめれば、それはその通りではあるのですが。

人生最大の快勝。

若くして得た奥州の要。

会津抜きの奥州探題なんて画竜点睛だぜ!

やっぱり奥州を統治するのであれば、会津が欲しいんだよ!

米沢のような政宗生誕の土地でもなければ、仙台のように築き上げた土地でもない。

岩出山の方がずっと縁がある。

それでも政宗にとって、何かと因縁がある。

政宗が欲しかったもの。それは、天下よりも会津だった――そんな可能性も感じさせるのです。

 

興味深いことに現代では立派な観光資源

会津側から見たらいい迷惑でしかありません。

八つ当たりで殴られ、燃やされた、大災難。

会津恵日寺焼き討ち事件
絶対に焼いてはイケない寺焼いた政宗さん~会津恵日寺焼き討ち事件

続きを見る

そんな伊達家の仙台藩と会津藩が、幕末に手を組むのは有名な話ですね。

戊辰戦争に敗れた後、屯田兵として真っ先に北海道へ移住したのも両藩でした。

『ゴールデンカムイ』の門倉は会津藩士か仙台藩士か? ルーツを徹底考察!

続きを見る

当時は大迷惑であった、そんな会津にとっての政宗。

しかし、現代では立派な観光資源として、会津に恩恵をもたらす存在になっているのが興味深い。

2019年に入りVOD(動画配信サービス)がますます加熱していく中、あのNetflixが、伊達政宗のドキュメンタリードラマ製作を開始したのです。

事前の評判では和風『ゲーム・オブ・スローンズ』とされる壮大なスケールの作品で、かつ世界配信が決定。

先陣と言ってもいい名誉なことでしょう。

◆Netflix、戦国武将・伊達政宗の実録ドラマを製作へ ─ コミックと日本美術に敬意、北米ドキュメンタリー製作チームが手がける(→link

政宗が会津に執着する過程が世界に届くなんて――これは快挙ではありませんか。観光効果も期待できますね。

さぁ、政宗の恩返しを期待しようではありませんか。

会津旅行の際は、その息吹を感じてみたい。

もちろん、蘆名の息吹もお忘れなきよう。

会津を幕末だけと片付けては、あまりに勿体ない。

馬刺し、ソースカツ丼、蕎麦、喜多方ラーメン、日本酒、そして歴史。皆さんへオススメしたい食も歴史も色々とあるのです。

政宗――Netflixで会津、奥羽、日本どころじゃない、今度は世界制覇だ!

あわせて読みたい関連記事

源頼朝
史実の源頼朝は一体どんな生涯53年を過ごしたか?鎌倉殿の13人大泉洋

続きを見る

佐原義連
頼朝に認められ佐原義連(三浦一族)から始まった会津の雄・蘆名一族

続きを見る

伊達政宗
史実の伊達政宗 ド派手な逸話はどこまで本当?生涯70年の検証まとめ

続きを見る

政宗の手紙
「読んだらスグに燃やせよ!」政宗の手紙が本人に気の毒なほど面白い

続きを見る

伊達成実
独眼竜を躍進させた猛将・伊達成実の生涯~伊達家を出奔したことも

続きを見る

文:小檜山青note

【参考文献】
林哲『会津芦名四代』(→amazon
林哲『会津芦名一族』(→amazon
野口信一『会津ちょっといい歴史』(→amazon
遠藤ゆり子『東北の中世史4 伊達史と戦国騒乱』(→amazon
高橋充『東北の中世史5 東北近世の胎動』(→amazon
遠藤ゆり子『戦国時代の南奥羽社会』(→amazon

TOPページへ

 



-伊達家
-

×