細川家

細川晴元の生涯――信長以前の天下人争いで躍進するも三好長慶に敗れ去る

応仁の乱が勃発し、京都が火の海に包まれた1467年。

その後、信長が足利義昭を奉じて上洛する1568年までの約100年間、いったい中央では何があったのか?

1467年(応仁の乱)

約100年間、何があったん?

1568年(信長の上洛)

将軍はフラフラしており確固たる政権もないため、ひたすらカオスだったかのような印象もありますが、そうとも言い切れません。

こんな時代でも将軍職や管領職を巡って畿内周辺の戦国大名たちは争いを続け、結果的に抜け出た存在がありました。

それが細川政権であり、その後の三好政権です。

1467年(応仁の乱)

細川政権

三好政権

1568年(信長の上洛)

今回注目したいのは、そんな細川政権の中心にいた細川晴元です。

晴元は如何にして頂点へと上り詰め、後に、配下の三好長慶に取って代わられるまで、如何にして堕ちていったのか。

細川政権→三好政権の移り変わりと共に振り返ってみたいと思います。

 

細川京兆家の跡取りだった細川晴元

細川晴元は永正11年(1514年)、細川京兆家ほそかわけいちょうけに生まれました。

この家は、室町幕府の中でも最高級権力の「管領」職を歴任してきた一家であり、晴元の父は細川澄元ほそかわすみもと。祖父は、将軍をしのぐほどの力をもった細川政元です。

細川家当主の流れ】

細川政元

細川澄元(政元の養子)

細川晴元(澄元の実子)

室町幕府で並ぶものはないほどの地位を築いていた細川京兆家――その言葉をいきなり引っくり返すようで申し訳ないですが、本来、管領とは将軍の補佐役であり、その立場にあった政元が独裁的な力を有していたことがそもそもオカシイのです。

簡単に、当時(室町後期~戦国前期)の情勢を説明させていただきますと……。

政元は時の将軍・足利義材あしかがよしき足利義稙)を引きずり下ろし、自身の息がかかった足利義澄を将軍としました。

足利義澄/wikipediaより引用

ただでさえ弱まっていた幕府の権力は、無残なまでに低下。政元が強行した独裁政治は、至るところで対立の炎を巻き起こします。

まず政元は、将軍職を引きずり下ろした義材を取り逃がしてしまったため、この元将軍を支持する守護らとの戦いを余儀なくされました。新しく将軍に迎えた義澄をはじめとする味方陣営とも度々トラブルになり、部下の間にも動揺が走ります。

さらに。
政元は男色に耽って子を作らず養子を迎えるのですが、その対応が非常にまずかった。

 

澄之と澄元「二人の後継ぎ候補」が出現

当初、政元は、家臣らの勧めによって関白・九条政基の子である細川澄之を迎えます。

しかし、この決定に対し「公卿の子を後継ぎにするのは武家の恥!」と家臣らが不満を漏らしたため、今度は阿波守護・細川義春の子・細川澄元を二人目の養子にします。これが細川晴元の父ですね。

いずれにせよあまりに場当たり的な対応で、細川京兆家という権力者の家に

・細川澄之
・細川澄元

という二人の当主候補が出現してしまったのです。

武家の家督継承には、ただでさえお家騒動がつきもの。ましてや非常に不安定だった細川京兆家に「二人の後継ぎ候補」が出現してしまえば、争いが起こらないワケがありません。

案の定、澄元派と澄之派に分かれて後継ぎ争いが勃発。その余波を受けて政元は暗殺されてしまいました。

両者の争いは、阿波国から澄元に従って上洛してきた三好之長みよしゆきながや京兆家・分家筋生まれの細川高国らの支援を受けた澄元の勝利に終わりますが、この三好之長こそがとにかく問題児だった。

之長は権力を手にしたのをいいことに暴走し、見かねた高国が周囲の守護らと呼応して挙兵。旗色の悪さを悟った之長と澄元は京都を離れて再起のチャンスをうかがいながら、結局は澄元の実家である阿波へ逃れざるを得ませんでした。

こうして、かつての権力を取り戻すどころか、阿波に隠れ住むことを余儀なくされた時期に、細川晴元は生まれます。

 

之長が死んで父も死亡 絶望的な幼少期となる晴元

阿波で生まれた晴元を待っていたのは、目を覆いたくなるような惨状でした。

まず、永正14年(1517年)に三好之長が淡路を攻め、畿内復帰への足掛かりを築きます。彼はこの時期に細川家の高国政権が動揺していた点に目を付け、巻き返しを図ったのです。

そして永正17年(1520年)に高国を京都から追放――。

と、喜ぶのもつかの間、彼らの反撃に遭い、最終的には三好之長は自害を余儀なくされました。しかも、不幸はそれだけではありません。この敗戦のショックからか、同年中に澄元も亡くなってしまうのです。

結果、わずか7歳だった細川晴元が家督を継承し、三好氏も之長の孫である三好元長が当主となりました。

元長は当時まだ20歳前後と若々しい人物であり、幼い晴元を養育するような立場にあったハズ。すぐに反撃の用意などはできません。

何より細川高国が、新たな将軍・足利義晴を据え、反発する勢力を一掃し、荒れ狂う畿内の中で安定した政権を築き、付け入るスキを与えなかったのです。戦国史ではあまり注目されない人物ですが、なかなかのヤリ手だったと思えます。

足利義晴/wikipediaより引用

それでも、この戦乱期においては盤石とまではなりません。

大永6年(1526年)、細川高国が家臣の香西元盛を切り殺したことがキッカケとなり、波多野元清や柳本賢治といった離反者が出て、同政権に動揺が生じました。

当然ながら敵対勢力にとっては絶好のチャンス――細川晴元・三好元長に加えて、阿波で不遇の時を過ごしていた足利義維あしかがよしつな(前将軍・足利義澄の次男)が立ち上がり、離反勢力と手を組んだのです。

挙兵のときには、三好之長の弟である三好長尚みよしながなおやその子・三好長家や三好政長も加わりました。

「倍返しだ!」と言わんばかりの晴元逆転劇が幕を開けるのでした。

 

高国を追い落とし「堺幕府」の誕生

高国勢力をけん制しつつ堺へ上った三好長尚みよしながなおらは、現在の京都市右京区にある川勝寺で高国を撃破。一報を受けた三好元長も、足利義維と細川晴元を連れて堺へ向かいます。

義維を事実上の将軍とした「堺幕府」の誕生です。

一方の高国陣営は、近江へと逃れたものの依然として一定の勢力は維持しており、「堺幕府」と並んで両者が権力を二分する状況が成立しました。

小競り合いが続いたのちに和睦の交渉が進められると、今度は晴元方の中で和睦の是非をめぐって対立が生じます。

元長が和睦推進派であったのに対し、晴元や政長がこれに反対。最終的に交渉は決裂し「元長は失脚するのでは?」という噂が公家の間で流れました。

ちょっとややこしくなってきたので、図で整理しておきましょう。

【細川高国】
vs
【細川晴元・三好政長・三好元長】堺幕府

◆堺幕府内での分裂

【細川晴元・三好政長】
vs
【三好元長】

かつて「蜜月の関係」といっても過言ではなかった親世代の【三好之長・細川澄元】。彼らと比べて【三好元長・細川晴元】の関係には、そこまでの一体感が見られません。

晴元は父と異なり柳本賢治を重用したため、権力争いに敗れた三好元長は享禄2年(1529年)に阿波へと帰国してしまいます。

かといって、賢治の時代が到来したわけでもありません。翌年、伊勢氏との和睦交渉に失敗すると、面目を失って出家を強いられたのち、修験者に殺害されたと伝わります。ややこしいので二行でまとめますと……。

①細川晴元陣営は、一応、実力で畿内を支配していた

②しかし、内情は割とガタついていた

こんなところですから、敗れた細川高国も黙ってはいません。高国は、尼子氏や六角氏と組んで再上洛を目指します。

この知らせを耳に入れた晴元は、すかさず、権力闘争に敗れて阿波にいた元長を呼び戻しました。

元長もこれに従い、享禄4年(1531年)に堺入り。高国を相手に見事な戦を演じ、彼を自害へ追い込む【大物崩れ】をやってのけるのです。

晴元が父の代から煮え湯を飲まされていた高国――それを見事に打倒した元長。二人の間にあった過去の諍いはすべて水に流され、晴元の右腕として元長が支配体制を補佐する……と、ドラマのようにならないのが戦国時代。

畿内にはまだまだ魔物が潜んでおりました。

 

石山本願寺と結び、功臣・元長を自害へ追い込む…

「大物崩れ」から数か月後のこと。細川晴元は、新たな争いを引き起こしていました。

それまで自身を補佐していた阿波細川氏の細川持隆と対立したのです。

原因は、持隆が支援する三好元長と、晴元の配下である三好政長・木沢長政らによる権力争いでした。

晴元は享禄5年(1532年)、元長の家臣らが柳本神二郎(賢治の息子)を殺害した事件をキッカケに元長の討伐を計画します。

一時は持隆のとりなしによって事なきを得るのですが、結局、晴元の気はおさまらず、再び元長打倒の準備を進めました。

一方の持隆はこれに失望し、阿波へ帰国。
仲介者を失った両者の対立は火を見るよりも明らかとなります。

さらには同年、元長と同じく晴元と対立していた畠山義宣が、晴元への接近を図っている家臣・木沢長政へ攻撃を始めました。

元長も援軍として三好家長を派遣し、晴元との対決を表明。戦は、元長に優位な情勢で進み、ついに晴元は、長政の救援を目論んで大坂本願寺(石山本願寺)の宗主・本願寺証如へ出兵の要請を出します。

後世には、織田信長と真っ向から敵対し、約10年にわたって互角以上の戦いをした本願寺勢力(一向一揆)。詳細は後述しますが、彼らは“諸刃の剣”とも言うべき集団であり、助力を請うには危険な存在でした。

結果、三好家長は討たれ、畠山義宣も自害に追い込まれました。一揆勢が優勢とみるや周辺勢力も元長を見限り、彼のいた堺は包囲されます。

さすがに敗北を悟った元長。
彼は妻とその子・千熊丸を阿波へと逃がし、法華宗の顕本寺に籠って最期の一戦を遂げました。

こうして無念のうちに討たれた元長ですが、彼の遺児・千熊丸は後に天下を制する重要人物に成長します。

ご存知「三好長慶」です。

 

一揆衆に手を焼く晴元の前に、幼き日の長慶が現れる

本願寺の力を借りて形勢を逆転した晴元ですが、やはりそれは禁断の武器でした。

彼ら一揆勢は奈良や堺でも蜂起し、もはや証如でさえも制御不能の状態に陥るのです。

事ここに至り晴元は一揆衆を「敵」として扱います。対立していた六角氏や延暦寺とも結び、山科本願寺を疎んじていた法華宗の信徒までもを味方に引き入れます。

結果、京都で強大な勢力を誇っていた山科本願寺を焼失に追い込むのですが、一揆衆の勢いはとどまるところを知りません。

天文2年(1533年)には晴元も身の危険から淡路島に逃亡するほど追い込まれ、【伊丹城の戦い】で一向一揆を破って戦況を五分に戻すなど、一進一退が繰り返されました。

しかも晴元には、一揆衆以外にも懸念すべき敵が存在しました。

かつて「大物崩れ」で自害へ追い込んだ高国の弟・細川晴国が反晴元派として台頭しつつあり、一揆衆に手を焼いている場合ではなくなったのです。

『どうしたものか……』と頭を悩ませていた晴元に対し、ある家臣が一揆衆との和睦をまとめました。

その家臣とは、対立の末に自害へ追い込んだ三好元長の遺児・三好長慶。長慶は、天文2年(1533年)中に晴元の家臣へ復帰すると、弱冠12歳ながら首尾よく交渉を進めたというのです。

さすがに交渉は……。
むろん、長慶の代理で家臣が動いていた可能性は大いにありますが、当時の12歳は今よりもずっと「大人」として扱われており、初陣や婚姻を済ませていても不思議はありません。

したがって、これは長慶の功績と考えてもよいのではないかと思います。

本願寺との講和が成ったのちは細川晴国も滅び、ここに晴元の敵対勢力は姿を消しました。晴元は上洛し、将軍・足利義晴を奉じて「晴元政権」ともいうべき新たな政治をスタートさせたのです。

天文6年(1537年)には六角定頼の娘を妻とすることで六角氏との関係強化を図り、かねてから友好的であった本願寺などとも結んで体制の安定化を図ります。

これにて晴元政権、盤石の体制へ……と思いきや……。
※続きは次ページへ

次のページへ >



-細川家
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.