イラスト・富永商太

毛利家

厳島の戦いで毛利軍の奇襲作戦が炸裂! 陶晴賢が自害し元就の躍進始まる

更新日:

戦国時代の魅力といえば合戦。
特により少ない兵で大軍を倒す――どんでん返しは何度読んでもワクワクしますよね。

弘治元年(1555年)10月1日、厳島の戦い毛利元就陶晴賢を破り、中国地方の覇権を握りました。

実はこのとき、元就は60歳近く。
家督も既に長子・毛利隆元へ譲っていましたが、まだまだ知性も体力も健在でした。

なんせ70歳のときに最後の子供が生まれてますからね(ボソッ)。永禄十年(1567年)のことですので、織田信長が美濃を取り、真田幸村伊達政宗が生まれた年になります。

 

舞台は世界遺産 厳島の戦い

戦いの舞台となったのは文字通り厳島です。
世界遺産としても有名な歴史ある場所ですが、やはり戦国時代は戦乱に巻き込まれて荒れておりました。

平安時代には平清盛が日宋貿易の中継地点としていたことからもわかる通り、厳島は神域であると同時に瀬戸内海の航路として重要な位置にあったからです。

元就が厳島神社を崇めていたにもかかわらず、ここを戦場としたのはそうした点が大きかったからでしょう。

敵である陶晴賢は、大内氏の重臣。
陶は、同じく大内家重臣の杉重矩や内藤興盛(実際は静観)らと協議し、大内義隆を自害へ追い込む――という【大寧寺の変】を1551年に実行してから、大内の実権を握っている状態でした。

この変が西国一の下剋上と見なされることもありますが、もともと陶晴賢の家は周防の守護代を古くから務めていた大内家の重臣です。

大内義隆を廃してた後に迎えた17代当主の大内義長も、母は大内義隆の妹で、父が大友義鑑(兄は大友宗麟)ですから、体制としては盤石。
それだけに動員できる兵数も大内軍(陶軍)の方が圧倒的に大きく、毛利方を1とすると、大内側は4~6倍程度の兵数でした。

平地でまともにやりあったら、毛利が叩き潰されるのは明白だったのです。

 

小さい島(厳島)におびきよせればいいじゃん

元就は考えます。

「寡兵で大軍に打ち勝つためには?」

いくつかの条件を整え、何かと有利な条件を作り出す必要があったでしょう。
例えば、源範頼源義経兄弟が【一ノ谷の戦い】でやったように、敵の度肝を抜いて混乱させる奇襲も有効な手の一つ。

その準備のため、元就は脳細胞をフル稼働させます。

実は、こうした観点からも「厳島」は適した場所でした。

もともと神社のためにある島ですから、軍事的な防備はさほど厳重ではありません。
当初は陶氏から寝返った毛利方が数百人ほどの兵で守るのみ。とても戦を行うには向かない状態でした。

しかし、裏を返せば
「そんなところで俺達が負けるわけがない」
と油断させることもできるわけです。

 

毛利劇団の勝利シナリオは?

元就はまず情報操作から始めます。

「今、厳島に来られたら困っちゃうな~、ワシどうしたらいいかなぁ~」(チラッチラッ)
と、あちこちで呟き、毛利家内に潜むスパイの耳に入れさせました。

万が一、毛利家下々の家臣たちまで「うちの大将(元就)、大丈夫か……」となったらマズイところですが、そうならなかったところに毛利家臣の元就への信頼の厚さが窺えますね。

嫡男で当主の毛利隆元からして
「父上が隠居するなら私も隠居します!後は息子(※当時7歳・後の輝元)に任せた!!」
とか言っちゃうほどの心酔振りでした。

そして元就はトドメに、重臣の一人・桂元澄に対し
「おまえちょっと裏切るフリしてくれない?」
と命じます。

この人は木戸孝允や桂太郎の遠いご先祖に当たり、元就が家督を継いだ頃からずっと宿老として仕えてきた忠臣でした。

主君の意を汲んだ彼は、陶晴賢へ「最近ウチの主人が冷たいんです。私に居場所をください……」と泣きつく手紙を送り、まんまと陶家へ裏切る手筈を整えます。
この辺の毛利家一同、演技力がすげえ。

さて、このわざとらしい呟きと裏切りに見事に釣られた陶晴賢、意気揚々と厳島へやってきました。

「桂が寝返ってきたら総攻撃なw」なんてほくそ笑んでいたことでしょう。

実は「いくらなんでもわざとらし過ぎますよ、元就が何か仕掛けてるに決まってますよやめましょうよ」と引き止めてくれた人もいたのですが、大内氏の実権を握ってホクホクしていた晴賢は聞き入れませんでした。

むろん陶晴賢も愚将なんかではありません。
巨大な大内家でクーデターを成功させたぐらいです。

つまりは、それだけ元就の謀略が勝っていたということですね。

 

捕食者がいつのまにか食われる立場に

エサに釣られた大魚・陶軍。
そこが厳島という極めて狭い漁場ということをすっかり忘れてしまったかのように、この状況でもし包囲されたら……なんてこと考えもしません。

だって、毛利には陶軍を囲めるほどの人数がいないのですから。

そこが陶晴賢一生の不覚でした。

一方、そのころ毛利側は着々と準備を進めています。
確かに毛利家だけの兵ではどう考えても数が足りませんが、敵を小さな島に押し込めた上で、出口となる海を包囲してしまえば袋のネズミの完成です。

海で包囲するのなら、陸地で同じことをするよりも兵数は必要ありません。
敵船の間を泳いで通り抜け、対岸までたどり着くなんて芸当はドーバー海峡横断より難しいでしょうからね。

時期的にも水が冷たくなる頃ですし、下手に飛び込んでもそうそう長くは泳げません。
そこに目をつけた元就は自分の家の水軍だけでなく、瀬戸内海の有力者・村上水軍に援軍を要請し、「包囲よろしく」と依頼したのです。

これで準備は万全、あとは神様の気分次第……。

 

元就&隆元らと隆景が二手に分かれ

作戦決行の夜――。
予想外の荒天に見舞われながらも、毛利側は二手に分かれて進軍を開始します。

毛利元就・毛利隆元という新旧二人の当主が島の裏手。
「三本目の矢」こと小早川隆景が船で島の正面へ向かいました。

もちろん、隆景はそのまま戦ったわけではありません。
なんと「陶さんに加勢に来ました!(キリッ」と大嘘をついて無事上陸を果たすのです。

小気味良いくらいの清々しい嘘ですね。
さすが親子。
そしてこっそり宮尾城の味方と合流します。

そして嵐も収まった翌朝10月1日、ついに毛利の逆襲が始まります。

月岡芳年『大日本名将鑑毛利元就』/wikipediaより引用

前から後ろから容赦なく攻め立て、数で勝る陶軍を見事に大混乱へ叩き落しました。
我先に助かろうとして、無事な兵も互いに船を奪い合い、沈没あるいは溺死者が続出します。

無事出航した船も村上水軍によって討たれてしまいました。

そんな状態ですから、奥まった本陣にいる晴賢が船に乗ろうとしても当然残っているはずがありません。
ついに諦めた晴賢は、大江浦(別説として高安原)で自刃しました。

毛利氏の本姓が大江氏であることを考えると、なかなか因果なものを感じますね。
ちなみに晴賢を引き止めてくれた弘中隆包ひろなかたかかねは、その後も2日間粘り続けましたが、最後の一兵まで戦い全滅しました。

 

戦場となった聖域をきちんとお掃除した元就

こうして後に頼山陽が【日本三大奇襲】の一つとした厳島の戦いは、毛利側の完全勝利となったのです。

陶軍の死者は4,000人を超えたといわれており、毛利方の兵数とほぼ同等。
諸説ありますが、これは全軍からみた割合だとおおよそ1/4~1/8弱に該当します。

現在の軍事的にいえば「全滅」が「直接戦闘する兵の3割が死亡」であり「壊滅」が(同じく5割が死亡)にあたります。
ちなみにこの上は「殲滅」(全員死亡)しかありませんので、毛利軍のパーフェクト完勝ぐらい凄まじいものでした。

元就さんマジパネェ。

そして元就の凄いところは、戦後処理も見事だったことでしょう。

特に厳島の戦いの後は、神域を汚したお詫びとして社殿を洗い清めた上、島表面の土を削り落として徹底的に血の臭いを消したそうです。
その後も社殿の整備や島の保全に勤めるなど、万全なアフターフォローをしています。

そのおかげか、神社側が毛利家を責めたとか、朝廷からお咎めを食らったとかいうことはなかったようです。

さすがに一代で地方領主から8カ国の支配者になった方ですね。
元就さんの生涯をご覧いただきたい方は、以下の記事も合わせてご覧ください。

3分でわかる毛利元就75年の生涯!なぜ一代で中国地方8カ国を制覇できた?

毛 ...

続きを見る

3分でわかる毛利隆元(元就の長男)失って初めて実感する偉大さ優秀さ

永 ...

続きを見る

毛利元就を大大名に押し上げた『厳島の戦い』 勝因は元就の謀略ではなく女性だった!?

& ...

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
『戦国武将合戦事典(吉川弘文館)』(→amazon link
『戦国人名辞典(吉川弘文館)』(→amazon link
『戦国人名事典(新人物往来社)』(→amazon link
『戦国時代人物事典(学習研究社)』(→amazon link
国史大辞典
厳島の戦い/wikipedia

 



-毛利家
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.