イラスト/富永商太

織田家 信長公記

織田軍が北陸で謙信と激突? 勝家とケンカした秀吉は……信長公記148話

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
織田軍の北陸遠征
をクリックお願いします。

 

織田軍中心メンバーが勝家に率いられ

北陸遠征の武将たちは以下のようなラインナップでした。

柴田勝家
滝川一益
羽柴秀吉豊臣秀吉
丹羽長秀
・斎藤新五
・氏家直通
安藤守就
稲葉一鉄
・不破光治
前田利家
佐々成政
・原政茂
金森長近

上記のメンバーに若狭衆が加わり、彼らは添川と手取川を越え、小松村・本折村・阿多賀・富樫などを焼き払いながら進軍しました。

現在の石川県小松市~加賀市にあたります。

謙信方についた一向一揆衆が、このあたりで織田軍の進軍を妨害していたため、対処しながら進まなければならなかったのです。

そのため、普通に通過するよりも時間がかかってしまった上、ここで一つ問題が起きました。

秀吉が勝家と仲違いし、勝手に陣を引き上げてしまったのです。

 

信長公記に合戦の記録がないのはナゼか

戦線離脱など当然許されることではありません。

秀吉にしても、勝家との間によほど頭にくるようなことがあったのでしょう。

ただし、その理由は信長公記だけでなく、他の史料でもわかっていません。

信長は当然激怒したそうで、信長公記では「秀吉は進退に窮した」とまで記されておりますが、その後、特に大きな処罰はされておらず、不可解なことに実質不問にされています。

それどころか秀吉は、その後、中国地方の上月城攻略で大活躍をして、褒美を貰いました。勝手に戦線を離れた代わりに、戦働きでマイナス分を取り返そうとしたようにも見受けられます。

では、北陸に残された織田軍は?

通説ではこの後に【手取川の戦い】が起きたとされ、柴田勝家率いる織田軍は謙信に大敗します。

謙信が軍神とされる理由の一つでもありますね。

ただ、残念なことに信長公記にはまったく記載がありません。次回の話が、割と重大な話題ですので、著者の太田牛一が書き漏らしたのでしょうか……。

当初は信長も北陸へ出陣する予定だったのが、その重大案件に対応するため取りやめられたともいわれています。

その事件とは……?

松永久秀に関するもので、詳細はまた次回へ。

手取川の戦い自体は、以下の記事に詳細がございますので、よろしければご覧ください。

あわせて読みたい関連記事

手取川の戦いとは? 秀吉が戦線離れて、謙信が勝家をフルボッコ!

続きを見る

織田信長は意外と優しい!? 生誕から本能寺まで49年の史実解説【年表付】

続きを見る

柴田勝家(織田家の重臣)当初は信長の敵だった鬼柴田62年の生涯まとめ!

続きを見る

豊臣秀吉 62年の生涯まとめ【年表付き】多くの伝説はドコまで本当か?

続きを見る

信長もドン引いた長連龍の倍返し! 能登の武将が行った徹底的リベンジ

続きを見る

滝川一益こそ信長家臣で最強のオールラウンダー!62年の波乱万丈な生涯まとめ

続きを見る

丹羽長秀65年の生涯をスッキリ解説!信長に「友であり兄弟」と言われる間柄

続きを見る

稲葉一鉄(稲葉良通)は斎藤高政(義龍)の叔父? 勇猛だった美濃三人衆!

続きを見る

前田利家(織田家の重臣)血気盛んな槍の又左は加賀百万石をどう築いた?

続きを見る

佐々成政が信長の側近から秀吉の反逆者へ! 悲運の生涯53年まとめ

続きを見る

金森長近85年の生涯をスッキリ解説!信長親衛隊 赤母衣衆から大名へ

続きを見る

武田信玄が戦国最強「甲斐の虎」と呼ばれる理由~知略に塗れた53年の生涯

続きを見る

安藤守就は信長に従った西美濃三人衆の一人~知られざる不憫な最期とは?

続きを見る

長篠の戦いで信長の戦術眼が鬼当たり!真の勝因は土木工事? 信長公記121話

続きを見る

信長から輝宗への手紙「関東を攻めるときは連携だ!」信長公記146話

続きを見る

信長公記をはじめから読みたい方は→◆信長公記

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
太田 牛一・中川 太古『現代語訳 信長公記 (新人物文庫)』(→amazon
日本史史料研究会編『信長研究の最前線 (歴史新書y 49)』(→amazon
谷口克広『織田信長合戦全録―桶狭間から本能寺まで (中公新書)』(→amazon
谷口克広『信長と消えた家臣たち』(→amazon
谷口克広『織田信長家臣人名辞典』(→amazon
峰岸 純夫・片桐 昭彦『戦国武将合戦事典』(→amazon

TOPページへ

 



-織田家, 信長公記

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.