絵・小久ヒロ

織田家 信長公記

勇将・磯野が織田家を去り 三木城・別所が秀吉を裏切る~信長公記161話

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
信長公記160話
をクリックお願いします。

 

お好きな項目に飛べる目次

別所長治が離反!三木城に立て籠もる

さらに半月ほど経った2月23日のこと。

羽柴秀吉豊臣秀吉)が再び播磨へ出陣しました。

秀吉はこの年の正月から安土にいたようで、元日と4日に信長・信忠の茶会に参加。その後はおそらく、自分の領地や長浜城の政務などを片付けていたのでしょう。

それから前線に戻った秀吉は、別所長治の与力・加須屋武則の城を借りて兵を入れました。

自分は書写山(姫路市)に登り、砦を築いて腰を据えています。

それから間もなく、長治が離反し、三木城(三木市)に立てこもります。

三木城は書写山と大坂・京都方面の間に位置していましたので、秀吉から見れば、背後を塞がれたような形です。

古今東西、二方面以上の敵を同時に相手取るのは難しいもの。毛利氏攻略同様に、三木城攻略も長引くことになります。

次にこの話題が出てくるまで少し間が開きますので、またそのとき改めて経緯をお話します。

あわせて読みたい関連記事

越前一向一揆は信長自ら鎮圧! キッカケは旧朝倉家の内紛 信長公記125話

続きを見る

磯野員昌とは~織田vs浅井のキーマンだった猛将の生涯【戦国浅井家臣譚】

続きを見る

津田信澄は信長の甥っ子で信勝の子で光秀の婿殿! そして非業の死を迎える

続きを見る

織田信勝(織田信行) 信長に謀殺された弟は当主の器だったか?

続きを見る

織田信長は意外と優しい!? 生誕から本能寺まで49年の史実解説【年表付】

続きを見る

明智光秀55年の生涯まとめ! なぜ織田家の出世頭は本能寺に襲いかかったか

続きを見る

本能寺の変、真相は? なぜ光秀は信長を討ったのか 有名諸説を徹底検証!

続きを見る

戦国時代の百姓はタフに生き抜く! 領主を巻き込み 村同士の合戦も辞さぬ

続きを見る

戦国時代はリアル北斗の拳ワールド――食料を奪い人身売買も日常だった

続きを見る

信長公記をはじめから読みたい方は→◆信長公記

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
太田 牛一・中川 太古『現代語訳 信長公記 (新人物文庫)』(→amazon
日本史史料研究会編『信長研究の最前線 (歴史新書y 49)』(→amazon
谷口克広『織田信長合戦全録―桶狭間から本能寺まで (中公新書)』(→amazon
谷口克広『信長と消えた家臣たち』(→amazon
谷口克広『織田信長家臣人名辞典』(→amazon
峰岸 純夫・片桐 昭彦『戦国武将合戦事典』(→amazon

TOPページへ

 



-織田家, 信長公記

© 2020 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)