九鬼嘉隆/wikipediaより引用

織田家

信長考案の鉄甲船! 鉄に覆われた巨大船が毛利・村上水軍を破った!?

天正六年(1578年)の9月30日、信長が鉄甲船という新しい船のお披露目をしました。

鉄の甲(かぶと・よろい)の字が意味する通り、鉄を装甲に使った船……ではないか?といわれています。

なぜスパッと言い切れないか?

というと、この船に関する記録があまりにも心もとないのです。

 

各地の強敵たちが信長を包囲する

まずは作られた経緯から見てみましょう。

当時、織田信長は室町幕府最後の将軍・足利義昭と大ゲンカの真っ最中でした。

織田信長は意外と優しい!? 生誕から本能寺まで49年の史実解説【年表付】

続きを見る

足利義昭(覚慶)は信長と共に上洛し、対立! 京を追放された61年の生涯

続きを見る

義昭は1573年【槇島城の戦い】で信長と戦い、これに敗れて京都を追い出されてから毛利家に身を寄せておりましたが、まだ諦めたワケではなく、四方へ書状を出して信長包囲網を敷かせておりました。

槇島城の戦いで室町幕府滅亡! 意外と緻密だった将軍の戦略【信長vs義昭】

続きを見る

このとき残っていた包囲網の諸勢力は

【北陸方面】
上杉謙信

【中国】
毛利輝元

【大坂】
石山本願寺

と言ったメンツです。

すでに武田信玄は亡くなっており、信長の本拠地近くでプレッシャーを与えていた浅井長政朝倉義景も他ならぬ信長に滅ぼされております。

武田信玄が戦国最強「甲斐の虎」と呼ばれる理由~知略に塗れた53年の生涯

続きを見る

浅井長政29年の生涯をスッキリ解説! 血は皇室へ続いた【信長を裏切った男】

続きを見る

朝倉義景が2度も信長包囲網を失敗したのはなぜ? 煮え切らない41年の生涯

続きを見る

それでもかなり豪華なメンツが残っておりますね。

見方を変えれば、織田家が、これだけの強敵を相手に対抗できる力を有していたとも言えます。

 

立ち向かう信長オールスターズ

この強烈な包囲網に対し、織田家は各武将が対抗して当たりました。

信長自らが出向せずとも、各方面で戦える人間がたくさんいたのです。

この頃の信長軍団の顔ぶれを見てみましょう。

いずれも織田家躍進のもとになった勇将たち。この強力メンバーの中で、一人心もとない人物がいました。

信長の父・織田信秀の代から仕えてきた佐久間信盛です。

この人は【退き佐久間】と言われるくらい殿(しんがり・軍が退却するときに一番後ろになる部隊)が上手だとされていましたが、自分から攻める戦はあまり得意ではなかったようです。

というか、佐久間が対峙していた石山本願寺は鉄砲集団・雑賀衆を擁し、さらには毛利も見方につけ、非常に強力な存在でした。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-織田家
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.