絵・小久ヒロ

織田家 信長公記

東北の戦国武将らが次々に信長へ献上!あの悪屋方の弟も~信長公記184話

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
信長公記184話
をクリックお願いします。

 

安土城に感動し「一生の思い出になります」て……

南部政直とは、おそらく168話(天正六年・1578年)に出てきた南部政直(宮内少輔)と同一人物だと思われます。

津軽ですから、これまた東北ですね。

陸奥の南部氏が信長に鷹を献上! 信忠は自ら育てた四羽を贈る~信長公記168話

続きを見る

南部政直は、あれから一年間滞在していたのか。あるいは安土を再訪したのか。

まぁ、普通に考えれば後者のほうが可能性は高そうですよね。

石田・前田・南部の三人は安土城天守閣を見て感動し、「一生の思い出になります」と言っていたとか。

思わず石田三成前田利家が並んでいる姿も想像してしまいますが、ともかくホンワカしていて、なんだか東北からの修学旅行生のようですね。

遠野孫次郎には返礼として、以下の三点が贈られました。

①織田家の紋が入った衣服 十重

「表裏の色がそれぞれ十色ずつあった」と書かれていますので、おそらく表裏の生地が違う「袷(あわせ)」の着物だと思われます。

②白熊の尾 二本

これは漢字そのままの「シロクマ」ではなく、「はぐま」と読みます。この場合はヤクを示すため、「白いヤクの尾」が二本ということです。

ヤクは日本には生息しておらず、その毛はインドや中国などから輸入され、兜や槍の飾りとして武士に好まれていました。

「家康に過ぎたるものが二つあり、唐の頭に本多平八」という文句がありますが、この”唐の頭”はヤク毛の飾りがついた兜を意味しています。

③虎の毛皮 二枚

使者の石田主計にも、衣服五重と旅費として黄金が下賜され、主計は感動して帰っていったそうです。

 

宗論勝者にも銀子を振る舞い

8月2日には、同年5月に【安土宗論】で勝利した浄土宗の僧侶たちに銀子を送っています。

安土宗論
安土宗論で信長に斬首刑とされた者も!法華宗vs浄土宗の結末~信長公記181話

続きを見る

主に発言していた聖誉貞安に銀子50枚。

宗論の会場となった浄厳院の長老に銀子30枚。

審判を務めた日野の景秀鉄叟に銀子10枚。

宗論の発端でありながら、冷静に対応した関東の霊誉玉念に銀子10枚。

なかなか気前のいい配りっぷりですね。

8月6日、今度は近江国中の力士を召し寄せ、安土山で相撲を取らせています。

その中で、甲賀の伴正林(とも しょうりん)という18~9歳の若者が七人抜きをし、翌7日にも良い取り組みを見せたため、信長は早速彼を召し抱えました。

この頃、鉄砲屋与四郎という者が罰されて牢に入れられていたので、彼の私宅や財産を没収し、正林に与えたといいます。

他にも知行100石・金銀飾りの太刀・脇差大小・小袖・馬・馬具一式が正林に与えられたのですから、相撲取りになって一発出世する道もあったんですね。

そして8月9日には、柴田勝家が加賀へ出陣、阿多賀・本折・小松(いずれも小松市)の入り口まで焼き払い、稲田を薙ぎ払って帰陣したことが書かれています。

柴田勝家
柴田勝家はなぜ秀吉に敗れたか?織田家を支えた宿老62年の生涯とは

続きを見る

この時点の北陸戦線については膠着状態にありましたので、上杉氏などに対する軽い牽制といったところでしょうか。

次回は、裏切者・荒木村重のターニングポイントとなる出来事が起こります。

あわせて読みたい関連記事

織田信長
史実の織田信長はどんな人物?麒麟がくる・どうする家康との違いは?

続きを見る

柴田勝家
柴田勝家はなぜ秀吉に敗れたか?織田家を支えた宿老62年の生涯とは

続きを見る

大宝寺義氏
悪屋方と呼ばれた戦国武将・大宝寺義氏~自身は滅ぶも「庄内」を残す

続きを見る

鮭延秀綱
最上家の戦国武将・鮭延秀綱~勇猛実直な名将が御家騒動を長引かせ

続きを見る

伊達政宗
伊達政宗の派手な逸話はどこまで本当か?史実の生涯70年を検証まとめ

続きを見る

愛姫(陽徳院)伊達政宗の正室
政宗の正妻・愛姫(陽徳院)が背負った名門の重責~坂上田村麻呂の家

続きを見る

堀秀政
信長に寵愛され秀吉に信頼された堀秀政~名人久太郎38年の武将人生

続きを見る

陸奥の南部氏が信長に鷹を献上! 信忠は自ら育てた四羽を贈る~信長公記168話

続きを見る

安土宗論
安土宗論で信長に斬首刑とされた者も!法華宗vs浄土宗の結末~信長公記181話

続きを見る

信長公記のバックナンバーをご覧になりたい方は→『信長公記

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
太田 牛一・中川 太古『現代語訳 信長公記 (新人物文庫)』(→amazon
日本史史料研究会編『信長研究の最前線 (歴史新書y 49)』(→amazon
谷口克広『織田信長合戦全録―桶狭間から本能寺まで (中公新書)』(→amazon
谷口克広『信長と消えた家臣たち』(→amazon
谷口克広『織田信長家臣人名辞典』(→amazon
峰岸 純夫・片桐 昭彦『戦国武将合戦事典』(→amazon

TOPページへ

 



-織田家, 信長公記

×