波多野秀治

波多野秀治/wikipediaより引用

諸家

丹波の戦国武将・波多野秀治! 信長を裏切り光秀に追い込まれた生涯とは

こちらは3ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
波多野秀治
をクリックお願いします。

 

裏切りの代償はあまりにも重かった…

ひとまず明智軍を駆逐した秀治。

光秀は他地域も攻略しつつ、丹波でも一歩ずつ確実に波多野氏の支城を落としていきました。

天正7年(1579年)になると、丹波に腰を据えて波多野・赤井討伐を本格化させ、両氏はたちまち危機的状況に陥ります。

その前年には、赤井氏の棟梁として名を馳せていた直正が病死。

彼らは積極的な軍事行動に出られなくなっていました。

光秀は、波多野氏攻略を優先します。

波多野氏の本拠である八上城は三里四方を明智軍に囲まれ、堀や柵による厳重な設備を建設された結果、獣一匹通れぬほどの包囲を受けるのでした。

八上城本丸部分/photo by MassAve975 wikipediaより引用

やむを得ず籠城戦を強いられた秀治サイドの事態は深刻でした。

場内では餓死者が続出。

それでもあくまで徹底抗戦を主張した秀治は、ひそかに城の脱出を試みる者を切り捨て、降伏勧告にも応じない強固な姿勢を崩しません。

秀治も、ただ黙って光秀の猛攻を耐え忍んでいたわけではありません。

彼が丹波攻略を本格化させた天正7年(1579年)、秀治は兵庫屋惣兵衛という商人に対して徳政を免除しています。

食料を含む物資不足対策として商人との関係強化を図ったのでしょう。

しかし、戦国史研究家の谷口克広氏は「包囲の中で果して実効があったのであろうか」と、その効果を疑問視しております。

そんなご指摘の通り、波多野氏・八上城の苦境は全く改善できず、徳政免除のわずか三か月後には、前述の支城・氷上城が落城し、ここを守る一族の波多野宗長・宗貞親子は自害に追い込まれました。

 

最後まで玉砕の覚悟を固めていたが

それでもなお、頑強に抵抗をつづけた波多野秀治。

ついには諦めて降伏し、八上城も落城してしまいました。

八上城のある高城山/wikipediaより引用

なお、この際に光秀が自分の母を人質として和議を申し入れ、これに応じた波多野秀治・波多野秀尚兄弟が城から姿を現したところを捕らえたという記載が史料にありますが、これについては全くの虚説に過ぎません。

実態は、餓死者の続出に耐えかねた家臣らの裏切りによってもたらされた落城であり、秀治自身は最後まで玉砕の覚悟を固めていたといいます。

ともかく光秀によって捕らえられた秀治は、裏切りの見せしめとして市中引き回しの後、安土に送られて磔に処される――という酷い最期を迎えました。

同時に弟も処刑されたことにより、波多野氏は滅亡(1579年6月2日)。

兄弟共に生年不明のため、享年もわかりません。

まもなく赤井氏も光秀によって攻め滅ぼされ、織田家による丹波平定はここに達成されます。

先ほどは裏切りの動機を検討してみましたが、正直、ここまで強固に徹底抗戦を主張したことには違和感を覚えます。

赤井氏への義理立てだとしても。

信長への恐怖だとしても。

彼がなぜ、これほどの決意をもって信長に対峙したのか、納得しきれないのです。

異常なほど情に厚いか、はたまた強情な性格をしていたか…。

いずれにせよその決断によって波多野氏が滅んでしまったという事実は残ってしまいました。

あわせて読みたい関連記事

織田信長
織田信長 史実の人物像に迫る!生誕から本能寺まで49年の生涯まとめ年表付

続きを見る

明智光秀
明智光秀の史実を振り返る!麒麟がくるとは何が違ったか?55年の生涯まとめ

続きを見る

赤井直正
光秀を最も苦しめた丹波の武将・赤井直正(悪右衛門尉)50年の生涯まとめ

続きを見る

三好長慶
三好長慶が戦国畿内を制す! 信長にも影響を与えた隠れ天下人43年の生涯

続きを見る

戦国関白・近衛前久は謙信や信長とマブダチ~本能寺後に詠んだ南無阿弥陀仏

続きを見る

松永久秀
松永久秀は爆死に非ず~信長を2度裏切るも実は忠義の智将70年の生涯

続きを見る

正親町天皇は光秀&信長&秀吉とどんな関係を築いたか? 77年の生涯

続きを見る

毛利元就の手腕鮮やか!一体どんな策や合戦で中国地方8カ国を支配したか?

続きを見る

足利義昭(覚慶)61年の生涯! 信長と共に上洛し京を追われてどうなった?

続きを見る

文:とーじん

【参考文献】
国史大辞典
織田信長家臣人名大辞典(吉川弘文館)』(→amazon
『信長と消えた家臣たち(中央公論新社)』(→amazon
『織田信長の家臣団―派閥と人間関係(中央公論新社)』(→amazon
『現代語訳 信長公記 (新人物文庫)』(→amazon

TOPページへ

 



-諸家
-,