徳川頼宣

徳川頼宣/wikipediaより引用

江戸時代 徳川家

徳川頼宣(家康の十男)が豪気! 紀州藩祖は謀反疑惑も笑って「めでたい!」

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
徳川頼宣
をクリックお願いします。

 

私の名前で謀反とはめでたい!

ときは移って慶安四年(1651年)、甥っ子の三代将軍・徳川家光が亡くなった後の話です。

将軍位そのものは無事四代・徳川家綱に受け継がれたのですが、このときまだ11歳。

当然ながら自分だけで政務を行うことはできません。

徳川家綱
徳川家綱(四代将軍)を地味将軍と言うなかれ 実は好感度エピ満載な人物

続きを見る

このスキを狙って、家光までの時代に改易などの理由で増えていた浪人たちが「幕府ひっくり返そうぜ!」と良からぬことを企てます。

慶安4年(1651年)に起きた、いわゆる【由井正雪の乱】ですね。

由比正雪の乱
成功するわけねぇ!由比正雪の乱は計画が杜撰すぎてアッサリ鎮圧

続きを見る

同事件は事前に計画がバレ、大事には至らなかったのですが、首謀者達がよりによって「頼宣からとされる手紙」を持っていたのです。

さぁ大変!

人材の出自にこだわらなかったためこんなことになるとは、頼宣自身も思っていなかったでしょう。

しかし、頼宣は最終的に何のお咎めも受けておりません。

幕府に対する釈明の仕方がまたカッコよくて、普通の人物とは一味違う見事なものでした。

「これはめでたい。他の大名ならいざ知らず、私の名前で謀反を起こしたことにするとは、幕府が安泰な証である」

つまり「これが外様大名なら本当に関与していた可能性が高いが、将軍の身内である私が謀反を起こすわけはないのだから、幕府は安泰だ」という意味です。

この開き直り……もとい堂々たる態度は、伊達政宗の「セキレイの目」とか「白装束で十字架持参」と同じニオイを感じますね。

伊達政宗
伊達政宗 史実の人物像に迫る!ド派手な逸話も検証する生涯70年まとめ

続きを見る

二人に関するエピソードはあまりありませんが、気性は似通ってたかもしれません。

 

嫁の棺に付き添って和歌山まで帰国するほど愛し

パッと見わかりづらいこの弁明は幕閣にあっさり受け入れられたようです。

頼宣はそれから約10年間、目をつけられて国許へは帰れなかったものの、それ以外には大したペナルティも受けずに済みました。

覇気のありすぎる性格を警戒されたためともされています。

その後は穏やかに暮らしたらしく、嫡男・光貞に家督を譲るまで頼宣の行動に関する記述はありません。

しかし一つ特筆させていただきたいことがあります。

正室の八十姫が江戸屋敷で亡くなったとき、頼宣は棺に付き添って和歌山まで帰っているのです。夫婦仲が良かったとされる大名は他にもいますが、ここまでした人はおそらく頼宣ぐらいでは?

頼宣が実家を失くした(※注)八十姫へ一方的に同情していたわけでもなく、姫のほうも生前頼宣のために仏像を奉納していたりと、まさに相思相愛だったことがわかります。

※注:八十姫の実家加藤家は二代目・加藤忠広の代で改易

生まれは遅かったものの、情も濃く覇気に富んだ頼宣。

まさに”遅れてきた戦国武将”と呼ぶに相応しい人物だった気がしてなりません。

みんなが読んでる関連記事

織田信長
織田信長 史実の人物像に迫る!生誕から本能寺まで49年の生涯まとめ年表付

続きを見る

徳川家康
徳川家康 史実の人物像に迫る!生誕から大坂の陣まで75年の生涯 年表付

続きを見る

三方ヶ原の戦い(武田vs徳川)で信玄が家康に完勝! 謎多き戦場を歩く

続きを見る

武田信玄
史実の武田信玄は最強の戦国大名だった?人物像に迫る生涯53年まとめ

続きを見る

桶狭間の戦いで信長が勝てたのは必然か『信長公記』にはどう書かれた?

続きを見る

桶狭間直後の家康は自害しようとした?大高城~岡崎城の撤退ルートを探る

続きを見る

徳川義直
徳川義直(家康の九男)は家光と火花バチバチ! 尾張徳川家・初代の生き様

続きを見る

加藤清正
加藤清正が熊本城を築き迎えたナゾの死 秀吉子飼いの人気武将その生涯

続きを見る

徳川家綱
徳川家綱(四代将軍)を地味将軍と言うなかれ 実は好感度エピ満載な人物

続きを見る

伊達政宗
伊達政宗 史実の人物像に迫る!ド派手な逸話も検証する生涯70年まとめ

続きを見る

由比正雪の乱
成功するわけねぇ!由比正雪の乱は計画が杜撰すぎてアッサリ鎮圧

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
『江戸の備忘録 (文春文庫)』(→amazon
徳川頼宣/wikipedia
瑤林院/wikipedia
kirin

TOPページへ

 



-江戸時代, 徳川家