松平定政

こちらは松平定政の父である松平定勝/wikipediaより引用

徳川家

家康甥っ子・松平定政が狂気の沙汰「ボクは領地を要りましぇ~ん」

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
松平定政
をクリックお願いします。

 

由比正雪の乱の一因とされた!?

実害とは他でもありません。

騒動直後の慶安4年(1651年)4月に【由比正雪の乱】が勃発したのです。

由比正雪の乱
成功するわけねぇ……由比正雪の乱は計画が杜撰すぎてアッサリ鎮圧

続きを見る

由比正雪の乱は、かなり大雑把な計画だったため、クーデターとしては全く成功しておりません。

しかし、由比正雪が行動を起こした理由として、

「松平定政が、人々を救済しようとして起こした行動(領地返上等)を幕府が無碍に扱った」

ということが挙げられていたのです。

同時に、当時の権力者である「知恵伊豆」こと松平信綱への批判も含まれておりました。

松平信綱知恵伊豆
5才で将来を決めた天才・松平信綱「知恵伊豆」欠点はツマランこと?

続きを見る

 

三人の息子達は江戸に戻って旗本に

寛文12年(1672年)、定政は預かりの身のまま、松山で生涯を閉じました。

享年63。

三人の息子達は許され、江戸に戻って旗本になっています。

血筋が絶えてしまった人もいますが、この経緯では許されただけまだマシかもしれません。将軍の親族としては奈落の底に真っ逆さまといっても過言ではありませんけども。

ついでに言うと、定政の出家から9年後には、定政の姪の婿だった大名・堀田正信がやっぱり突然領地を返上し、同じく幕府から(#^ω^)ピキピキな扱いを受けました。

模倣犯っていつの時代もいるもんなんですね。

家康イトコの水野勝成も父親に勘当されて全国を放浪するなど、かなりぶっ飛んでいましたが、水野も松平も、家康の親戚ってなかなか個性的で面白いですよね。

あわせて読みたい関連記事

松平広忠
家康の父・松平広忠の最期は不審死~織田と今川に挟まれた苦悩の24年

続きを見る

於大の方(伝通院)
於大の方(家康の母)はなぜ家康を産んですぐ離縁?75年の生涯まとめ

続きを見る

大坂夏の陣
大坂夏の陣~全貌がわかる各武将の戦闘まとめ~幸村や又兵衛の散り際

続きを見る

徳川家綱
四代将軍・徳川家綱を地味将軍と言うなかれ 実は好感度エピ満載な人

続きを見る

織田信長
史実の織田信長ってどんな人?生誕から本能寺まで49年の生涯まとめ

続きを見る

織田信勝(織田信行)
兄・信長に誅殺された織田信勝(織田信行)そもそも当主の器だった?

続きを見る

豊臣秀吉
ド派手すぎる豊臣秀吉の逸話はドコまで本当か?62年の生涯まとめ

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
『御家断絶―改易大名の末路 (別冊歴史読本 15)』(→amazon
松平定政/Wikipedia

TOPページへ

 



-徳川家

×