絵・富永商太

豊臣家

小早川秀秋は本当に裏切り者だったのか? 21歳で死亡した秀吉の養子

投稿日:

慶長七年(1602年)10月18日、関が原の裏切り者として知られる小早川秀秋が亡くなりました。

天正十年(1582年)生まれなので、数えで21歳という若さです。
本能寺の変の年に生まれているという時点で既に不吉というか何というか。

裏切りだけがクローズアップされているため、彼の生まれ育ちについて注目されることは少ないと思います。
ということで、本日は彼の生涯について見ていきたいと思います。

 

小早川秀秋は秀吉の妻ねねの甥っ子

小早川秀秋は、秀吉の妻・寧々ねね北政所高台院)の甥っ子として生まれました。
父親は、寧々の兄である木下家定。一門衆としてそれなりのポジションにいたお人です。

その息子である秀秋は1585年、三歳のときに、子供がおらず跡継ぎに困っていた秀吉の養子となりました。
一時は秀吉自身の甥っ子・豊臣秀次と共に後継者候補として見られ、他の大名たちからもそれなりの扱いをされております。

秀次は永禄十一年(1568年)生まれでだいぶ年が離れていますので、ライバルというよりは
【秀吉→秀次→秀秋】
の順で継承していくと考えられたのでしょう。

秀次は子福者だったため、もし秀次が跡を継いでいた場合は彼の息子に系統が移ったかもしれませんが……まあIFの話を広げてもあまり意味はありませんね。

しかし天正十六年(1593年)、秀吉と淀殿の間に豊臣秀頼が生まれると、秀秋も秀次も一気に立場が変わってしまいます。

乳飲み子がすぐに跡を継げるわけでもないのに、ボケ始めかと思われる秀吉が
『次は秀頼に継がせるから、お前ら引っ込めよ……』
的な行動を始めたのです。

この時点で「秀頼が幼いうちは秀次に継がせて、10年、20年したら跡を譲るように。秀秋はその補佐な」ということにでもしておけば、豊臣家が存続した可能性はあるでしょう。
自分が生きているうちに決めておかないと気が済まなかったのかもしれませんけども、養子まで疑うとか何のために縁組したんだよって感じですし。

こうして二人の養子に対するイジメが始まるのですが、秀次のように自害という最期にならなかっただけ秀秋はマシだったかもしれません。

豊臣秀次28年の生涯をスッキリ解説!なぜ秀次は自害へ追い込まれたのか

文 ...

続きを見る

駒姫(最上義光娘)の処刑は理不尽の極み!東国一の美女が秀次切腹に巻き込まれ

た ...

続きを見る

「毛利輝元殿にはお子さんがいないって聞いたんだけど、秀秋様を毛利家でもらってくれんかね」

そんな話が出てきたのです。
申し入れたのは黒田官兵衛だったといわれています。

 

毛利家に押し込もうとして小早川へ

秀秋の毛利家当主就任――。
実質的に毛利が豊臣のものになることを危惧した小早川隆景(元就の三男)が機転を利かせます。

「いやーすみません、本家の跡継ぎはこの前決まったばかりなんですよHAHAHAHAHA! 代わりに私の養子として来ていただけませんか?」(※イメージです)

そんなウルトラC級の言い訳を使って神回避を見せてくれたため、毛利家を継ぐことにはなりませんでした。

文禄3年(1594年)かくして秀秋は小早川隆景の養子となって小早川家に入り、毛利輝元の養女(宍戸元秀の娘)を妻に迎え、物理的にも精神的にも豊臣家から離れることになったのです。

毛利三本の矢・小早川隆景はキレ者!王佐の才は元就にも秀吉にも重宝され

戦 ...

続きを見る

翌年1595年には関白豊臣秀次事件の影響で丹波にあった所領を没収されてしまいますが、隆景から筑前や筑後、肥前などの所領を譲り受け、名島城を居城とします。

なお、文禄・慶長の役(朝鮮出兵)での活躍はあまり伝わっておりません。
慶長の役では釜山城で城番を務め、配下の山口正弘が【蔚山の戦い】にて活躍したとされます。

ついでですから、慶長の役での各武将の役割も見ておきましょうか。

1番隊:小西行
2番隊:加藤清正
3番隊:黒田長政・島津豊久
4番隊:鍋島直茂・鍋島勝茂
5番隊:島津義弘
6番隊:長宗我部元親藤堂高虎
7番隊:蜂須賀家政・生駒一正・脇坂安治
8番隊:毛利秀元宇喜多秀家
釜山城の城番:小早川秀秋
安骨浦城番:立花宗茂
加徳城の城番:高橋直次
竹島城の城番:毛利秀包
西生浦城の城番:浅野幸長

なお、この頃、改名をしています。
本記事では「秀秋」で統一しましたが、それまでは「秀俊」でした。

 

秀吉に裏切られて、むしろ家康こそ恩人

帰国後はそれまでの筑前(現・福岡県)から越前(現・福井県)へ転封。
京・大阪に近くなったものの、石高で見ると約半分という大減封でもありました。

そのため家臣の召し放ち(クビ)をしなくてはならず、幼い頃から支えてくれていた家老も側を離れてしまい、頼りにできる人がほとんどいなくなってしまいます。

秀吉が亡くなった後に筑前に戻っているので、石高とメンツだけは元通りになったのですけども、そのために動いたのが徳川家康だったため、例の裏切りに繋がっていくのでした。

そもそも早くから東軍だと思われ、だからこ石田三成の盟友・大谷吉継が、小早川秀秋の陣取る松尾山の麓に構えていたと言います。

しかし、当日になってさらに
・赤座直保
・朽木元綱
・脇坂安治
・小川祐忠
の4名が秀秋軍に加担して西軍を裏切ったため、大谷軍は崩壊した――そんな見方が自然なような気もします。

なんせ脇坂安治以外は、小川と赤座が改易、朽木が減封処分にされています。東軍の勝利に最大級の貢献したにもかかわらず、です。
まぁ、それだけ土壇場での裏切りが汚い行為だとされたのでしょう。

 

戦後わずか2年で亡くなり御家も潰され

関が原後の小早川秀秋は、功績として宇喜多秀家の旧領・岡山50万石を貰いました。

しかし、秀秋自身がそれからわずか2年で亡くなった上に子供がいなかったので、小早川家は無嗣断絶&改易という最悪の末路をたどります。
もし毛利本家を継いでいたら……ゴクリ……って、別の跡継ぎがいたでしょうか。

死因についてはよくわかっておらず、
「秀秋の裏切りのせいで自害するハメになった大谷吉継に呪われた」
なんて話もありますね。

岡山に移って以降、家臣の出奔や家臣同士の刃傷沙汰など、よろしくないことが立て続けに起きた上で当主が亡くなったのですから、いかにもという話ではあります。

現実的に考えれば、
「自らの行動を悔いてノイローゼ状態になり、自殺した」
辺りが妥当でしょうか。

どうにも「根っからの大悪人」というより「周囲に振り回され続けた哀れな人」というほうがしっくりくるんですよね。

決して不真面目とかバカ殿というわけではなかったらしく、地元では農民保護のため内政を重んじたりと、そこそこ良い領主だったようなので余計残念です。

もし秀秋が、秀頼の後見人だったら?
毛利本家を継いでいたら?
最初から東軍につくことを明言していたら?

「歴史にIFは厳禁である」というのがお馴染みながら、この振り回されっぷりを見るとどうしてもそう考えたくなってしまいます。

毛利三本の矢・小早川隆景はキレ者!王佐の才は元就にも秀吉にも重宝され

戦 ...

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
『秀吉家臣団の内幕 天下人をめぐる群像劇 (SB新書)』(→amazon
『戦国時代人物事典(学習研究社)』(→amazon
小早川秀秋/wikipedia

 



-豊臣家
-, ,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.