まんが戦国ブギウギ

まんが戦国ブギウギ66話 三茄子と三肩衝が揃うとき本能寺に魔人現る!

秀吉の要請に応じて、毛利攻略の準備を進める織田信長。自身はわずかな伴を引き連れ、一足先に本能寺へ歩を進めた。

茶会を開くためである。

茶や茶器に特別な価値を見い出し、これを大いに利用した信長は、自身が最大の茶器コレクターでもあることはよく知られた話であろう。

天下三茄子や天下三肩衝など、至高の名物を今まさにコンプリートしようと画策していた、まさにそのとき。

13,000の兵を引き連れ亀山を発した明智光秀は、己の人生を賭した岐路に立たんとしていた――。

 

お好きな項目に飛べる目次

お好きな項目に飛べる目次

本能寺入り

◆商売の保護と引き換えに島井宗室が織田信長へ献上する予定だった楢柴肩衝。

織田信長
織田信長 史実の人物像に迫る!生誕から本能寺まで49年の生涯まとめ年表付

続きを見る

実際は本能寺の変勃発により実現せず、色々と紆余曲折を経て最終的には豊臣秀吉のもとへ……。

本能寺の変
本能寺の変で光秀はなぜ信長を裏切ったか 諸説検証で浮かぶ有力説は?

続きを見る

結局、太閤殿下の一人勝ちってやつですな。

豊臣秀吉
豊臣秀吉 数々の伝説はドコまで本当か? 62年の生涯まとめ【年表付き】

続きを見る

 

小姓三兄弟

◆茶器の価値って、本当に現代人の我々には理解し難いものですよね。

徳川家康の孫である松平忠直が、大坂の陣で真田幸村を討ち取った褒美「唐物肩衝茶入・銘初花」。

徳川家康
徳川家康 史実の人物像に迫る!生誕から大坂の陣まで75年の生涯 年表付

続きを見る

真田幸村(真田信繁)
真田幸村(信繁)史実の人物像に迫る!生誕から大坂の陣まで45年の生涯

続きを見る

知っている者であれば【一国の価値より高い!】と狂喜乱舞するところですが、武辺者の忠直はそんなことつゆ知らず、これを投げつけ割ってしまいます。

そんなもんより領地を寄こせ!ってな話でしょう。

松平忠直(家康の孫)はなぜ徳川家と上手くいかない? 幸村を討ち取ったのに

続きを見る

だからこそお金に余裕のある方たちだけが、茶器に法外な値付けをしたりするのかもしれませんが

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-まんが戦国ブギウギ

© 2021 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)