まんが戦国ブギウギ

まんが戦国ブギウギ73話 いくぞ左馬助の湖水渡り! そのころ安土城は……

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
戦国ブギウギ73話
をクリックお願いします。

 

お好きな項目に飛べる目次

お好きな項目に飛べる目次


変な板

◆若い頃から秀吉と一緒に信長に仕え、家族ぐるみで付き合ってきた前田利家

前田利家
前田利家~槍の又左62年の生涯~信長に追放されてもド派手に復活!

続きを見る

それは利家の愛娘・豪姫が秀吉のもとへ養女に出され、溺愛されたことなどからもおわかりでしょうが、同時に利家はこの頃、柴田勝家の傘下として北陸を調略しておりました。

言わば仲の良い上司と部下っすな。

柴田勝家
柴田勝家はなぜ秀吉に敗れたか?織田家を支えた宿老62年の生涯とは

続きを見る

そんな2人の間に、秀吉という人間の評価をめぐり、ちょっとしたズレが生まれたのを今、感じました、私。はい、フラグです。

 


安土炎上

◆安土城は一体誰が焼いたのか?

未だに謎とされながら、一つの説として持ち上げられているのが次男・織田信雄が犯人という説ですね。

織田信雄
織田信雄(信長次男)は本当に愚将だったのか?どうする家康浜野謙太

続きを見る

安土城炎上
信長亡き後に安土城炎上!放火犯は信雄か 明智か それとも秀吉か?

続きを見る

宣教師フロイスから「バカ扱い」されていた信雄は、城を出るとき「大した理由もなく」火を付けていまったというのです。完全にバカ扱いされてます。

ルイス・フロイス
信長や秀吉を描いたルイス・フロイス『日本史』には何が記されたか?

続きを見る

ただ、敵に城を渡すぐらいなら焼いてしまった方が良い、と考えるのは割と普通のことでもありますよね……。

信雄さん、ほんとにアホなの?
何なの? 教えてよ!

今後も、彼の動向は見守っていきたいナリヨ!


あわせて読みたい関連記事

本能寺の変
なぜ光秀は信長を裏切ったか「本能寺の変」諸説検証で浮かぶ有力説は

続きを見る

細川ガラシャ(明智たま)
業火に包まれ死んだ細川ガラシャは父が光秀で夫が忠興 38年の生涯

続きを見る

細川藤孝(細川幽斎)
細川藤孝(幽斎)は文武芸術に通じた光秀の盟友~しかし本能寺後は

続きを見る

細川忠興
明智の妻を偏愛した細川忠興~名門武家 狂気の御曹司83年の生涯とは

続きを見る

明智左馬助(明智秀満)
謎多き光秀の側近・明智左馬助(秀満)史実ではどんな人物だった?

続きを見る

堀秀政
信長に寵愛され秀吉に信頼された堀秀政~名人久太郎38年の武将人生

続きを見る

豊臣秀吉
豊臣秀吉のド派手すぎる逸話はドコまで本当か?62年の生涯まとめ

続きを見る

黒田官兵衛
史実の黒田官兵衛は本当に軍師や天下人の器だったか?生涯59年まとめ

続きを見る

中国大返しは可能か?秀吉と官兵衛による10日間230kmの強行軍を考察

続きを見る

山崎の戦い
明智軍vs羽柴軍「山崎の戦い」で秀吉が勝てた理由~光秀は何処へ?

続きを見る

前田利家
前田利家~槍の又左62年の生涯~信長に追放されてもド派手に復活!

続きを見る

柴田勝家
柴田勝家はなぜ秀吉に敗れたか?織田家を支えた宿老62年の生涯とは

続きを見る

織田信雄
織田信雄(信長次男)は本当に愚将だったのか?どうする家康浜野謙太

続きを見る

安土城炎上
信長亡き後に安土城炎上!放火犯は信雄か 明智か それとも秀吉か?

続きを見る

ルイス・フロイス
信長や秀吉を描いたルイス・フロイス『日本史』には何が記されたか?

続きを見る

本連載の過去作品→戦国ブギウギ
もう一つのマンガ連載→日本史ブギウギ

著者:アニィたかはし
文:五十嵐利休

書籍版『戦国ブギウギ』です!

TOPページへ


 



-まんが戦国ブギウギ

×