まんが戦国ブギウギ

まんが戦国ブギウギ112話 小田原でセンゴクは名を轟かせ三成・尾藤は凹む

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
まんが戦国ブギウギ112話
をクリックお願いします。

 

お好きな項目に飛べる目次

お好きな項目に飛べる目次

鈴なり武者

小田原征伐といえば、秀吉の圧倒的勢力の前にただただ北条が自滅していった――そんなイメージもありますが、もちろん戦闘は起きております。

有名なのが『のぼうの城』で一躍有名になった忍城でしょうか(後述)。

その一方であまり知られてないのが、小田原手前の支城で起きた合戦でしょうか。

例えば、このとき九州攻めで惨敗して改易となっていた仙石秀久が、わずかな手勢で合戦に参加。伊豆山中城で鈴を全面にあしらったド派手な陣羽織で突撃して大活躍しております。

さらに秀久は、小田原城攻めでも虎口(最も危険とされる防御門)に乗り込み、後に秀吉から賞賛されて大名復活を果たすという、アメリカンドリームな話も。

仙石秀久
美濃の戦国武将・仙石秀久が秀吉の下で大出世と大失態!センゴク64年の生涯

続きを見る

一方、同じく九州攻めでヘタを打っていた尾藤知宣は大した働きもなく秀吉の前に出て、結局、手打ちにされてしまいました。

いやぁ、秀吉さんって怖いです。

 

忍城攻略

◆『のぼうの城』で一躍全国区になった「忍城」は、石田三成さんが水攻めで囲みました。

御存知の通り、三成さんは忍城攻めで四苦八苦。

「戦下手」のレッテルを貼られてしまいます。

が、もともとこの城は秀吉が自らのパフォーマンスのため「ただ水で囲んでおけ」という指令が出ていたという話があり、三成さんを無能とするのも可哀想なんすよね……。

忍城の戦い
三成は悪くない『のぼうの城(忍城)』は秀吉が落とす予定だった?

続きを見る

あわせて読みたい関連記事

北条義時
北条義時が頼朝を支え鎌倉幕府を立ち上げ 殺伐とした世で生き残った生涯62年

続きを見る

北条氏綱
北条氏綱・早雲の跡を継いだ名将が関東へ躍進遂げる55年の生涯まとめ

続きを見る

北条氏康
北条氏康・謙信や信玄と渡りあった名将~関東制覇を進めた57年の生涯

続きを見る

北条氏政
北条氏政が暗愚だから小田原は陥落した? 信玄や謙信と戦った名将の生涯53年

続きを見る

北条氏直
秀吉に滅ぼされた関東の雄・北条氏直~生涯30年どんな功績がある?

続きを見る

武田信玄
武田信玄は本当に戦国最強の大名と言えるのか 戦歴や人物像に迫る53年の生涯

続きを見る

今川義元
なぜ今川義元は海道一の弓取りと呼ばれる?42歳で散った生涯とは

続きを見る

名胡桃城事件
北条氏を滅亡へ追い込んだ名胡桃城事件~関東の小城が戦国史を動かす

続きを見る

真田昌幸
真田昌幸は誰になぜ「表裏比興」と呼ばれたのか 65年の生涯で何を成し遂げた?

続きを見る

著者:アニィたかはし
文:五十嵐利休

書籍版『戦国ブギウギ』です!

TOPページへ

 



-まんが戦国ブギウギ

×