大河ブギウギ光る君へ編 光る君へ

まんが『大河ブギウギ 光る君へ編 第22話』一筋縄ではいかない越前国

毎週土曜日13時50分に『光る君へ』をマンガで振り返る――。

第22話の注目は一筋縄ではいかない越前ですね。

クセのある越前介・源光雅がいたり、腹に一物ありそうな朱仁聡が宋人を束ねていたり、そうかと思えば宋人だったはずの周明が流暢な日本語を話し、一体どうなっとんじゃ!……ということで、さっそく漫画で振り返ってみましょう!

 

お好きな項目に飛べる目次

佇む男

◆越前編で最も注目されるのが「周明=ヂョウミン」でしょう。

朝ドラ『スカーレット』で一躍注目されるようになった、松下洸平さん演じる謎多き宋人。

医者設定ということで以下にその考察記事がございますので、よろしければ併せてご覧ください。

周明(光る君へ)
『光る君へ』宋の周明(松下洸平)とは何者?紫式部の知力を強化する存在となる?

続きを見る

 

ラムチャップ

◆肉に慣れてない状態からの羊肉はあまりに辛い。

「何も食べる物がない!」と嘆いていた幕末使節団のことが頭に浮かんでまいりました。

文久遣欧使節団
マズい!醤油をもう一杯!あの福沢も苦労した文久遣欧使節団の食事情

続きを見る

 

アンタッチャブル

◆源光雅が「越前介(えちぜんのすけ)」で大野国勝が「越前掾(えちぜんのじょう)」ですね。

介(すけ)やら掾(じょう)とは何なのか?

というと国司の中でもランク付けがあり、それは以下のような並びでした。

守(かみ)

介(すけ)

掾(じょう)

目(さかん)

藤原為時は越前守(えちぜんのかみ)であるからして、当然、越前国ではトップ。

現地へ出向く受領になればウッハウハというのは、藤原宣孝も語っており、詳しくは以下の記事にもございます。

国司と受領と遙任の違い
平安時代の国司と受領と遙任の違いは何なのか?伊周が飛ばされた大宰府とは?

続きを見る

しかし、まぁ、いくら為時が越前守であろうと、一人で実務すべてを回せるわけがなく……。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-大河ブギウギ光る君へ編, 光る君へ
-

×