まんが日本史ブギウギ

まんが日本史ブギウギ207話 幕末は改革だ!忠邦敗れて雄藩立ち上がる

幕末の雄藩と言えば薩摩と長州。

なぜ両藩が維新にかけて成功したのかと言えば、倒幕の前に改革を断行できたからでしょう。

いずれも商いを充実させる方向で歩み、一方で逆の一手を打ってしまったのが幕府です。

水野忠邦が【天保の改革】を進め……ということで、マンガ『日本史ブギウギ』第207話スタート!

 

お好きな項目に飛べる目次

天保の改革

◆一説には55人もの子をもうけ、「オットセイ将軍」とも呼ばれた徳川家斉が死去。

後に続いたのは影薄将軍筆頭の徳川家慶でした。

水野忠邦を重用して天保の改革に取り掛かるのですが……。

遠山景元は、ドラマ『遠山の金さん』でお馴染みの北町奉行ですね。

天保の改革・水野忠邦
天保の改革で水野忠邦が大失敗! 贅沢を禁じ質素倹約のやり過ぎで余計に混乱

続きを見る

徳川家斉
子供を55人も儲けた11代将軍・徳川家斉~いったいどんな治世だったんだ?

続きを見る

徳川家慶
徳川家慶(12代将軍)ペリー来航の激動期に空気のような存在なのはナゼ

続きを見る

 

刺青奉行

蛮社の獄を強行し、「妖怪」とも呼ばれた鳥居耀蔵

遠山景元の後釜にすわります。

 

株仲間解散令

田沼意次のページでも触れましたが、商業が盛んになった江戸時代株仲間に税を課することで、幕府も安定した税収を確保することができんですよね。

田沼意次はワイロ政治家というより優秀な経済人!? 現代評価の見直し進む

続きを見る

田沼意知 暗殺!佐野政言が江戸城内で斬りつけて~まんが日本史ブギウギ200話

続きを見る

商人がなんでもかんでも悪いのではなく、要は匙加減。

そのへん脳内がアップデートできてないと厳しいのは今も昔も同じで……。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-まんが日本史ブギウギ

© 2021 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)