将軍継嗣問題

まんが日本史ブギウギ

将軍継嗣問題が幕末を大きく動かした! まんが日本史ブギウギ211話

なまじ記録が多く残っていると、ややこしくなるのが歴史。

特にそれが顕著なのが幕末でしょう。

大政奉還はまだ150年前のことです。

戦国時代と違い、幕末維新はそう遠い過去でもなく、例えば大河ドラマ『青天を衝け』でも、尊王攘夷を掲げていた渋沢栄一が、逆サイドの幕府に仕えるなどしてややこしいことになってました。

というか、それを言うなら、開国スタンスだった幕府に対し、御三家である徳川斉昭が強固に「攘夷」を掲げてるのも意味不明ですよね。

徳川の中心人物が、なぜ堂々と幕府に嫌がらせをするのか。

そうかと思ったら、息子である徳川慶喜を将軍に就けようとするし……うーん、なんだかモヤモヤ!

というわけで、幕末の重要なイベント【将軍継嗣問題】に突撃のマンガ『日本史ブギウギ』第211話スタート!

 

お好きな項目に飛べる目次

安政江戸地震

◆江戸幕府の崩壊、その遠因だったと考えられるのが幕末の大地震群です。

巨大地震が12年間で8度も頻発! 江戸幕府が終わったのは震災のせい?

続きを見る

ざっと12年間で8度も起き、関東地方に大打撃を与えたのが【安政の大地震安政江戸地震)】でした。

安政の大地震
安政の大地震(安政江戸地震)が水戸藩や幕府をダメにした? 天災頻発の幕末

続きを見る

水戸藩にとっては思想の柱・藤田東湖を失った最悪の天災。

藤田東湖
藤田東湖(青天を衝け 渡辺いっけい)史実はどんな人? 水戸藩を過激化?

続きを見る

大河ドラマ『青天を衝け』でも取り上げられていましたね。

 

水戸三田

◆「幕末の三舟」と言えば

勝海舟
山岡鉄舟
高橋泥舟

という三人の幕臣がいますが、斉昭のもとにも「水戸の三田」がいました。

この武田耕雲斎が後々、藤田東湖の息子・藤田小四郎に担がれて【天狗党の乱】を起こすのですから、やはり徳川斉昭を起点とした幕府にとっての災厄とも言えますね。

武田耕雲斎
武田耕雲斎と天狗党の乱が日本史上まれに見る悲劇的な最期となった理由

続きを見る

藤田小四郎
藤田小四郎(水戸藩・東湖の息子)が筑波山で挙兵!結果はムゴい斬首刑

続きを見る

 

阿部F・O

島津斉彬とも昵懇だった阿部正弘

阿部正弘
阿部正弘が有能すぎて死後に幕府が崩壊! 勝を抜擢した老中の実力とは

続きを見る

当人は能力の高さだけでなく柔和な姿勢で人柄もよく、周囲から頼られていただけに……その死去は政局に大きな影響を与えました。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-まんが日本史ブギウギ

© 2021 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)