歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

アシリパさん/ゴールデンカムイ 11

ゴールデンカムイ特集

江戸~明治の日露関係史はアイヌを見落としがち!ゴールデンカムイを機に振り返る

投稿日:

漫画『ゴールデンカムイ』の勢いが止まりません。

2016年マンガ大賞を受賞すると、2018年にはアニメ版もスタート。

※TVアニメ「ゴールデンカムイ」PV第1弾

何が面白いって、これまで漫画ではあまり注目されてこなかった北海道開拓や日露戦争の話に加えて、劇中で重要な役割を果たす【アイヌの存在】でしょう。

彼らには大きな特徴があります。
かわいそうで、無力なだけではない。

強力な意思や個性を伴ったキャラが多いのです。

ゴールデンカムイ描く「かわいそう」じゃないアイヌ民族:朝日新聞デジタル

例えば、ヒロインのアシリパ(「リ」は小文字)は、弓矢を使いこなし、野生動物を盛んに食べるタフな少女。

アシリパさん/ゴールデンカムイ 11

占い師のインカラマッは、美しく聡明なだけではなく、主人公と敵対する第7師団にも通じている二面性があり、「誑(たぶら)かす狐」扱いされることも。

インカラマッ/ゴールデンカムイ 12

アシリパ・父の友人であるキロランケは、日露戦争従軍経験があり、爆発物を使いこなすタフな戦士です。

キロランケ/ゴールデンカムイ 7

全員が非常に魅力的で、最新刊の14巻以降では、アシリパの父・ウイルクとその友人であったキロランケに、戦士としての重大な秘密があるとも明かされます。

そこで、ふと、こんな問いかけをしてみたいです。

日本とロシアが、ぶつかり始めた江戸後期から明治にかけて、アイヌとは、両国にとってどんな存在だったか?
史実はどうなっとる?

漫画では、キロランケが日露戦争の戦場にもちろん日本側として立っておりましたが、史実においても大勢のアイヌが戦地に行っておりました。

【関連記事】戦場に立ったアイヌたち、その知られざる活躍 日露戦争~太平洋戦争にて

しかし、そうした話にスポットの当たること自体がレアケースであり、これまで日露の間にいたはずのアイヌの人々は、なぜか歴史の暗闇に封じられておりました。

まぁ、そんな彼らの存在を取り戻し、戦う姿を描く作品が『ゴールデンカムイ』なんですけどね。
あくまでフィクションですから、史実は一体どうなっていたんだ?と気になる方もおられるでしょう。

そこで本稿では、日本とロシアに挟まれた史実のアイヌが、いかなる状況下にあったのか?に注目してみたいと思います。

 

日露の緊張にアイヌは不在

幕末を、幕末にせしめたポイントは、みなさんもご存知の「開国」です。

これについて、気になることはありませんか。
ずっと鎖国政策を続けてきて問題がなかったのに、なぜ急にダメになってしまったのか。
なぜ西洋諸国は、船で乗り付け、貿易を迫るようになったのか?

これはひとえに、海運技術の向上と関係がありました。

帆船から蒸気船に変わり、捕鯨や航海、異国貿易が盛んになったから、人々は大海原へ出ることが容易となり、日本の鎖国政策が邪魔になったのです。

ジョン万次郎がアメリカ船に救出された際、帰国したいと願った彼は死や追放を覚悟しておりました。
アメリカ人も、よくボヤいていたと伝わります。

「せっかく日本人を助けて返そうとすると、鎖国だからダメって言われるんだよな」

【関連記事】ジョン万次郎

アメリカとしては、捕鯨の時に立ち寄って真水や食料を補填し、日本人を人道的に返したかっただけのことです。

そんな中、日本の奥羽(東北)では某国の脅威をヒシヒシと感じるようになっておりました。

西洋でも、唯一日本と国境を接している大国。
日本人漂流民から日本語を習っているというその国。

ロシアです。

シベリアはじめ、東進を続けたロシアが、そのまま東に進めばどこに至るか?

言うまでもなく日本ですし、北海道や東北からやってくるのは地理的に間違いありません。
日本が恐怖心を抱くことは、宿命的であったのです。

こうした江戸後期以降のロシア恐怖症はかなり長く続き、岩倉使節団が西洋を旅することで、
「なあんだ、ロシアってそこまでヨーロッパで強くないんかい」
と、納得した部分もあったとか。

仙台藩士である工藤平助の『赤蝦夷風説考』。
同じく林子平の『三国通覧図説』、『海国兵談』といった著書はロシア脅威論だったのですが、仙台藩がここまで警戒したことには理由がありました。

元文4年(1739年)5月19日、仙台藩領。陸奥国気仙沼で不気味なものが見られました。

異国船です。

数日後にも仙台藩領でさらなる目撃情報があり、そしてついに夏には、牡鹿半島、房総半島、伊豆下田等に、ロシア船が来航するのです。

実は江戸中期。
徳川吉宗の時代に起こったこの事件は「元文の黒船」と呼ばれています。仙台藩はじめ奥羽の諸藩は、このころからロシアを脅威とみなしていたわけです。

しかし、日本とロシアの両者から抜け落ちていた人々がいます。

それがアイヌです。

日本とロシアは互いに警戒しあうばかりで、二国の間に住んでいた住人たちを無視していました。
「日本かロシアのどちらか先に手なずけたら困る」程度の扱いだったのです。

 

スポンサーリンク

松前藩の対応でよかったのか

もしも江戸幕府が、もっと早くから本気でロシア脅威論を感じていたら?

おそらくアイヌの歴史も大きく違っていたことでしょう。

彼らとの交易を中心として北海道に置かれた松前藩は、規模の小さな藩であり、対ロシア防備という視点はありませんでした。

【関連記事】松前城は1万石の城にあらず!鎖国で潤う超リッチ!【お城野郎のLOVE❤百名城】

貿易で儲けることがあったとはいえ、アイヌの扱いは公平とはいえません。

日本とロシアが互いに、
「アイヌを手なずけられたら嫌だ」
と思うのは、そもそもアイヌに対してフェアな扱いをしていないという「後ろめたさ」があったからではないでしょうか。

松前藩は、アイヌの人々が暮らすアイヌモシリを支配しようという気は、ほぼありませんでした。
藩の規模からすれば、貿易相手にすればよかったのです。

しかし、その松前藩のやり方も、18世紀後半、ロシア脅威論を目にした田沼意次が、最上徳内ら探検家を派遣したことで終わります。

【関連記事】田沼意次 最上徳内

松前藩の実態は、ホメられたものではありませんでした。

・場所請負商人に任せっぱなしでろくに統治していない
・ロシア対策、実質ゼロ

ほぼユルユル。もしも田沼意次が失脚しなければ、これまた大きく歴史は変わっていたでしょうけど、結果的に、田沼は政権を去り、蝦夷地のロシア脅威論も立ち消え状態となります。

このころの寛政元年(1789年)、アイヌと和人が衝突した「クナシリ・メナシの戦い」が発生しました。
請負商人・飛騨屋の横暴への怒りが事件の背景にありました。

飛騨屋は、経験不足なうえ、露骨にアイヌから搾取する気マンマン。
反乱を起こされて困っていると、寛政4年(1792年)、ついにあの国がやってきます。

大黒屋光太夫が、ロシアのラクスマンとともにやって来たのでした。

ラクスマン/wikipediaより引用

【関連記事】大黒屋光太夫

彼自身の冒険はユニークですし、帰国はめでたいことです。
しかし幕府にとっては、ついにこいつらが来たか……というものでした。

ときの権力者・松平定信は、絶対に江戸にだけは来させるなと焦りますが、それでも長崎まで来てしまい、幕府も一応交渉します。

このあとロシアから使節が来れば、開国の時期も早まっていたかもしれません。
しかしナポレオン戦争の影響もあってか、彼らの来航は途切れることになります。

むろん、これで蝦夷地を探険する外国船がいなくなったわけではありませんでした。

大黒屋光太夫(左)と磯吉/wikipediaより引用

 

蝦夷地に迫る外国船 それでもヤル気ない松前藩

寛政8年(1796年)、今度は思わぬところから蝦夷地探険の西洋船が来ました。

イギリスです。
ウィリアム・ロバート・ブロートンの指揮するプロヴィデンス号が、蝦夷地まで来たのです。

ウィリアム・ロバート・ブロートン/wikipediaより引用

松前藩はろくに対処ができません。

ロシア以外の国も迫っているばかりか、幕府が日本領と意識していた「エトロフ」や「ウルップ」といった島にまでロシア人が住み着き始めておりまして。
しかも幕府がイラついたのは、松前藩がそうしたことを把握していないだけではなく、知ったところで無関心だったことです。

ロシアは、次にレザノフを派遣してきました。

ニコライ・レザノフ/wikipediaより引用

【関連記事】ロシアの外交官「ニコライ・レザノフ」 アメリカ、スペイン、江戸幕府に振り回され続けた報われない生涯

日本と交易を結べないレザノフも気の毒ですが、日本側もロシアとの交渉に疲弊し、ギリギリでした。
レザノフが病気で弱ることは、日本にすればラッキー。我慢強く交渉を続け、そして彼は失敗します。

報復措置は、文化3年(1806年)起こります。

アイヌのクシュンコタンをロシア船が襲撃し、掠奪を行ったのです。
奥羽諸藩の蝦夷地警備のキッカケとなる事件で、ロシア側の暴虐だと認定されがちです。

しかし、レザノフとの交渉を真面目に履行しなかった幕府にも大いに反省点はあるでしょう。
このあと奥羽諸藩は蝦夷地に向かいロシアと戦闘になりますが、不利なことばかりだったようです。
皮肉なことに、戦う気満々だった会津藩と、ロシアは戦闘の機会がありませんでした。

【関連記事】樺太(からふと)の歴史は“無関心”の歴史 ゴールデンカムイの舞台に今こそ刮目せよ

ここで考えなければいけないのが、日本とロシアが揉めた結果、アイヌの地域が被害を受けているということです。

大国に飲み込まれる危機感を彼らが感じても、無理はありません。
幕府の対応もお粗末なのです。
「外国船は打ち払うべし!」の一点張りで放置し、ロシアが再三交易を依頼し、アイヌも困り果てていたのに、結局、有効な対応策は見いだせませんでした。

そして文化8年(1811年)には、千島列島測量を行っていたディアナ号のゴローニンが、幕府役人に捕縛される事件も置きます。

ゴローニン/wikipediaより引用

実はペリーが来るはるか前から、日本はロシアを通じて体制に揺さぶりが掛けられていたのです。
そしてその間には、踏みつけられるアイヌの人々がいたことを、忘れてはなりません。

 

スポンサーリンク

「何とかしないと…俺たちは大国に飲み込まれてしまう……」

『ゴールデンカムイ』は、主人公・杉元をはじめ、日露戦争を戦った軍人が多くおります。

しかし、ロシアとの対立軸はあくまで過去。
回想の場面ばかりがほとんどでした。

それが2018年夏発売の14巻後半の「樺太編」から、変わってゆきます。杉元は谷垣らとともに、樺太へ上陸するのです。

彼らが旅する樺太には、ロシア人が数多く暮らしています。

登場人物の一人はロシア語スキルを披露し、通訳として活躍。
杉元のグルメ趣味には、ロシア料理も追加されました。
彼らはかつての敵と交流し、互いに助け合ったりもするのです。

この「樺太編」では、アイヌの戦士であったキロランケには、ロシアとの深いつながりがあることも明かされてゆきます。

「何とかしないと…俺たちは大国に飲み込まれてしまう……」

そう口走るキロランケ。
彼の絶望、戦闘的な人生は、まさにこの絶望が背景にあったとわかるようになります。

漫画をキッカケに、日本とロシアの歴史をたどる。
それもまた興味深いと思いませんか。

キロランケ、アシリパの父・ウイルク。
彼らのようなアイヌの人々を苦しめた“大国”とはどのようなものであったか。

そうすることで本作の奥深さも見えるはずです。




スポンサーリンク


文:小檜山青

【参考文献】
黒船前夜 ~ロシア・アイヌ・日本の三国志』渡辺京二
国史大辞典

 

織田信長 武田信玄 真田幸村(信繁) 伊達政宗 徳川家康 豊臣秀吉 毛利元就 




×

-ゴールデンカムイ特集

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.