北野武監督映画『首』

映画『首』公式サイト

歴史ドラマ映画レビュー

北野武監督の映画『首』は本当に面白いのか?忖度なしの徹底レビュー

2023年は異常な年でした。

1月にキムタク主演の映画『レジェンド&バタフライ』が公開。

そして11月23日からは北野武監督による映画『首』が始まり、1年に2度も【本能寺の変】を主題とした作品が封切りされたのです。

といっても、皆さんが気になるのは極めて単純なことでしょう。

北野武監督の歴史作品は面白いのか、面白くないのか。

お金を払ってまで、見に行く価値があるのか、無いのか。

映画『レジェンド&バタフライ』があまりにも陳腐な駄作であり、Amazonでも異例の早さで無料開放されたことを考えると、いくら北野作品でも簡単には劇場へ足を運べないのでは?

そう警戒されている歴史ファンの皆様も少なくないなと思い、自腹で映画『首』を鑑賞してきました。

さっそくレビューをお送りします!

基本DATAinfo
タイトル『首』
原題
制作年2023年
制作国日本
舞台日本
時代安土桃山時代
主な出演者ビートたけし、西島秀俊、加瀬亮、遠藤賢一ほか
史実再現度歴史的事件はほぼ史実に沿っているが、動機の解釈はかなり自由である
特徴最高の食材と腕前で作り上げたジャンクフード

※以下はレジェバタのレビューです

レジェンド&バタフライ
ド派手な話題作りで中身は空っぽ?映画『レジェンド&バタフライ』

続きを見る

 


あらすじ

第六天魔王こと織田信長のもとには、野心あふれる武将たちが付き従っている。

そんな家臣たちに向かって、信長はこう宣言する。

息子はうつけで頼りない。

この中で抜群の手柄を立てた者に跡目を譲ってやる。

餓狼の群れに投げ込まれた一切れの肉――信長配下の武将たちによる、策謀をめぐらせ、互いを追い落とさんとする日々が始まった。

争いの背後には、野心だけではない感情もあった。

相手を貪り合うように求める男色だ。

誰が誰を慕っているのか? その欲望を確かめながら、彼らは戦ってきた。

そして、早速、脱落者が出る。荒木村重が謀反を起こしたのだ。

愛しい相手であればこそ、手を噛まれたら憎い。

信長のもとに村重の“首”を真っ先に届けるのは誰なのか?

それともいっそ信長の“首”をとってしまうべきか?

獣たちの野心と慕情の向こうに、炎上する本能寺が見えてくる。

 


好きなものを詰め込んだような散漫さ

この映画に関しては好条件が揃っています。

北野武監督作品であり、豪華出演者が揃い、日本史上最も人気のあるイベント【本能寺の変】が描かれる。

おまけにカンヌ映画祭でも華々しく登場だ。

となれば、どういう評価がつくのか予想はできます。

いかに芸術的な深読みができるか。日本史観点からみてどこがどう斬新であるか。我々に突きつけられた問いは何か。

そういうものは、得意な誰かに任せます。

私の任ではありません……というか、この映画はむしろ、そういった高尚で、いかにも教養が得られそうな作品とは真逆に思えるのです。

真面目に歴史を考察するにしては、おどろおどろしい忍者が活躍しすぎる。

甲賀の里にいる只者ではないという忍者は、それこそ立川文庫のような古臭い陳腐さに満ちている。

ぽんぽんと首が安売りされるように転がる様。なかなか死なない家康と、出てきたと思ったら即座に死ぬその影武者。

清水宗治切腹がすっとろい!と罵倒する秀吉。なだめにかかる黒田官兵衛

こうした軽薄な描写から、深い教養を読みとけるものなのか。否、そういうものではないでしょう。

答えは一つ。

面白ければいい。

そこはもう理屈ではありません。

忍者が手裏剣を投げる。ワイヤーアクションで空を飛ぶ。見ていて楽しけりゃそれでいい。それで十分ではありませんか。

 

暴力忌避というネジが抜けている

この作品が散漫としているのは、他にも理由があります。

好きなものだけ詰め込んだ一方で、意図的に排除しているといえるものがあります。

死や暴力への忌避です。

明智光秀のような理知的に見える人物ですら、それがありません。

彼が苛立つのは、殺すことをただのこなすべき任務であり、それに対する見返りが少ないこと。いわば労働条件と折り合いがつかないことへの不満です。

明智勢による虐殺描写もあるうえに、ストレス発散のために平然と人を殺します。

中世の武士には「一日一回は生首見ないとシャキッとしないな」とぼやいていた者すらいるそうです。しかし、それがいざ映像にされるとなかなか辛いものがあります。

明智以外の他の連中も言うまでもない。

武士ではないと強調される秀吉が、庶民視点で民を愛するのか?というと、そんなことは全くなく、むしろ清水宗治の切腹に苛立つ場面からは、死ぬならとっととやっちまえという粗雑さが際立っています。

武士道をふりかざして死を彩ろうとする努力すら、彼にとっては何の価値もありません。

では聖職者はどうか?

安国寺恵瓊にせよ、宣教師にせよ、利益重視で人命なぞ埒外。

日本人だけが野蛮なのか?と思ったらそうではなく、スペイン語を話すある人物は、この映画のキーアイテムである“首”をゴミのように扱います。

例外ともいえる人物はいます。

難波茂助です。彼は手にかけた人物の亡霊に苦しめられるという、素朴な死への忌避感があります。

そうはいっても、彼は自分が殺した特定の人物だけを恐れるのであって、死や殺人への忌避はない。まるで子どものような笑顔で首と戯れています。

狂っているからそういうものなのか? というと、これがそうではない。

この前提の時点で、この作品は大嘘をついています。

中世の日本人にだって、死の穢れや祟りへの恐怖心はあった。遺骸はできる範囲で丁寧に扱いました。聖職者だってそれがビジネスだから、一応は取り繕います。

思想もある。この映画と比較するべき大河ドラマは2023年『どうする家康』ではなく、2020年『麒麟がくる』です。

『麒麟がくる』で「来ない」と話題になった――そもそも「麒麟」とは何か問題

続きを見る

あの作品の明智光秀は、朱子学を乱世を収束させるべき思想として常に掲げていました。

※続きは【次のページへ】をclick!


次のページへ >



-歴史ドラマ映画レビュー

×