安藤信正

安藤信正/Wikipediaより引用

幕末・維新

有能な幕閣だった安藤信正「坂下門外の変」で襲われて政治的失脚へ

日本の歴史上に何度も登場する「ナントカの変」。

一番有名なのは、大老・井伊直弼が【安政の大獄】などの反発を喰らって殺された【桜田門外の変】ですかね。

井伊直弼
井伊直弼は誤解され過ぎな実力派!引きこもりから桜田門外に散るまでの46年

続きを見る

幕末の中でも極めて物騒な事件として知られます。

が、この時代には他にも恐ろしい事件があり、超有能だった政治家が表舞台から追いやられてしまってます。

文久二年(1862年)に起きた【坂下門外の変】です(桜田門外の変から2年後)。

老中の安藤信正が襲撃され、そのとき負った傷がもとで罷免へと追い込まれました。

ただし信正が亡くなったのは事件直後ではありません。

明治4年(1871年)の今日10月8日のことです。

それまで一体何が起きていたのか。

襲撃された事件を中心に信正の生涯を振り返ってみましょう。

 

老中・安藤信正が襲われた坂下門外の変

彼の功績は、まず【桜田門外の変】の後始末をやってのけたこと。

当時は十四代・徳川家茂が将軍職に就いたばかりで、しかもまだ12歳という幼さでした。

徳川家茂
徳川家茂(徳川14代将軍)勝海舟にも認められた文武の才 その実力とは

続きを見る

そんなときに幕閣トップの大老が暗殺されたと世間に知れたら、一大事どころではありません。

直弼暗殺の理由の中には、開国させられたことへの不満も含まれていたからです。

事件の以前に直弼や信正は、水戸藩に下されていた【戊午の密勅】を朝廷へ戻すよう強行に迫り、なんなら「潰しますよ」と威嚇もしていました。

これを許せぬ攘夷思想バリバリの水戸藩出身の者たちが、桜田門外の変という前代未聞のテロ行為へ走ったのです(ただし一部の薩摩藩士も参加)。

桜田門外の変
桜田門外の変がわかる&意外な事実→井伊の首を取ったのは薩摩藩士だった

続きを見る

こうしたバカでかい不祥事が立て続けにおきたことがもし朝廷の耳に入れば「だから開国なんかすんなって言ったのに!もう幕府なんていらんわ!!」となるのは目に見えていました。

 

被害者が悲惨すぎる「襲われたほうも悪い」という理屈

そこで信正を始めとした幕閣は、直弼暗殺の事実を隠しに隠します。

うっかり直弼がコロされたことを正直に公表すると

「よっしゃ、彦根藩も取り潰しね! 譜代だけど襲われたんだから仕方ないよね!」

という誰も得しない事態になってしまうおそれがありました。

もしかすると、元禄赤穂事件の教訓から「喧嘩両成敗」が不文律になっていたのかもしれません。

赤穂事件=赤穂浪士の討ち入りはテロ事件?史実はどのように進んだか

続きを見る

この件については世間でいろいろ狂歌が詠まれていますので、江戸っ子にはバレバレだったようですが。

なにはともあれ、後に残された信正たちはもう一度幕府を安定させるべく奔走します。

公武合体の方針も、信正が「朝廷と穏便にやっていきましょう。私に考えがありますから」と考え出したものです。

大雑把にいえば、信正は家茂と和宮の仲人ということになりますかね。

和宮
和宮と家茂(14代将軍)は政略結婚でもラブラブ?二人を天国で出会わせて

続きを見る

その他にも世情を安定させるための経済政策を打ち出すなど、家茂の治世を支えました。

なにせこの間、アメリカ公使館の通訳・ヒュースケン(本人はオランダ人)が薩摩藩士にブッコロされる、国際問題モノの事件が起きています。

ヒュースケン
幕末日本を愛したオランダ青年 ヒュースケン殺害事件が悲し過ぎる

続きを見る

幕末の海外事情
誤解されがちな幕末の海外事情~江戸幕府の対策は十分にイケていた?

続きを見る

これを穏便に処理したのも信正でした。

彼以外の人間が担当していたらどうなっていたやら……。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-幕末・維新
-