明治時代の衣食住

明治・大正・昭和

明治時代の「衣食住」に注目!江戸時代から何が変わり何が流行った?

こちらは3ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
明治時代の衣食住
をクリックお願いします。

 

「住」について

現代でも「一生に一度の買い物」といわれるように、住宅については衣服や食ほどの変化はありませんでした。

が、建築関係にまで視界を広げてみると、やはり西洋の影響がみられます。

明治二十年代ごろまでは「擬洋風建築」という形式がよく用いられました。

「ニセモノ」を意味する「疑」や「偽」ではなく、「似せて作る」という意味の「擬」です。

ぶっちゃけた言い方をすると「なんちゃって洋風建築」という感じでしょうか。学校や郵便局などの公共機関によく使われた建築様式です。

木造・漆喰・屋根瓦といった日本建築の特徴を色濃く残しつつ、西洋風の尖塔などがついています。

明治中期には西洋の建築技術がより多く入ってきたため、この手の建築物は徐々に少なくなっていきました。

鹿鳴館外交と同様、西洋の人からすると擬洋風建築はあまり出来がいいとはいえないそうですが、この時代特有のロマンやノスタルジーがありますよね。

擬洋風建築の多くは戦災や災害で失われてしまっていますけれども、現代も残っているものや再建されたものもあるので、密かにファンが多いかもしれません。

 

耐火性を期待されたレンガは大地震に対して脆すぎて

もう一つ、明治時代の建築の特徴として、レンガが多く用いられていた点が挙げられます。

主に耐火性を期待して、銀座煉瓦街など一定の範囲に使われました。

が、関東大震災で東京周辺にあったレンガ造りの建物が軒並み壊滅してしまったため、その後は鉄筋コンクリート造へ移り変わっていきます。

例外は横浜赤レンガ倉庫などです。

関東大震災における住宅全壊数が一番大きかったのは神奈川県なのですが、横浜赤レンガ倉庫は1号倉庫が30%損壊した程度だったとか。

また、東京以外の場所で戦火・天災を免れたものについては、現代になってから再利用されているレンガ造りの建物も多く存在します。

神戸の煉瓦倉庫レストラン街などが代表例ですね。

明治に限らず、衣食住の話題はドラマ・小説などの風景や「テスト前だけ暗記して終わり」でさらっと流してしまいますけれども、ちょっとのぞいてみると、さまざまな背景が隠れているものです。

日常生活や旅先で見かけたら、ちょっと足を止めてみるのも面白いかもしれません。

あわせて読みたい関連記事

文明開化の鉄道
文明開化で残ったモノ消えたモノ~鉄道 ガス灯 電気はどう始まった?

続きを見る

華族制度(公侯伯子男)
公侯伯子男の華族制度はどう生まれた? 元公家や大名家の意外な暮らしぶり

続きを見る

殖産興業
まず富岡製糸場と八幡製鉄所が作られた~殖産興業を推進した明治政府

続きを見る

コメントはFacebookへ

版籍奉還廃藩置県地租改正
版籍奉還・廃藩置県・地租改正の特徴は?明治維新のドタバタから生まれた土地政策

続きを見る

日露戦争
日露戦争なぜ勝てた? 仁川沖海戦に始まり講和条約が締結されるまで

続きを見る

西郷従道
ホントはすごい西郷従道(信吾)兄の隆盛に隠れがちな”小西郷”の実力に注目

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
高田倭男『服装の歴史』(→amazon
岡田哲『明治洋食事始め――とんかつの誕生 (講談社学術文庫)』(→amazon
黒澤はゆま『戦国、まずい飯! (集英社インターナショナル)』(→amazon
国史大辞典「文明開化」
文明開化/wikipedia
擬洋風建築/wikipedia

TOPページへ

 



-明治・大正・昭和
-

×