本当は怖い平安京のリアル

平安京/wikipediaより引用

飛鳥・奈良・平安 光る君へ

本当は怖い平安京のリアル~便所はねぇ銭もねぇ死体はその辺落ちている

大河ドラマ『光る君へ』に出てくる「平安京」をどう思われますか?

街全体を表すCGはクオリティが高いですし、街中に視線を持ってきても、散楽やら絵師(代筆屋)やら何やら楽しそう。

読んで字の如く「平和で安らかな京(みやこ)なんだろう……」というのは、ちょっと正確とは言えません。

土煙の舞う地面に目を凝らせば、石ころは落ちているし、舗装もされていないから少し歩いただけで足元は泥だらけになってしまう。

なにより第1話では、ヒロインまひろの母ちやはが、街外れの竹林で背後から刺殺されるという衝撃的な展開となりました。

あの展開には「いったい平安京ってどんなとこ?」という想いが湧いてきた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

もしも一人で歩いていたらどうなってたのか?

他にも、同じような被害者はいたりしないのか?

実際はどんな場所だったのか?

と、そんな疑問を解消するため、本稿では“平安京のリアル”について振り返ってみたいと思います。

 


平安京の治安はどうなのか?

平安京を出歩いて大丈夫なのか?

第1話ではまひろの母・ちやはが背後から刺殺されて退場しており、「あまりに危険ではないか……」とゾッとした視聴者も少なくなかったでしょう。

現代人からすれば、中世の世界というのは実におそろしいもの。

公衆トイレ、コンビニ、舗装道路、蓋のついた側溝、街灯、交通標識……などなど便利なものは一切ない街は、実に危険です。

現代では考えにくい死亡状況もあり得る。

例えば、月あかりを頼りに夜道を歩いていたとしましょう。すると蓋のついていない側溝に転落してしまう。

どんな死因が考えられるか?

・溺死

・不潔な水により病気感染、病死

・安全な場所に辿り着けず凍死

現代人では考えにくいおそろしい状況が待ち受けています。

喧嘩上等な貴公子もいた?軟弱だけじゃなかった平安貴族の暴力事情

続きを見る

 


死体が転がる平安京

週刊少年ジャンプの人気マンガ『呪術廻戦』に「呪胎九相図(じゅたいくそうず)」という呪物が登場します。

アイデアの元となったであろう「九相図」とは、美女が死に、だんだんと腐敗して骨になるまでの姿を描写したもの。

その思想背景については言及しませんが、注目したいポイントがあります。

死体が腐敗して、骨となるまでの様子を、当時の人が目にすることがあったからこそ、九相図という絵が存在したということです。

橘嘉智子(檀林皇后)
「私の遺体は道端に放置し鳥や獣に与えよ」檀林皇后の凄まじき終活

続きを見る

平安京は死体が放置されることがしばしばありました。

しかも、犬や鳥が食い散らかす。

当時の貴族が気にすることは穢れです。もしも自邸に死体の一部が持ち込まれでもしたら、大事件です。しかし、彼らには死者を憐れむ気持ちすらあったかどうか。

例えば当時の孤児ともなれば物乞いでもするしかなく、いつか姿を消してしまう――そんな残酷な場所でもありました。

疫病でも蔓延すれば、ますます事態は悪化します。

至るところに死体が落ち、その始末は犬や鳥に任せるという、おそろしい事態を迎えました。

死体を悪用した事例もあります。

一条天皇の即位式の準備中、恐るべき事態が発生しました。

なんと高御座(たかみくら・天皇の玉座)の上に生首が置かれていたのです。

一条天皇の即位により権勢を握る、藤原兼家に対する嫌がらせでしょうか。

その一報を受けた際、兼家は居眠りをしていました。

報告をした者が『この一大事になぜ寝ていられるのか……』と唖然としていたら、兼家は話が終わるとパチリと目を覚まし、テキパキと式の次第を指示したのでした。

つまり、聞いていないフリをして、即位を押し通したということです。

権力を前にしては、穢れを気にするという大義名分すら曖昧になる。

嫌がらせのためなら生首も調達できる。

『光る君へ』の劇中では、父の藤原為時がまひろの外出を止めようとします。

もし何かあって死んでしまったら、死体を食われてしまうかもしれない――そんな危険性を踏まえれば、親としては当然のことでしょう。

なんせ劇中では母ちやはが殺害されています。

※続きは【次のページへ】をclick!


次のページへ >



-飛鳥・奈良・平安, 光る君へ
-

×