藤原隆家

画像はイメージです/wikipediaより引用

飛鳥・奈良・平安 光る君へ

花山法皇に矢を放った藤原隆家って一体何者?当代一の戦闘貴族は異民族も撃退す

優雅に和歌や漢詩を嗜むのが平安貴族――かと思ったら、普段からやけに口が悪く、粗野にも思える貴公子が大河ドラマ『光る君へ』に登場しています。

藤原隆家です。

あの藤原道隆の息子であり、藤原伊周藤原定子の弟。

つまり中関白家のエリートですが、ドラマの第19回放送ではお忍びで女性の家にやってきていた花山法皇に矢を放つなど、荒々しい姿をまったく隠そうともしない。

いったい彼は何者なのか?

というと、実はこの藤原隆家、当代随一の戦闘貴族であり、当時から「天下のさがな者(乱暴者)」と噂されるほどでした。

しかも単なる乱暴者に終わるのではなく、異民族の襲撃【刀伊の入寇】で敵を撃退する、ある意味、英雄だったりします。

異色の貴公子とも言える藤原道隆の生涯を振り返ってみましょう。

 

道隆と貴子の間に生まれる

藤原隆家は天元2年(979年)生まれ。

前述の通り、父はあの藤原道隆であり、母は歌人としても名高い道隆の嫡妻・高階貴子

叔母には円融天皇女御であり一条天皇の母である藤原詮子がいて、叔父には藤原道長という、当時、トップクラスの境遇に生まれました。

それだけではありません。

きょうだいもまた後世に名を知られた人物であり、父母が同じ5才上の兄に藤原伊周、2才上の姉に藤原定子がいます。

ありとあらゆるものに恵まれた境遇の中で生まれた隆家は、英才教育を受けながら、のびのび育ったことでしょう。

とはいえそれも、全ては権力闘争に勝利したからこその果実です。

大河ドラマ『光る君へ』でも描かれているように、祖父の藤原兼家はその頃まさに政争のど真ん中にいました。

※以下は藤原道隆と高階貴子の関連記事となります

藤原道隆
藤原道隆(光る君へ井浦新)の死後 道長と対峙する中関白家はどんな命運を辿るのか

続きを見る

高階貴子
高階貴子~道隆の妻で定子の母はどんな女性だった?光る君へ板谷由夏

続きを見る

 

一条天皇の御代 スピード出世を遂げる

藤原兼家にとって、娘の藤原詮子が産んだ東宮・懐仁親王(やすひとしんのう)の即位は悲願でした。

孫が即位すれば摂政として権勢を振るうことができる。

しかし、円融天皇の次に即位した花山天皇はまだ若く、しかも藤原義懐(よしちか)を重用するなどして兼家には逆風が吹いていた。

そこで寛和2年(986年)、兼家は二男・藤原道兼を用いた謀略により、まだ若い花山天皇を出家させると、まだ幼い東宮を一条天皇として即位させたのです。

この政変は【寛和の変】と呼ばれ、兼家が頂点へ上り詰めてゆく。

花山天皇は寛和の変だけじゃない!道隆の子供たちとも激しく揉める波乱万丈の生涯

続きを見る

長男・道隆の子たちも自然と引き立てられました。

まず、永祚元年(989年)に道隆が内大臣に就任すると、長男の藤原伊周は従四位となり、藤原隆家は元服と同時に従五位下に叙されたのです。このとき隆家は11才。

以降、隆家は怒涛の出世を果たします。

以下にざっとまとめておきましょう。

永祚2年(990年)侍従任官のちに右兵衛権佐/姉・藤原定子が一条天皇に入内

正暦2年(991年)従五位上

正暦3年(992年)正五位下・左近衛少将

正暦4年(993年)従四位上・右近衛中将

正暦5年(994年)正四位下のちに中将、従三位、公卿に列する

長徳元年(995年)権中納言

絵に描いたような順調な出世であり、この先も一族で頂点を目指すのは自然の流れかと思われたでしょう。

しかし、現実は甘くありません。

長徳元年(995年)に父の道隆が没してしまったのです。

叔父の藤原道兼が関白を継ぐのですが、

藤原道兼
藤原道兼は実際どんな人物だった?兼家・道隆・道長に囲まれた七日関白の存在意義

続きを見る

流行病に罹ったのか短期間で命を落としてしまい、「七日関白」と称されました。

そして起きたのが伊周・隆家兄弟と、叔父・道長による新たなる権力争いです。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-飛鳥・奈良・平安, 光る君へ
-

×