足利貞氏/wikipediaより引用

鎌倉・室町

足利氏の初代~七代ってどんな人? 尊氏へと続く義康~貞氏ダイジェスト版

元弘元年=元徳三年(1331年)9月5日は、足利貞氏が亡くなった日です。

名字からイメージが湧くかもしれませんが、室町幕府の初代将軍・足利尊氏、そのトーチャンです。

尊氏といえば

・九州へのダイナミック敗走

・心ならずも後醍醐天皇と敵対してしまい、ガチで凹む

・やっぱり不本意ながらも弟と対立して、ガチで凹む

といった不安定エピソードの持ち主としても知られ、

「よくそれで武家の棟梁になれたな!」

とツッコみたくなるような行動も多く伝えられていますよね。

足利尊氏は情緒不安定なカリスマ将軍!? 生誕から室町幕府まで波乱の生涯!

続きを見る

実はこれ、尊氏だけの特徴ではありません。

トーチャンもジーちゃんも、その前のご先祖様も、なんだか似たような感じでした。

というわけで今回は、足利家の華麗な血脈(初代~七代)

・義康
・義兼
・義氏
・泰氏
・頼氏
・家時
・貞氏

までを振り返ってみましょう。

 

お好きな項目に飛べる目次

貞氏以前の足利六代

◆初代 足利義康

源氏の祖とされる源義家の孫。

新田氏の祖である義重と兄弟です。

一番普通の人っぽいというか、一番安定していた人というか。

31歳の若さで亡くなっているため、特筆すべきことがありません。

鳥羽上皇に厚く信頼されていたことが最大の特徴でしょうか。

◆二代 足利義兼

北条政子の妹・時子が正室。

現在の栃木県足利に基盤を築いた英雄……のはずなのですが、42歳で7歳の息子を残して突如出家しています。どういうことだってばよ!

源氏の宗家と親戚かつ縁戚という濃い繋がりを持っていたため、源頼朝に疑われて粛清されるのを防ごうとした――。

そんな見方もあるようですが、にしてもダイナミックすぎませんか。

北条政子は尼将軍と呼ばれながらも不幸な女性?4人の子供たち全員に先立たれ

続きを見る

源頼朝53年の生涯まとめ! 出生から鎌倉幕府の設立 死因 その素顔に迫る

続きを見る

◆三代 足利義氏

父の義兼が、かなりガタイのいい人だったせいか。

義氏も特にその辺が似ていて、武勇に優れていたとされています。

性格の方も強いというか頑固というか……60歳のときに81歳の御家人と大ゲンカをしたこともあります。

波に揉まれても丸くならない人っているんですね(´・ω・`)

◆四代 足利泰氏

35歳のとき、突如出家し、トーチャンを困らせています。

御家人が出家するには鎌倉幕府の許可が必要だったので、当然、大騒ぎになりました。

領地を一部没収。

泰氏をそのまま当主にすることはできないので、まだ11歳の息子・足利頼氏に家督が引き継がれるんですが……。

◆五代 足利頼氏

突然出家したトーチャンの跡を継ぎ当主になったものの、生まれつき体が弱く、23歳前後で亡くなってしまったとされています。

源氏の名門であるはずの足利家で、当主の没年がわからないというのがもう……。

◆六代 足利家時(尊氏のジーちゃん)

足利家のご先祖が予言した「我が七代目の子孫が天下を取る」という当事者にあたります。

当時は鎌倉幕府(というか北条家)の全盛期だったので、どうひっくり返してもそれは望めませんでした。

そこで家時は「私の命を縮める代わりに、三代のうちに天下を取らせてください」と願掛けをして切腹した、とされています。もうワケわかめ。

なぜ「子や孫のために下準備をしておいてやろう」と思わなかったのか。

話自体が、尊氏の幕府創設を正当化するために後世作られたとも考えられますね。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-鎌倉・室町
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.