鎌倉幕府の役職

御家人からもお茶の間からも人気の高かった和田義盛(左)と上総広常/wikipediaより引用

源平・鎌倉・室町

「幕府」という言葉もなかった鎌倉幕府の役職とは?執権や侍所って?

こちらは3ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
鎌倉幕府の役職
をクリックお願いします。

 

鎌倉幕府成立で日本史の個性は決まる

日本の歴史は、中国を手本にしてきました。

いわばミニ中国としての政治体制を整えて【律令制】を導入したのであり、いかに重要視していたか?というのは、当時の人々が官職に使用した「唐名」からもわかります。

律令制下の官職名や部署名を、中国の官位名に当てはめていたのです。

わかりやすい例が『鎌倉殿の13人』でもあります。

ドラマの中で三浦義村は「武衛」を「友達」という意味だとして上総広常を騙し、宴席を盛り上げるよう仕向けました。

漢籍知識と教養のあった畠山重忠は、義村の話を聞いて「おかしい……」と気づいています。

平安末期~鎌倉初期の坂東武者では、その手の知識に対し、個人差が大きかったのですね。

「みんな武衛だ!」

このセリフはドラマのファンに愛されましたが、実は鎌倉の政治制度を考えるうえでも重要です。

中国と比較すると、まるで日本は歴史の実験場。

制度上の転換点を見ていくと、中国では抑止政策が取られていたことが、日本では堂々と横行していることがあります。

一つずつ見て参りましょう。

 

外戚政治

君主の妻の実家が権力を握る――外戚を中国では厳しく律しようとしました。

例えば前漢・劉邦の皇后である呂雉(りょち)の専制が悪しき先例として歴史に刻まれています。

そこで前漢・武帝は太子を産んだ鉤弋夫人を処刑し、外戚の台頭を未然に防ぐという残酷な手段を用いました。

しかし、結局、後漢も外戚の台頭により弱体化してしまう。

三国志』序盤には、その象徴である何皇后と兄の何進が登場します。

北朝の北魏では【子貴母死】として、後継者の母を殺害することが制度化されました。

十常侍や梁冀らに食い潰された後漢~だから宦官や外戚は嫌われる

続きを見る

文昭皇后甄氏
美貌で知られる文昭皇后甄氏はなぜ夫の曹丕から死を命じられたか 謎多き曹叡の母

続きを見る

一方で日本はどうか?

外戚政治である【摂関政治】があたかも当然のように慣例化していますね。

摂関家出身の慈円は『愚管抄』に日本は「女人入眼(女性が決める)」と記しており、それがごく当たり前のこととなっていました。

結果、将軍の外戚である北条氏が執権となり、幕府の実権を握ったのです。

平安時代
平安時代を一気に読む!親政に始まり摂関家絶頂期を経て院と武士へ

続きを見る

日本で意図的に外戚阻止を実行しようとした可能性があるのは、江戸幕府の将軍家です。

京都公家出身である徳川家光の側室・お万の方は堕胎させられていたという説もありました。

お万の方(栄光院)
万里小路有功のモデル・お万の方はどんな女性だった?大奥福士蒼汰

続きを見る

 

傀儡政治はあっても易姓革命はない

『三国志』でおなじみの曹操は、後漢最後の皇帝である献帝を擁立し、政治権限を盤石のものとしました。

曹操は三公(司徒・太尉・司空)に分立されていた権限を一元化し、丞相を復活。

実質的に独裁をした上で、皇帝を傀儡にしていたのです。

このやり方は、侍所と政所を握り、執権となり、源実朝を傀儡とした北条義時と似ています。

しかし、ここから先が大きく異なる。

曹操のあとを継いだ曹丕は献帝を禅譲させ、魏王朝を立てました。

一方で北条氏は、あくまで将軍を擁立し続け、執権にとどまるのです。司馬懿のやり方と同じですね。

これは朝廷に対しても同じことが言えます。

幕府が成立しても、朝廷を滅ぼし、取って代わろうとまではしない。

日本では、中国にあった【易姓革命】はなかったのです。

規格外の英雄その名は曹操!乱世の奸雄は66年の生涯で何を夢見ていたか?

続きを見る

司馬懿
ボケ老人のフリして魏を滅ぼした司馬懿~諸葛亮のライバルは演技派

続きを見る

軍師連盟
『鎌倉殿の13人』ドス黒い世界観が好きなら『三国志軍師連盟』を見よ

続きを見る

 

文官上位の崩壊

中国と朝鮮半島では【文官上位】が徹底しています。

科挙ができて以来、この試験に通ることが出世ルートの定番。

中身は文官の選別試験であり、これを突破してこそ権力に近づける仕組みがありました。

そうして科挙を突破した頭脳明晰な官僚たちが、国の仕組みや思想を作り上げてゆくんですね。

同システムは宋代で成熟してゆきますが、宋はあまりに軍事力を軽視しすぎたため、金や元に敗れてしまったと指摘されます。

宋が文官上位を徹底したのには理由があります。

唐の時代に起きた【安史の乱】です。

唐では辺境警護のために置かれた節度使が強大となり、安禄山と史思明によって内側から食い尽くされました。

安禄山と安史の乱
安禄山と楊貴妃の赤ちゃんごっこが安史の乱へ 数千万人が死す

続きを見る

宋では、同様の悲劇を繰り返さぬため、シビリアンコントロールを徹底したのです。

それができなかった王朝はどうなるのか?

日本における【承久の乱】が示していると言えるでしょう。

朝廷に武力はほぼありません。

文官上位を徹底し、武士の台頭を防がねばならなかった。

しかしそれに失敗したから、『愚管抄』でいうところの「ムサノ世(武者の世)」が到来してしまったのです。

 

文武融合

文官上位が徹底しているのは、文官と武官の区別ができていたからといえます。

それが鎌倉幕府によって崩れます。

京都から鎌倉へ向かった大江広元ら文士も、子孫の代になると自己認識が「武士」になります。

弓ができないとバカにされるから、文士の子孫たちも弓術の練習に励む。

一方で、武士たちも教養を身につけ、うまい和歌を詠んで歌集に選ばれたいと思い始める。

仏教に帰依するとともに、漢籍を読みこなすようになる。

いつのまにやら鎌倉では「智勇兼備の武士」という新たな存在が登場してくる。

彼らは、本来は文官の持ち物であった扇子を手にすると、青磁の茶碗を愛用し、仏教を学び、優雅に歌を詠むようになりました。

武士はハイブリッド型に進化したのです。

鎌倉幕府の文士
鎌倉幕府の設立・運営に欠かせなかった広元や親能たち「文士はどこへ消えた?」

続きを見る

 

ムサノ世が到来してこそ日本の歴史

文官と武官が溶け合い、支配者として君臨する――かくして日本の歴史における、新たなる時代が生まれました。

大江広元の四男・毛利季光の妻は三浦泰村の妹です。

宝治元年(1247年)――北条氏と三浦氏が対立した【宝治合戦】が勃発。北条につくべく御所へ向かおうとしたところ、妻が夫の袖を掴みました。

「それが武士のすることなの?」

この一言に打たれた毛利季光は、義兄の三浦方につきます。

結果、敗北し、一族は滅びに瀕してしまうのでした。

このやりとりから、文士・広元の子供の代では「武士」としてのアイデンティティを守るため、命をも捨てるようになっていたことがわかります。

利益よりも、命よりも、名を惜しむ――。

毛利一族の大半は滅びたものの、残った者の子孫がやがて西国に辿り着き、そして一族から毛利元就が出ます。

長州藩主となった毛利家は、江戸時代、鎌倉にある大江広元の墓を熱心に手入れしていました。

そんな長州藩の誇りは、朝廷と近いこと。

幕末に錦旗を掲げ、王政復古の明治維新を成し遂げます。

とはいえ明治以降も、長州藩出身者たちは武士であることを誇りに掲げています。日本史の特異性はかくして現在まで続いているのです。

日本の歴史は、科目から「日本史」と「世界史」に分かれていて、かえって日本独自の個性がわかりにくくなっています。

あえて他国、特にアジアの国々と比較することで、日本史の特性は見えてくるでしょう。

鎌倉幕府の成立は見切り発車の連続であり、制度的にかなり混沌としていた。

そうした渦の中から武士が出現してくる――その様の面白さこそ、歴史を学ぶ醍醐味といえるのではないでしょうか。

それをドラマに表現した『鎌倉殿の13人』は見事な出来という他ありません。

鎌倉時代を学ぶことは、日本の歴史の旨みを味わうこと。

ドラマも史実も、何度味わってもよいのではないでしょうか。

あわせて読みたい関連記事

源頼朝
源頼朝が伊豆に流され鎌倉幕府を立ち上げるまでの生涯53年とは?

続きを見る

源頼朝
源頼朝が伊豆に流され鎌倉幕府を立ち上げるまでの生涯53年とは?

続きを見る

北条政子
北条政子はどうやって鎌倉幕府を支えたか 尼将軍69年の生涯に注目

続きを見る

源頼家
源頼家はなぜ北条に暗殺された? 風呂場で急所を斬られた頼朝の嫡男

続きを見る

源実朝
源実朝は将軍としてどんな実績が?朝廷と北条に翻弄された生涯28年

続きを見る

北条時政
北条時政はどこまで権力欲と牧の方に溺れた?最期は子供達に見限られ

続きを見る

文:小檜山青
※著者の関連noteはこちらから!(→link

【参考文献】
野口実『図説鎌倉北条氏』
細川重男『論考日本中世史: 武士たちの行動・武士たちの思想』
佐藤和彦・谷口榮『吾妻鏡事典』
小島毅『中国の歴史7 中国思想と宗教の奔流 宋朝』

TOPページへ

 



-源平・鎌倉・室町
-

×