まんが日本史ブギウギ 豊臣家

アフター本能寺~ヤマザキに響く秀吉の咆哮と思惑 日本史ブギウギ169話

歴史に「IF」は禁物と言いながら、つい考えてしまいたくなるのが戦国時代。

もしも立花宗茂が関ヶ原本戦に間に合っていたら?

もしも秀吉が子沢山だったら?

もしも信長が本能寺に泊まっていなかったら?

そして、当の光秀本人も強く願った「IF」がこれであろう。

「もしも細川藤孝細川忠興親子が味方してくれたら?」

細川親子と言えば織田信長にも重宝された武家の名門一族であり、光秀の娘・明智たま細川ガラシャ)の嫁ぎ先でもあった。

光秀が蜂起したからには、当然ながら味方に……。

そう期待していたところで起きたのが秀吉による【中国大返し】であった――マンガ「日本史ブギウギ」第169話スタートなり!

中国大返しは可能か!? 秀吉&官兵衛による10日間230kmの強行軍を考察!

続きを見る

 

お好きな項目に飛べる目次

迫る秀吉

◆結局、細川藤孝&細川忠興親子は

細川藤孝(幽斎)は文武芸術に通じた光秀の盟友!しかし本能寺後は……

続きを見る

細川忠興(藤孝の長男)は文武両道のキテレツ武将!? 83年の生涯まとめ

続きを見る

剃髪して喪に服すというリアクションで済ませ、光秀からの要請を断りました。

困りきった光秀は……。

 

迷走光秀

◆方々で助けを求める光秀ですが……。

斎藤利三
斎藤利三(稲葉家→明智家)は光秀の右腕として丹波を統治!そして本能寺へ

続きを見る

 

ヤマザキ

◆光秀と秀吉――両軍が向かい合ったのが京都南部にある山崎でした。

大坂から来て京都の玄関口ともいうべき位置。

光秀は満足な兵を用意できず、不本意ながらも陣を構えるのでした。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-まんが日本史ブギウギ, 豊臣家

© 2021 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)