三国志女性列伝

『三国志』を彩る「美女」たちの時代考証とイラストの描き方

三国志の魅力は?

何と言っても強靭な肉体の武将や、頭脳怜悧な軍師、そして美しき姫たちといったキャラクターでしょう。

『横山光輝三国志』の劉備に憧れるのも、『蒼天航路』の曹操に痺れるのも、『三國無双』の貂蝉に見惚れるのも、すべては彼らに孤高の美しさがあるからです。

しかし……史実においてはそんな衣装じゃないし、持ってる武器も疑わしい……なんて言われたらどう思われます?

弊サイトでは、三国志記事の公開にあたり、漫画家の小久ヒロ氏にイメージイラストを用意して貰っていますが(TOPの画像もそうです)、発注の際に困るのが、この時代考証でした。

特に頭を悩ませるのが美女たち――。

装飾品や衣装はもちろんのこと髪型から体つき(スタイル)まで、どのように描けば魅力的で、なおかつ史実に則して描けるのか?

これまでの三国志作品では、どのような時代考証をしてきたのか?

その辺を調べながら実際に記事を公開してきて

【三国志女性をイラストにするときの注意点】

がいくつか浮かんできましたのでご報告させていただきます。

全国の絵師さんに向けた情報ではありますが、一般的な話も盛り込んでおりますので、最後までお付き合いいただければ幸いです。

 

『三国志』を描くということ

『三国志』をモチーフとしたイラスト・キャラクターはもはや数え切れないほど数多く出回っているでしょう。

漫画やアニメに限った話でななく、最近はソーシャルゲームでも、美少女になった武将が大勢登場。

そうした作品に対して、いちいち時代考証を突っ込むのも野暮ですが、実は『三国志』の世界には多くの考証ミスが見られます。

それは日本だけではなく、本場中国においても同様でして。

正確性を重視するのか?

お約束の派手な衣装で見る者を楽しませるのか?

そんな悩みを抱えながら『三国志』の物語は、時代を経て洗練されてゆき、ある時代に決定的なアップデートが行われました。

明代の『演義』です。

明代では三国志当時の武器や衣装ではなく、当時の人が一番イケてるものを採用。

関羽の青龍偃月刀にせよ、張飛の蛇矛にせよ、彼らのリアルタイムであったかどうか極めて疑わしく、むしろ「無い」と考えた方が妥当でした。しかし……。

だからといって、あの勇壮な武器を持たせなければ、ファンもガッカリしてしまうことは確かでしょう。

※低身長関羽と突っ込まれつつもカッコいいので許される『三国志英傑伝 関羽』

これが21世紀理想の関羽像だ!『KAN-WOO 関羽 三国志英傑伝』感想レビュー

続きを見る

甲冑にせよ、明代のものと思われるものを着用している作品も多いものです。

技術の進歩ゆえに、歴史を正しく再現したものは地味に思えるのですね。

 

日本では唐代の影響が強かったから……

一方で、日本代表とも言える『横山光輝三国志』やNHK人形劇『三国志』は、唐代のものに近い。

日本の仏像は唐の影響が強く、日本人の「中国甲冑」といえばざっくりと唐代になってしまう傾向があるのです。

 

もちろん、横光版のリサーチ不足を指摘したいのではなく、そもそも彼の執筆当時は日中国交正常化以前ということもあり、資料入手の環境も限られておりました。

横光版の董卓や張飛がスリムだったり、伝国の玉璽がかなりミニサイズだったりするのも、背景にそうした事情があったのです。

誤っていても時代考証が明代に引きずられがちな中国。

それに対して、明代と唐代がミックスされてしまう日本。

なんとも興味深い現象がそこには発生しています。

 

忠実な再現がエンタメとは限らない

むろんフィクション作品はあくまでエンタメです。

時代考証が完璧である必要はありません。

それどころか、生真面目に武器や衣装を再現させた結果、視聴者を落胆させてしまう危険性だってあるでしょう。

「なんか地味じゃない?」

「こういうのは求めていないっていうか……」

そんな感想を抱かせてしまったら、エンタメとしては失敗です。

※『レッド・クリフ』は真面目に考証していました

日本では歌舞伎でも同様の現象が見られます。

鎌倉時代が舞台なのに、その方がカッコいいからと江戸時代の服装にしたり、あるいは『八犬伝』では伝来前の鉄砲を使っていたり。

これは何も過去の作品だけでなく、現代においても同様の現象が見られます。

2020年大河ドラマ『麒麟がくる』では、鮮やかな色の衣装や、帰蝶明智煕子など女性の立ち膝が「おかしいんじゃないの?」などと言われたりしました。

実際は戦国時代の史実に則したものだったのですが、時代劇で培われた感覚から視聴者が誤認してしまったのですね。

『麒麟がくる』のド派手衣装! 込められた意図は「五行相剋」で見えてくる?

続きを見る

 

美女のデコルテ問題

前述の通り、本サイトで三国志の記事に用いるイラストは、小久ヒロ氏にお願いしております。

発注する段階で小久氏と検討したのが「デコルテ問題」でした。

首筋から胸元辺りまでの表現をどうするか。

「乳袋」なんて用語もありますが、美女のイメージともなればその点も気になりますよね。

萌えるなら、あくまでそこは自由と前置きをしつつ、あくまで時代考証で考え、気になるのがこれです。

「そもそも中国では伝統的に胸の大きな女性を美女の条件としたのだろうか?」

こういうとき、参考になるのは18禁モノ。

手っ取り早いのは、その手の絵画や文学作品です。

胸についての言及はないわけではないものの、顔やもっと別の箇所の描写と比較すると、そこまで事細かに追及される要素ではないようです。

纏足が登場した後では「三寸金蓮(小さな金色の蓮)」、纏足への言及がともかく重要視されるようになります。

纏足は骨を砕くため、常に肉が腐っていてかなり臭かったそうですが、フェチズムはそれを超越。

纏足をした小さな靴に酒を入れて飲む。そんなプレイがかつてあったものでした。

『金瓶梅』って? 400年前の『水滸伝』エロパロ作品が今なお人気だと!

続きを見る

『三国志』と纏足は無縁ですのでこの辺にしまして、セクシーだと思う箇所は認識によって変わるものであります。

そもそも、古今東西の女性美はあくまでバランス重視であり、不均衡で極端な状態は好まれません。

ただ、中国には、明確にデコルテがゴージャスな美女が好まれていたと言える時代があります。

楊貴妃の唐代です。

世界三大美女の一人・楊貴妃が愛する皇帝に殺されるまで……美しさは罪?

続きを見る

彼女はライバルの妃から、

「あのデブがよぉ!」

と陰口を叩かれていたほどふくよかでした。

映画で唐代美女を演じたチャン・ツィイーやファン・ビンビンは、当時の基準だと痩せすぎではないかとは思えます。

 

唐代のふくよか美女路線は、唐三彩の女性像や数々の美術品にも残されております。

そうした作品を見て、現代人のみならず、後代の人々はこう突っ込んでいたものです。

「唐代の人ってぽっちゃり好きすぎィ!」

中国では伝統的に、ぽっちゃりセクシー美女を「楊貴妃(幼名・玉環)」、スレンダー美女を前漢・成帝皇后「趙飛燕」と呼びました。

これを「環肥燕瘦」と呼んだものです。

ヒロインが複数いると、ぽっちゃりとスレンダーが揃っていたりする。その典型例が『紅楼夢』のぽっちゃり薛宝釵と、スレンダー林黛玉です。

中国究極の美少女作品『紅楼夢』って? 林黛玉派か、それとも薛宝釵派か

続きを見る

そんな唐代を舞台としようと、映像化作品ともなればスレンダー美女を起用するものです。

しかし、時代考証にこだわりたいのか、それともただの誰かの好みなのか、ともかくデコルテがすごすぎてあらすじを追えない作品も存在します。

『王妃の紋章』です。

 

コン・リー以下、胸を基準にして選んだのではないか?と思うほど、デコルテが豊満になっております。背景にいる名もなき女官まですごいことになっています。

黄金のギラギラした色彩感覚とデコルテを追いかけるだけで精一杯になるかもしれませんが、ともかく見ていただきたい作品……いや、別にセクシーだからということでもなくて。

デコルテは強調したい。けれども、時代考証をしたい!

そんな絵を描く皆様にこそ、以下の点にご注目いただきたいのです。

胸元を出すにせよ、中国の伝統的な衣装となりますと、キャミソールやチューブトップを着せるわけにもいきません。

肩をそのまんま出すと、ちょっとよろしくない。

肩を隠して胸の谷間を出す。

そのテクニックが、この映画には詰め込まれています。

時代背景としては『三国志』からは少しずれるので、そこは注意が必要ですが、勉強になることは確か。時代考証をしつつ、胸を出したいならぜひご覧ください。

そうそう。
もう一つ。

中国といえば「チャイナドレス」というイメージは強いものですが、あれは満州族の旗袍(チーパオ)由来だから「違う」ということが定着しつつあります。

今は満州族の影響がない漢服ブーム時代です。

チャイナドレスのような衣装を『三国志』の人物に着せることはよろしくないことをご注意いただければ、と。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-三国志女性列伝

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.