日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

西郷どん特集 その日、歴史が動いた 幕末・維新

幻の16代将軍・徳川家達 歴史の表舞台から消えた徳川各家の行方って?

更新日:

戦国~江戸時代の好きな方は、もしかしたら一度くらい調べたことがおありじゃないかなぁと思うのですが、かつての大名家の子孫って意外と現代まで残っていたりしますよね。
有名なのは首相も出た細川家や、仙台などで歴史系のイベントにも積極的な伊達家でしょうか。
となると当然、さらに大身だったあの家も現在に続いています。

慶応四年(1868年)5月24日は、徳川宗家(本家)の十六代当主・徳川家達(いえさと)が駿河藩主になった日です。

もう少し幕府が続いていれば、十六代将軍になっていたはずの人ですね。世間からもそのように見られていたらしく、「十六代様」と呼ばれることもあったとか。
しかし、彼が生まれたのは文久三年(1863年)という幕末も押し迫った頃。十四代将軍・家茂が約230年ぶりに上洛したり、薩英戦争が起きたりと、いよいよ江戸幕府の終わりが迫っていた頃でした。
そのため、彼は新しい時代の徳川家を一身に担っていくことになります。

徳川家達/Wikipediaより引用

 

遠征中の14代将軍・家茂が二十歳で急死

徳川家達が生まれた時点では、佐幕派の人々が「まだだ! まだ終わらんよ!」と頑張っていた頃で、家達は当初次期将軍候補として育てられていました。
上記の通り家達が生まれた時点の将軍は家茂なのですが、子供がいなかったのでまたまた後継者問題が起きていたのです。

家達は田安家の生まれですけれども、血筋をたどれば家茂とも、十三代将軍・家定とも従弟にあたるというので、血筋の近さから最有力候補とされていました。
家茂も、もちろんそれを知っていましたので、「私に何かあったときは、家達に将軍を継がせてください」と言い残しています。

が、いくらなんでもたった20歳、しかも長州征伐のために滞在していた大坂城で家茂が亡くなるとは誰も予想していませんでした。

幼少の頃の徳川家達/Wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

徳川慶喜に代わり、宗家を引き継ぐ

このとき家達はわずか4歳。幼い将軍としては七代・家継の例がありましたが、外国の脅威が迫る中、物心つくかつかないかの幼児をトップに据えることに対して、幕閣は「いや、流石にないでしょー」(超訳)と考えました。

大奥では「家茂様の遺言通りに」と考える人も多かったものの、家茂の正室である静寛院宮(和宮)が「いや、やはりもう少し年長の方に」と考え、水戸藩などの有力な大名もコレに賛成したため、十五代将軍は一橋家に入っていた慶喜に決まったのです。

その後、家達は江戸城に入ることはなく、大政奉還や戊辰戦争といった時代の激流に巻き込まれずに済みました。そして、「朝敵」とされた慶喜に代わり、明治政府から「徳川宗家を継ぎなさい」と命じられたのです。

この時点でもまだ五歳ですが、既に政治の中枢ではなくなった家なのだから、名を残せば問題ないと思われたのでしょうね。完全に取り潰してしまうといろいろ面倒ですし。
その年の内に明治天皇に拝謁したり、官位ももらっているので、名実共に家達は徳川家の主となりました。

 

スポンサーリンク

英国へ留学するも近衛家との結婚のため早々に帰国する

翌年六月静岡藩知事に就任し、駿河府中へ移り住みました。が、府中=不忠に聞こえて縁起が悪いというので、静岡と改名しています。
先祖代々ゆかりの地の名前を、家康死後250年も経ってから改名していいもんなんですかね……? いや、実際にやってるんですから当時は問題なかったんでしょうけども。

しかし、明治四年(1871年)の廃藩置県によって藩知事の仕事もなくなってしまい、その後はいわゆる「良家のお坊ちゃん」として育つことになりました。

イギリスへ留学したときには、学生による模擬議会を見学して大きく感銘を受けたそうで。家達としてはケンブリッジもしくはオックスフォードへ進学したかったらしいのですが、義母にも等しい天璋院が家達の結婚を楽しみにしていると知らされたため、帰国して近衛家のお姫様と結婚しました。
このとき家達は19歳ですから、武家の人としてはややちょうどいい年頃だったのですけれども、残念な気持ちもあったことでしょう。

 

ワシントン軍縮会議にも参加

下手に動かなかったのがよかったのか、家達が大人になると公爵の地位を与えられ、帝国議会ができてからは貴族院議員の一人になりました。形は違えど、再び徳川家が国政に関わることになったわけですね。

しかし、彼は自らの立場がよくわかっていたので、天狗になることはありませんでした。

例えば、一時期議会でトラブルが起きた際、家達を首相にしようと言い出した人々がいたとき、家達は「徳川家が政治の表舞台で目立つのはよろしくない」と断っています。東京市の市長の話ですら固辞したそうですから、かなり気を使う人でもあったのでしょう。
彼の周囲では、まだまだ徳川家を利用するため、屋敷には客人が絶えなかったそうです。お偉いさんも大変ですね。

一方で、彼には少々困った習慣がありました。

江戸時代にはBLがそう珍しいことではなかったのですが、家達は明治時代以降もこのクセがなかなか抜けず、相手に口止め料として大金を払ったことがあるのです。
憶測の範囲ではありますが、このせいで学習院の総裁になれなかったとか、いろいろ仕事の面でも不利になったことがあるとか。
一般人の間でも明治~大正時代くらいまでは若干残っていたそうなので、家達だけがアレだというわけでもないですけども。

まあそれはともかく、家達はワシントン軍縮会議に立ち会ったり、慈善団体やスポーツ協会の立ち上げに関わったりと、いろいろな面の仕事をしております。
他には、1940年に行われるはずだった東京オリンピックの委員長も務めています。日中戦争中だったため、日本政府が辞退してしまったので開催には至らなかったのですけれども。

家達が亡くなったのも1940年なので、開催中止はさぞ残念だったでしょうね。

ワシントン軍縮会議に参加。右が徳川家達/Wikipediaより引用

 

現代まで続く徳川各家の行く先は?

彼の血は、現在の徳川家に続いております。家達の跡を息子・家正が継ぎ、その後、家正の孫である恒孝(つねなり)氏が現在徳川宗家の当主をやっていらっしゃいますね。

恒孝氏は松平容保のひ孫でもあるので、「かつて朝敵とされた人の血筋が残っている」ことになるのですが、時代が良い方向に変わったことがわかります。
まぁ、江戸時代の間も「遡って権現様(家康)にたどり着けばおk」という感じだったので、大して変わっていないのかもしれませんが。

相撲好きとしても知られた徳川家達(左から2番目)/Wikipediaより引用

ちなみに、最後の将軍である慶喜はまた別の家として存続しています。こちらの当主は現在、慶朝(よしとも)氏という方ですが、子供がいないためおそらく彼の代で絶えると思われます。

他の徳川家では、尾張家が愛知県で徳川美術館を経営していたり、水戸家が東京で徳川ミュージアムを運営しているので、たびたび話題になることがありますね。
紀州家は現在のご当主が独身のため、やはり血筋が絶えそうですが、まあその辺は誰が強制するものでもないですしね。

いずれにせよ、徳川家に伝わってきた武具や美術品などはしかるべき技術と設備の元で残しておいてほしいところではあります。災害や戦災で失われていたと考えられていたものが、後になって見つかることもありますしね。

血筋だって、女系も含めればどこかで続いているかもしれませんし。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:今日は何の日?徒然日記 徳川家達/Wikipedia

 

 





1位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


2位 わろてんか主人公
吉本せい波乱の一生


3位 西郷隆盛49年の生涯!


4位 史実の真田幸村とは?


5位 最上義光 名将の証明


6位 ホントは熱い!徳川家康


7位 意外と優しい!? 織田信長さん


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?


注目 わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか毎日の感想レビュー

-西郷どん特集, その日、歴史が動いた, 幕末・維新

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.