歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

源平 日本史オモシロ参考書 その日、歴史が動いた

清和源氏とその他の源氏 ややこしい源氏軍団をスッキリ整理してみよう!

更新日:

臣籍降下とは、皇族だった人物が臣下にくだって「姓」を与えられること。
そのうちよく知られているのが源氏平氏であり、彼らの子孫から武士になって勢力を伸ばした者達が【源平の争い】を始め、ついに武家社会が勃興する――と先日の「臣籍降下」の記事にて説明させていただきました。

要は、源氏だからといって全員が武家ではなく、フツーの貴族もおりまして。
『源氏物語』の源氏は、そんな貴族の一人ですね。

もちろん同作はフィクションですが、表現に使われるほどメジャーでもあったワケで、数多の源氏の中に後の源頼朝などが含まれていたりします。

でも、数多の源氏って、一体どんな源氏があったの?
と、疑問に思いますよね。

そこで本稿では【主だった源氏】を見てみて、ややこしい流れをスッキリさせたいと思います!

 

清和源氏

数ある源氏の中で、最も著名なのが【清和源氏】でしょう。

鎌倉幕府の源頼朝を輩出した武門の一族で、清和天皇の子供が、皇族から臣下となって一族の系譜が続いていきました。
系図をカンタンに記しておきますと……。

【清和天皇】

第六皇子・貞純親王

経基王(源経基)初代

源満仲(安和の変)

源頼信(道長四天王)

源頼義(前九年の役

源義家(後三年の役

源義親(悪対馬守)

源為義(保元の乱

源義朝(平治の乱

源頼朝・範頼・義経

満仲は安和二年(969年)の「安和の変」の際、
「皇太子(後の円融天皇)を廃太子にする陰謀がある」
と密告し、その地位を上げたことがきっかけで出世し始めました。

さらに満仲は藤原摂関家に仕えて諸国の国司を歴任し、財を蓄えていきます。
それだけに他の家からやっかみを買って、放火されたりもしました。不満=実力行使がこの時代のテンプレですからね。

しかし、満仲の晩年の主人だったとされる藤原兼家(藤原道長のトーチャン)が一条天皇の摂政になったため、彼の子孫は引き続き摂関家や皇室と深く結びついていくことになります。

満仲の息子たちのうち上の三人、源頼光・源頼親・源頼信もまた、武士として摂関家に仕えました。
本家の家督を継いだのは長男の頼光ですが、河内に勢力を伸ばした三男・頼信は特に武術に優れて「道長四天王」の一員とみなされるようになり、この系統が最も栄えることになります(なので河内源氏とも称されますがややこしくなりますので割愛)。

藤原道長のもとで勢力を伸ばした源頼信。
今度はその孫・源義家が【前九年の役】及び【後三年の役】で功績を挙げ、さらに義家のひ孫が【平治の乱】で都を追われる源義朝に当たります。

ここまで来て、ようやく源頼朝らの登場。
義朝の息子が源頼朝・源範頼・源義経らです。

更には過去を遡りまして、
・義家の弟である義光から佐竹氏や武田氏
・義親の弟である義国の子孫から新田氏や足利氏
といように、アッチコッチで一族(後に戦国大名になる家)も枝分かれしていきます。

だからこそ、源氏の嫡流が滅びたにもかかわらず、戦国時代には至る所で「源氏の末裔」が出てくるわけですね。

 

スポンサーリンク

嵯峨源氏

嵯峨天皇から分かれた源氏で、賜姓源氏の中で最も早く成立しました。

弘仁五年(814年)に嵯峨天皇の皇子だった源信(まこと)・源弘(ひろむ)・源常(ときわ)など男女八人が臣籍に下り、信が戸主となっています。
「八人きょうだいで別の家に移り住んだ」と考えると、なかなか微笑ましいというかなんというか。

嵯峨源氏は「男子名がすべて一字名」というのも特徴の一つです。
逆にいえば、「一字名の源姓はほぼ嵯峨源氏」とも考えられます。見分けやすいですね。

歴史上に名を残したのは、応天門の変の容疑者にされてしまった源信、河原院の主で知られる源融(とおる)など。
嵯峨源氏には左大臣をはじめ、高位に登った人が多いのですが、どちらかというと政治の実権を握るより、文化に生きるほうが性に合っていたようです。

異色としては、酒呑童子(しゅてんどうじ)などの妖怪退治で有名な渡辺綱(わたなべ の つな)が、融の子孫にあたります。

 

宇多源氏

宇多天皇から枝分かれした源氏で、特に摂関家との結びつきが強い一族です。

まず、宇多天皇の孫である源雅信・重信兄弟が左大臣まで上り詰めました。左大臣は官職の中ではトップ(非常駐の太政大臣を除く)にあたります。

官職と二官八省がバッチリわかる! 日本史が3倍ぐらい楽しくなる官位の仕組み

さらに、雅信の娘・倫子は藤原道長の正妻となり、頼通・教通などの男子、彰子を含めた多くの女子を生んでいます。
道長が娘達を次々に入内させ、「一家三后」というとんでもないことをやってのけられたのも、半分は倫子とその実家である宇多源氏のおかげといえますね。

倫子のきょうだいも、それぞれに栄えていきました。
雅信の長男・時中(ときなか)は楽器や蹴鞠に堪能で、その芸は代々伝えられ「お家芸」となっています。

雅信の次男・扶義の子である成頼は、近江国蒲生郡佐々木荘に移り住み、武士の佐々木氏の祖になったといわれています(異説あり)。

佐々木氏はその後、源頼朝に仕えて近江守護職に任じられました。さらに時代が下ると、六角氏や京極氏などに枝分かれし、室町幕府の中枢にも食い込んでいます。
他には、「婆沙羅(ばさら)大名」の代表例として知られる佐々木道誉が京極氏の出身です。六角氏や京極氏は、戦国時代でもよく見かける名字ですね。

 

スポンサーリンク

村上源氏

村上天皇から枝分かれした源氏で、中でも第七皇子である具平(ともひら)親王の子孫が最も栄えました。

嫡流である久我家はもちろん、合わせて10家もの堂上家(朝廷に出入りできる上級貴族)を出しています。
宇多源氏が方々へ血を残したのと対照的に、朝廷に残り続けたのが村上源氏……といえるかもしれません。

また、具平親王のひ孫にあたる賢子が白河天皇の中宮となったため、白河天皇が退位した後に院政を始めてからは、村上源氏の勢力が強まりました。

鎌倉時代には反幕府派として振る舞いつつ、堀川家・土御門家・中院家などに枝分かれし、やはり血を残しています。

長月 七紀・記




スポンサーリンク


参考:国史大辞典「源氏」 嵯峨源氏/wikipedia 村上源氏/wikipedia

 



-源平, 日本史オモシロ参考書, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.