清和源氏

上段左から源義家・頼朝・義経/下段左から新田義貞・足利義満・武田信玄/wikipediaより引用

源平・鎌倉・室町

清和源氏とその他の源氏~ややこしい源氏軍団をスッキリ整理しよう

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
清和源氏
をクリックお願いします。

 

お好きな項目に飛べる目次

お好きな項目に飛べる目次


宇多源氏

宇多天皇から枝分かれした源氏で、特に摂関家との結びつきが強い一族です。

宇多天皇
宇多天皇の即位は現代皇室にも影響あり?源氏になってから天皇となる

続きを見る

まず、宇多天皇の孫である源雅信・重信兄弟が左大臣まで上り詰めました。

左大臣は官職の中ではトップ(非常駐の太政大臣を除く)にあたります。

官職と二官八省
官職と二官八省がわかる~日本史全体が楽しくなる基礎知識まとめ

続きを見る

さらに、雅信の娘・倫子は藤原道長の正妻となり、頼通・教通などの男子、彰子を含めた多くの女子を生んでいます。

道長が娘達を次々に入内させ、「一家三后」というとんでもないことをやってのけられたのも、半分は倫子とその実家である宇多源氏のおかげといえますね。

倫子のきょうだいも、それぞれに栄えていきました。

雅信の長男・時中(ときなか)は楽器や蹴鞠に堪能で、その芸は代々伝えられ「お家芸」となっています。

雅信の次男・扶義の子である成頼は、近江国蒲生郡佐々木荘に移り住み、武士の佐々木氏の祖になったといわれています(異説あり)。

佐々木氏はその後、源頼朝に仕えて近江守護職に任じられました。

さらに時代が下ると、六角氏や京極氏などに枝分かれし、室町幕府の中枢にも食い込んでいます。

他には、「婆沙羅(ばさら)大名」の代表例として知られる佐々木道誉が京極氏の出身です。

六角氏や京極氏は、戦国時代でもよく見かける名字ですね。

 


村上源氏

村上天皇から枝分かれした源氏で、中でも第七皇子である具平(ともひら)親王の子孫が最も栄えました。

延喜・天暦の治
延喜・天暦の治がわかる人物エピソード宇多 醍醐 朱雀 村上 冷泉天皇

続きを見る

嫡流である久我家はもちろん、合わせて10家もの堂上家(朝廷に出入りできる上級貴族)を出しています。

宇多源氏が方々へ血を残したのと対照的に、朝廷に残り続けたのが村上源氏……といえるかもしれません。

また、具平親王のひ孫にあたる賢子が白河天皇の中宮となったため、白河天皇が退位した後に院政を始めてからは、村上源氏の勢力が強まりました。

鎌倉時代には反幕府派として振る舞いつつ、堀川家・土御門家・中院家などに枝分かれし、やはり血を残しています。


あわせて読みたい関連記事

臣籍降下
皇位皇族と関わる「臣籍降下」とは?姓がある=皇族ではないの原則

続きを見る

紫式部
紫式部は道長とどんな関係を築いていた?日記から見る素顔と生涯とは

続きを見る

清和天皇
武士の代表・清和源氏のルーツ「清和天皇」ってどんな方だった?

続きを見る

藤原道長
藤原道長は出世の見込み薄い五男だった なのになぜ最強の権力者に?

続きを見る

前九年の役
前九年の役で源氏が台頭! 源頼義と義家の親子が東北で足場を固める

続きを見る

後三年の役
後三年の役~頼朝の高祖父・義家を武士のシンボルに高めた戦いとは?

続きを見る

保元の乱
保元の乱はまるで平安時代の関ヶ原! 対立関係を把握すればスッキリ

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典「源氏」
嵯峨源氏/wikipedia
村上源氏/wikipedia

TOPページへ


 



-源平・鎌倉・室町
-,

×