薩長同盟

左から西郷隆盛・坂本龍馬・木戸孝允/wikipediaより引用

幕末・維新

薩長同盟の目的は倒幕ではない!龍馬が「西郷と木戸」を繋いだ理由とは?

こちらは3ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
薩長同盟
をクリックお願いします。

 

龍馬と慎太郎と薩長同盟

坂本龍馬と薩摩は、以前から親密な関係が築かれておりました。

一方、尊皇攘夷派の志士だった中岡慎太郎は、土佐脱藩後に長州藩で世話になるなど、長州との関係は深いものがありました。

中岡慎太郎は龍馬にも負けない薩長同盟の功労者! 30年の生涯まとめ

続きを見る

要は、龍馬も中岡も、薩摩と長州を繋げるのに、うってつけの人物だったのですね。

そして龍馬は実際に、自身の亀山社中(後の海援隊)を通じて「薩摩藩から長州藩へ武器を融通する」お手伝いを実行します。

あれほど憎しみ合っていた両藩も、いざ武器の調達が始まると現金なもので、長州藩主の毛利敬親・元徳父子から薩摩藩の島津久光・忠義父子に手紙が送られるなど、両者の関係性は急速に良化するのでした。

毛利敬親
毛利敬親が幕末の長州躍進を陰で支える「そうせい候」と揶揄されて

続きを見る

かくして迎えた1866年1月。

長州藩の木戸孝允が、薩摩との会談に向けて上洛します。

話し合いが行われたのは、小松帯刀が京都の宿舎にしていたという「御花畑」でした。

が、いざ会談が始まると、これが残念なことに全く上手くいきません。

木戸孝允と西郷隆盛が向かい合うと、かつての遺恨やプライドが邪魔して、自分たちから折れるような真似ができなかったのです。

「長州がお願いするなら、まぁ、受けてもいいけど」

「いやいや、そんなこと言ってねーわ!」

「んじゃ、どうしたいワケ?」

「ダメだこりゃ、帰るわ!」

とまぁ、超訳するとこんな感じで、互いに引けなくなっていたのです。

見かねたのが坂本龍馬でした。

「いい加減にせい!」ということで両者に熱弁を奮って態度を軟化させ、難しい局面を乗り越えます。

いかにもドラマチックで、そりゃあ幕末No.1の人気キャラになりますよね。

ともかくも、これにて薩長同盟が成立。

しつこく申しておきますと、あくまでこの時点では倒幕の約束はしておりません。

主目的は、お互いを助け合う――というものでした。

 

薩長同盟その後と慶喜

犬猿の仲である薩摩と長州が密約を交わしていた――。

いくら幕府が催促しようとも、薩摩は一向に重い腰を上げず、ついには1866年4月、大久保利通から「薩摩は長州征伐に参加しない」という建白書が提出されてしまいます。

大久保利通(大久保一蔵)
大久保利通49年の生涯まとめ【年表付】紀尾井坂に斃れた西郷の親友

続きを見る

そして薩摩不在のまま長州へ攻め込み、幕府軍は連戦連敗。

1866年7月には将軍・徳川家茂が大坂城で亡くなってしまい、慶喜は強引に休戦を推し進めて、第二次長州征伐は幕府の事実上敗北となるのでした。

と言っても、スグに幕府が滅びるようなことにはなっておりません。

1867年5月に開かれた四侯会議では、島津久光・松平春嶽伊達宗城らと、15代将軍となった徳川慶喜が対面。

影響力を持とうとした彼らを蔑ろにするかのようにして会合を潰し、同年10月にはあっと驚く大政奉還をやってのけ、明治天皇に政権を返上するのです。

大政奉還
慶喜と西郷の思惑が激突! 大政奉還が実施されたのになぜ戦争が始まった?

続きを見る

たとえ政権を手放したとしても、徳川一門の経済力は圧倒的です。

さらには長らく政権運営を担ってきたという自負もあり、徳川のチカラなくして政府の運営を行っていくのは無理――という判断をしていたとも伝わります。

しかし、その後の行動は、幕府サイドの人々を落胆させるものでした。

1868年に鳥羽伏見の戦いが始まるや、途中で大坂から撤退。一連の戊辰戦争となり、佐幕派の諸藩は、薩長を中心とした新政府軍に敗戦を喫するのです。

戊辰戦争のリアルは過酷だ~生活の場が戦場となり、食料奪われ殺害され

続きを見る

かくして薩長を中心とした明治の世が明けるのでした。

みんなが読んでる関連記事

池田屋事件
池田屋事件で新選組の近藤や沖田が突入!攘夷派の志士たち30名を排除す

続きを見る

禁門の変(蛤御門の変)
禁門の変(蛤御門の変)が起きたのは孝明天皇が長州藩の排除を望んだから

続きを見る

長州征伐(長州征討)
長州征伐(征討)がスッキリわかる!天皇 幕府 外国人の視点も大切です

続きを見る

木戸孝允(桂小五郎)
木戸孝允(桂小五郎)の出世道~意外に気さくな「維新の三傑」とは?

続きを見る

坂本龍馬
坂本龍馬 史実の人物像に迫る!暗殺されるまで駆け抜けた33年の激動

続きを見る

中岡慎太郎は龍馬にも負けない薩長同盟の功労者! 30年の生涯まとめ

続きを見る

小松帯刀(小松清廉)
幕末の薩摩を舵取りした俊英・小松帯刀(小松清廉)35年の短すぎる生涯

続きを見る

桂久武
西郷の親友となった桂久武(赤山靭負の弟)哀しき西南戦争での最期とは

続きを見る

徳川家茂
徳川家茂(徳川14代将軍)勝海舟にも認められた文武の才 その実力とは

続きを見る

毛利敬親
毛利敬親が幕末の長州躍進を陰で支える「そうせい候」と揶揄されて

続きを見る

大久保利通(大久保一蔵)
大久保利通49年の生涯まとめ【年表付】紀尾井坂に斃れた西郷の親友

続きを見る

大政奉還
慶喜と西郷の思惑が激突! 大政奉還が実施されたのになぜ戦争が始まった?

続きを見る

文:五十嵐利休

【参考】
国史大辞典
桐野作人『さつま人国誌 幕末・明治編 3』(→amazon
粒山樹『維新を創った男 西郷隆盛の実像 明治維新150年に問う』(→amazon

TOPページへ

 



-幕末・維新