足利義輝/wikipediaより引用

足利家

足利義輝の壮絶過ぎる散り際!襲いかかる敵兵を次々に【戦国 剣豪将軍】

永禄元年(1558年)11月27日、室町幕府13代将軍・足利義輝(よしてる)が帰京しました。

「室町幕府は京都にあったはずなのに、なぜ帰京?」
と思われた方もいらっしゃるかもしれませんね。

ここに至るまでの事情から振り返ってみましょう。

 

本拠地を追い出されていた足利義輝

大きなカギは【応仁の乱】です。

室町幕府は、足利尊氏から始まって足利義昭までの15人。
応仁の乱で将軍の権威もへったくれもなくなったのが8代将軍・足利義政のときです。

ということは、250年続いたといってもほぼ半分以上の将軍が戦乱の中で堕ちていったことになりますよね。

もちろん皆ボケっとしていたわけではなく、何とかすべく努力していたのですがことごとく失敗しています。
多くが将軍の跡取り問題の飛び火ですから、自業自得なんですが、他の守護や国衆の争いにも巻き込まれ続け、大変な時代ではありました。

今回の主役、義輝のお父さんである12代・足利義晴も将軍復権に力を注いでいます。
しかし、この人は先々のことを見通す力が足りなかったようで、京と近江(滋賀県)を行ったりきたりしながらしょっちゅう戦をしておりました。

足利義晴/wikipediaより引用

相手は管領(幕府のナンバー2)の細川家で、どっちが京や朝廷を手中に収めるかでてんやわんや。

ますます京は荒れていくわ、出たり引っ込んだりで将軍のくせに威厳のカケラもないわ、そもそも義晴の前の足利義稙(よしたね)が後柏原天皇の即位式に出損ねていた後遺症を受けるわ。
足利家自体が散々な有様だったのです。

自ら戦に出たり勇猛な人ではあったようですが、そのツケが息子である義輝にもまわってしまいます。

 

塚原卜伝も認める本物の剣豪将軍に

義輝が将軍職についたのは天文十五年(1546年)、11歳のときのこと。父親が上記の通り京に出たり入ったりしていたため、このときは近江にいました。

そしてお父さんの死を契機に、自分は何とか京に戻ろうと画策します。

天文二十一年(1552年)に細川家や三好家と和睦を結び、一度京に入ることはできました。

が、実態は傀儡のお人形さん。再び戦になり、またもや近江へ逃れます。

こうした災難の連続に、自身を鍛え上げねば――と思ったのか、あるいはもともと才能があったのか。

逐電中の義輝は、ひたすら武芸に励みました。当時の剣豪・塚原卜伝から免許皆伝を受け、一説には剣聖上泉信綱にも剣を教わったそうです。

そして義輝は、ここからウルトラCを繰り出すのでした。

 

三好と和睦し結婚も済ませ

足利義輝は、争いを繰り広げていた三好長慶と和睦を結ぶのです。

それというのも、近江で頼りにしていた六角家が
「将軍様も三好殿も、そろそろ平和的に解決したほうがよろしいかと」
なんて間に入ってくれたから。

後世からすれば「なら早くやれよ」とツッコミたくなるものの、六角家も家格に比して戦はさほど強くなかったため、タイミングを計りかねていたのでしょうね。

こうして義輝がやっと京に落ち着いたのが永禄元年。
まだまだ三好家の勢力は強いものの、義輝は父祖以来の悲願を達成すべく、バリバリ働きます。

まずは後回しにしていた正室。
この頃義輝は23歳ですから、当時の基準としてはやや晩婚です。

摂関家の一つ・近衛家から正室を迎えることができ、まずは朝廷とのパイプを持つことに成功します。
当主・稙家(たねいえ)が義輝の母方の伯父さんで、近江と京をの間も随行してくれていたためスムーズに話が進んだようです。

 

剣術も、謀略、調略にも勤しむが

三好家への対処も怠りません。
機をうかがっては刺客を何度も差し向けるなど、戦を避けつつ当主・長慶を取り除こうとしていたようです。

義輝の在職中は、とにかく三好長慶と細川晴元の間を入っったり来たり、とても将軍とは思えません。

そのせいか。各地の大名とも積極的に手紙をやり取りしたり、名前から一字を与えたり、戦の調停をしたり、色々と頑張ってはおります。
義輝の初名は「義藤」なのですが、この頃から合わせると一字貰った大名は数えるのが面倒になるほどいます。

その中には細川藤孝や島津義久、上杉輝虎(後の謙信)、伊達輝宗(政宗のお父さん)、毛利輝元など、後に有名になる人もたくさん。
名前は関係ないですが、織田信長のお父ちゃん・織田信秀も、義輝には拝謁しているほどです。

もらう価値がなければ字を受け取りませんから、義輝がどれだけ将軍の権威回復に力を注いだかがわかりますね。

そしてその最期は「壮絶!」の一言に尽きるものでした。というのも義輝は……。
※続きは次ページへ

次のページへ >



-足利家
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.