狩野永徳

『唐獅子図屏風』/wikipediaより引用

文化・芸術

信長の御用絵師・狩野永徳が命を懸けた天下一絵師の道!48年の生涯

こちらは3ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
狩野永徳
をクリックお願いします。

 

天下一の絵師を下克上の牙が襲う

長谷川等伯は、永徳の編み出した「大画様式」を取り入れ、消化。永徳の豪放な画風とは異なる、独自の画風を作り上げます。

それだけではありません。狩野派同様に門人たちを育て、大規模な仕事にも対応できるシステムを整えていたのです。

そんな等伯と、彼が率いる長谷川派が、1590年、ついに牙を剥きました。

秀吉の造営した仙洞御所の対屋を飾る障壁画を、自分たちで請け負おう!と運動したのです。

永徳は驚き、そして焦りました。

かつて義輝を、そして信長を倒した「下剋上」の刃が、自分にも迫ってきたのです。

多忙さから、ただでさえ余裕のなかった永徳は、煩悶に囚われます。もしも相手の台頭を許してしまえば、もしも万が一自分の絵が彼の絵に負ければ……。

等伯たちは、容赦なく狩野派を駆逐にかかるでしょう。「大画様式」も、天下一の地位も、これまでの人生を賭けて築き上げた全てが失われます。

これ以上の悪夢があるでしょうか。

一人の絵師として、何より狩野派の長として、絶対に避けなければなりません。

 

必死になって等伯らの台頭を抑えるも

永徳は、必死にコネをたどり、何とか割り込みの阻止には成功します。

しかし、それから一ヶ月後。ついに過労から、仕事中に倒れてしまいます。

そしてそれから間もなく亡くなるのです。
享年48。

『花鳥図』聚光院障壁画/wikipediaより引用

振り向かず、ひたすら前だけを見て進む――。
永徳の人生を概観してみると、そんな言葉が浮かびます。

絵筆を支えに、道を開くための武器としながら、最後まで彼は必死に生きたのです。

そんな彼の生きた証とも言うべき作品は、ほとんどが建物と共に失われ、現在まで残っているのは10点にも満ちません。

ですが、もしその作品の前に立つ機会があったら、思い起こしてください。

筆一本で乱世を必死に生き抜いた。

一人の絵師の人生を。

あわせて読みたい関連記事

葛飾北斎
葛飾北斎のケタ外れな才能と引越し93回 弟子は200人で作品数は3万点

続きを見る

足利義政
室町幕府の崩壊は八代将軍・足利義政から始まった?56年の生涯まとめ

続きを見る

足利義輝
刀を握ったまま斃れる壮絶な最期~足利義輝13代将軍の生涯30年まとめ

続きを見る

史実の松永久秀は爆死にあらず~信長を2度も裏切った智将の生涯

続きを見る

本能寺の変
なぜ光秀は信長を裏切ったか「本能寺の変」諸説検証で浮かぶ有力説は

続きを見る

豊臣秀吉
ド派手すぎる豊臣秀吉の逸話はドコまで本当か?62年の生涯まとめ

続きを見る

長谷川等伯
あの信玄像も利休も一鉄も全部この人の仕事~長谷川等伯の功績が凄すぎ

続きを見る

文:verde

【参考】
成澤勝嗣『もっと知りたい狩野永徳と京狩野』(→amazon
安村敏信『もっと知りたい狩野派―探幽と江戸狩野派』(→amazon
並木誠士『絵画の変 日本美術の絢爛たる開花』(→amazon
狩野永徳/wikipedia

TOPページへ

 



-文化・芸術

×